「学生時代は馬が彼氏」欅坂46・菅井友香が東京オリンピックに向け馬術の魅力をPR

「学生時代は馬が彼氏」欅坂46・菅井友香が東京オリンピックに向け馬術の魅力をPR

かつて共に練習し、今は一緒に馬術スペシャルアンバサダーを務める欅坂46の菅井友香と馬術選手の高田茉莉亜

28日、欅坂46のキャプテンで、馬術スペシャルアンバサダーを務める菅井友香(すがい・ゆうか)が「東京2020オリンピック・パラリンピック1年前イベントin SETAGAYA〜夏まつり2019〜」に、馬術選手の高田茉莉亜(まりあ)、小牧加矢太(かやた)、佐々紫苑(さっさ・しおん)とともに参加、馬術の魅力を語った。

菅井は、「第40回東京都馬術大会(2013年)」で1位(M1課目)になるほどの腕前。「小学5年生のときに同級生に誘ってもらった」ことをきっかけに馬術を始めたが、この日、同席した高田とは中学生時代に同じ乗馬クラブに通っており、「馬場馬術の競技を一緒に切磋琢磨してきた仲」(高田)だったそう。

「学生時代は、馬が彼氏だと友達にも言ってお世話をしてました。でも、馬術の試合がいままでで一番緊張した。正直、オーディションより試合のほうが緊張していた気がします。メンタル面は相当鍛えられました」

と当時を振り返った。

来年の東京オリンピックでは、馬術は「馬場馬術」「障害馬術」「総合馬術」の3つの競技が開催される。

それぞれの競技の魅力は、「人馬一体の美しさ。フィギュアスケートのようなイメージ」(馬場馬術/高田)、「減点なくいかに早く走れるかを競う」(障害/小牧)、「とにかくハードで、規定タイムに合わせることが大事」(総合/佐々)とのことだが、どれも馬と心を通わせることが大切という。

だからこそ「(馬によって)人間のように性格が違うので面白い」と話す菅井だったが、「障害馬術をやらせてもらったときも、うまく(指示が)伝えられず、馬が止まっちゃって落馬したこともある」とその難しさを実感している分、トップクラスで活躍する3人には尊敬の眼差しを送っていた。

さらに、東京オリンピックの馬術の観戦チケットについて、「両親が応募したけど落選した」という高田と佐々をよそに、菅井は「個人的にチケット抽選に当たりました。世界のトップレベルの選手を間近で見れることなんてないので、どうしても見たかった」と、目を輝かせて語っていた。

取材・文/鯨井隆正

関連記事(外部サイト)