【ナツ☆イチッ!オーディション2019】ファイナリストNO.2 笹原琴音「私よりお母さんのほうが興奮してます!」

【ナツ☆イチッ!オーディション2019】ファイナリストNO.2 笹原琴音「私よりお母さんのほうが興奮してます!」

「ナツ☆イチッ!オーディション」ファイナリストの笹原琴音

今年も「ナツ☆イチッ!オーディション」の季節が到来! 世界最大級のアイドルフェス「TIF」と週プレがタッグを組み、"この夏、一番輝くアイドル"を決める熱いイベントが、いよいよ幕を開ける!

100名を超えるエントリーの中から、厳しい審査を勝ち抜きファイナリストに残ったのはわずか4名。『週刊プレイボーイ30号』(7月13日、土曜日発売)には、ファイナリストになった彼女たちの水着グラビアが掲載されている。

今回はふたりめのファイナリスト、「ナナランド」の17歳・笹原琴音ちゃんを直撃!

* * *

――ファイナリストに選ばれた感想は?

笹原 「おぉ......!」って(笑)。びっくりしました。ひとりでレッスンをしているときに、マネージャーさんからLINEが来て結果を知ったんですけど、周りに誰もいなかったのでずっとニヤニヤしてました。

――誰かに報告しました?

笹原 メンバーに伝えたら、「よかったやん! 知名度上げてこ!」って励ましてくれました。お母さんもすごく喜んでて、「琴(※笹原さんの愛称)より興奮してる!」って言ってました。グラビアが掲載されたら、たぶんみんなに言いふらすと思います。そういうお母さんです(笑)。

――明るくていいお母さんですね。そもそも、この「ナツ☆イチッ!オーディション」に参加しようと思ったのは、何かきっかけがあったんですか?

笹原 私は、半年前にアイドルになったばかりなので、みんなに知ってもらうきっかけになればいいなと思って応募しました。

――もともとアイドルになるのが夢だったんですか?

笹原 そうですね。人に言ったことはなかったけど、物心ついたときからアイドルになりたかったんです。小さい頃は、AKB48さんが好きでテレビを観ながら家で踊ったりしてました。歌とかダンスを習っていたわけでもないのに、なぜか「いつか琴はアイドルになるんやろな〜」って思って生きてたんですけど、中学生になって「このまま、ぼんやりしててもアイドルにはなれない!」って気づいて(笑)。

――気づいてよかった!(笑)

笹原 それで、「何かしないとやばいぞ」って思って、もともと大好きだった「まねきケチャ」さんの事務所のオーディションを受けました。

――それで、見事「ナナランド」の一員になったわけですね。憧れのアイドル活動をしてみてどうですか?

笹原 楽しいです! でも、本当にダンスの基礎とかが全然できていないので、覚えるのが大変で......。電車の中で曲を聴きながら、いつもちっちゃく踊ってます。家でも鏡の前で練習してますね。今の課題は、ライブ中に目を開けて踊ることなんですけど。

――え? いつも目をつぶったままライブしてるんですか!?

笹原 ライブ映像を見直すと、なぜかいつも半目なんです(笑)。だから、家で(大きく目を見開いて)こうやって表情筋を鍛えてます!

――なるほど(笑)。クールそうに見えて、実はおもしろキャラですよね!?

笹原 それ、めっちゃよく言われるんです!「クールだね」って言ってくれる人の前では、なるべくそのままでいようって思うんやけど、アホっぽさが出てしまって結局イメージをくつがえしてしまうんです。

――でも、そのギャップが魅力的だという人も多いと思いますよ。グループの中でも、ポジション的にはちょっと天然な癒しキャラ?

笹原 うーん、どうなんやろ? 年下なのでいつもわちゃわちゃしててうるさいキャラです。とにかくいつも笑ってます。あと、自分ではわからないんですけど、ベビーパウダーみたいな匂いがするらしくてメンバーからは「赤ちゃん」って呼ばれてます。

――愛されキャラなんですね。ちなみに、笹原さんは今、17歳の現役高校生ですが得意な教科は?

笹原 国語! 漢字は書けないけど、読むのは得意です。国語は、決まった答えがないからなんとかなるんですよ。学年で4位になったこともあります!

――すごい! 昔から読書家だったとか?

笹原 ちっちゃい頃から本を読むのは好きでした。アガサ・クリスティとか赤川次郎とかを読んでて、昔は頭が良かったんです。だから、お母さんは「こいつは天才になる!」って思ってたらしいんですけど、そうでもなかった(笑)。

――じゃあ今も、オフの日には読書をしたり?

笹原 今はあんまり......。オフの日は、ひとりカラオケに行くのが好きです。靴を脱いで椅子の上に立って、ひとりで踊りながら歌ってます! 

――パワフル! ほかにハマっているものは何かありますか? 好きな食べ物とか集めているものとか。

笹原 好きな食べ物はなすびです! なすびって万能ですよね。煮ても焼いても揚げても美味しいし。天ぷらとか串カツとか、揚げ出し豆腐に入ってるナスも好きです。あと、水びたしのやつ。

――水びたし......? 出汁にひたす"煮びたし"のことですかね?

笹原 あ、それです! それも大好きです。

――女子高生とは思えない渋い味覚!(笑)。あと、「ナナランド」というグループについても伺いたいのですが、どんなコンセプトのグループですか?

笹原 「ナナランド王国の魔法使い」というコンセプトで活動している7人組のグループです。メンバーそれぞれに属性があって、私は炎担当なので曲中に「ファイヤー!」っていうところがあったりします。

――炎ということは、みんなの心に火をつけたり......?

笹原 そんな大それたことはできないです。ろうそくに火をつけたり、ゴミを燃やしたりするくらいです(笑)。ほかのメンバーも、自然とか太陽とかいろんな属性を持っています。みんな個性が強くて、ライブ中もメンバーそれぞれがいろんな表情で曲の世界観を表現していますね。年齢は、いちばん下が17歳で上が25歳なんですけど、プライベートでもすっごく仲良しで、お互いの家に泊まりに行ったり、ご飯を食べに行ったりして、いつも一緒にいます。

――結束力が強そうですね。TIFで披露したい楽曲はありますか?

笹原 ファーストシングルの『満月に遠吠え』かな。曲中に、両手で丸を作って「わっ!」ってやる振りがあって、ファンの皆さんも一緒に踊れるので盛り上がると思います。あと、『走れ』という曲は、ヘドバンをガンガンやるロックな楽曲で、いつもお客さんが円を作って走り回ったりしてくれます。

――どちらも熱いステージになりそうです! TIFにかける思いはありますか?

笹原 "夏といえばTIF"といえるほど大きなイベントなので、TIFに向けてもっともっと歌もダンスも表現力も完成度を高めたいです。アイドルさんがいっぱい出演する中で、新体制になったナナランドをたくさんの人に見てほしいし、興味を持ってもらいたいです!

――では最後に、読者のみなさんにメッセージを!

笹原 今回、初めてグラビアに挑戦していろんな表情ができたかなと思うので、これを見て、少しでも私やナナランドに興味を持ってもらえたらうれしいです。「ナツ☆イチッ!オーディション」をきっかけに、笹原琴音という名前を誰もがわかってくれるようになりたいです! よろしくお願いします!

●笹原琴音(ささはら・ことね) 
2001年9月19日生まれ(17歳) 兵庫県出身 身長150cm 
◯「ナナランド」のメンバー。担当カラーは赤。属性は炎。7月24日(水)に2ndシングル『夏の夢/キミから一番遠い場所』をリリース予定。公式Twitter【@kotone_7land】

■「ナツ☆イチッ!オーディション」の最新情報は、オーディション公式Twitterをチェック!

取材・文/榛村季溶子(short cut) 撮影/YOROKOBI

関連記事(外部サイト)