映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』公開。山本舞香は窪田正孝を「イチゴ味。肩をかじらせていただき、おいしかった」

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』公開。山本舞香は窪田正孝を「イチゴ味。肩をかじらせていただき、おいしかった」

(前列左から)白石隼也、松田翔太、窪田正孝、山本舞香、アヴちゃん、(後列左から)平牧和彦監督、川崎拓也監督、木竜麻生、小笠原海、桜田ひより、村井國夫

19日、都内で行なわれた映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』初日舞台挨拶に、窪田正孝松田翔太山本舞香小笠原海白石隼也木竜麻生桜田ひより村井國夫らの出演陣と、川崎拓也監督平牧和彦監督が登壇した。

『週刊ヤングジャンプ』で連載していた同名の原作(著:石田スイ)は全世界発行部数、累計4400万を超える超人気作。2017年に映画化され、今作はその続編となる。人を食べないと生きられない「喰種(グール)」と人間のハーフである金木研(通称:カネキ)を主人公に、美食家(グルメ)と呼ばれる史上最悪の喰種・月山習との生と正義を賭けた戦いを描く。

主人公を演じた窪田は、「作品が続いていくのは役者としてもうれしい。また続編ができるように、皆さんのお力添えがあればうれしい」とシリーズ第三弾への継続を希望。ヒロイン・霧嶋董香(通称:トーカ)を演じた山本も、今作のために18本の宣伝番組に出演したそうで、この日も集まった観客に「みんなで盛り上げていって欲しいです!」とアピールした。

イベントでは、「セカンド、スーパー、スペシャル、シークレット、(月山)習」(川崎監督)など多くを示唆するタイトルの「S」にちなんで、撮影でのシークレットを発表することに。

月山を演じた松田が「目ん玉の味はヨーグルト味。これはシークレット」と喰種ならではの暴露をすると、山本も「カネキの味はイチゴ味。肩をかじらせていただき、おいしかった」とその味わいを堪能したそう。

そしてイベントの後半では、主題歌『Introduction』を歌う女王蜂アヴちゃんがサプライズ登場。

「石田スイ先生とマブダチ」だと話すアヴちゃんは、「主題歌が決まる前に『どうなるんだろうね』って話していたんです。(『Introduction』の)音源を録ってMVも撮って......と、すべてやり終えた後にお話をいただいた」と主題歌に決まった経緯を説明。

さらに、作品で捕食や戦闘の際に身元を隠すための喰種の仮面(マスク)が、象徴的なアイテムとなっていることから、

「MVで、2番のAメロで仮面を外して歌うシーンがあるんですけど、現場には羊と豚とウサギの仮面が用意されていたんです。ウサギを選んだら、映画の中でトーカちゃんがウサギの仮面を付けていて運命を感じました」

とその偶然を告白。当の山本は驚いた様子でほほ笑んだ。

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』は全国公開中。7月30日(火)には、大ヒット御礼舞台挨拶も決定。22日(月)から先行販売(抽選)も始まっている。詳細は公式サイトにて。

取材・文/鯨井隆正

関連記事(外部サイト)