大原優乃がバイクの日イベントで「もうすぐ二十歳になるので、バイクデビューできたらいいな」

大原優乃がバイクの日イベントで「もうすぐ二十歳になるので、バイクデビューできたらいいな」

ヘルメットのあごひも装着を呼びかける大原ら

19日、大原優乃がバイク芸人とともに、都内で行なわれた『8月19日はバイクの日 HAVE A BIKE DAY』のトークショーに参加、バイクへの憧れを明かした。

「バイクの日(8月19日)」は、1989年に二輪車の交通事故撲滅を目的として制定。この日のイベントは、交通安全意識の啓発とともに、バイクの楽しさ・魅力を伝えるために開催され、日本自動車工業会二輪特別委員会委員長・日高祥博(ヤマハ発動機社長)や同工業会副会長・神子柴寿昭(ホンダ会長)のほか、キャスター時代にバイク通勤していた小池百合子東京都知事も出席していた。

トークショーでは、大原優乃のほか、レイザーラモンRGバッファロー吾郎・竹若元博チュートリアル・福田充徳とろサーモン・村田秀亮が登壇。この日も「ここまでツーリングで来ました」(RG)という4人は、「RGツーリングクラブ」を結成し、普段からバイクを楽しんでいるそう。

バイクの免許はもっていない大原だが、バイクに対しては「インスタグラムとかで見るんですけど、女性ライダーのギャップがカッコイイ」と好意的。しかし、RGが「SUZUKIのハヤブサに乗ってもらいたい」と話したが、あまりわかっていない様子......。

さらに「黒と赤が好き」と大原が話すと、4人は「昔あった薔薇(バラ)とかね」(福田)、「セピアZZ(ジーツー)なんかもいい」(竹若)、「最新のGSX−Rもある」(村田)、「あとKATANAも!」(RG)と提案。もちろん大原は"SUZUKI縛り"であることに気づいていないが、次々とバイクを挙げてくる4人の様子に楽しげだった。

そして、4人は大原にツーリングプランもプレゼン。「仕事前のカフェツーリング」(RG)、「海外でのレース観戦」(福田)、「レンタルして走れるサーキット」(竹若)とさまざまな案が上がったが、大原が選んだのは村田の「アウトドアツーリング」だ。

「山でテントを張って焚き火をしながら、星空を眺めるんですよ。気づいたら涙が出てくる」と、その魅力を聞いた大原は「一緒に行きたい!」と興味津々。カフェレーサー仕様でタンデムできないバイクに乗る村田は「大原さんのためなら、サイドカーつけますよ!」と宣言し、会場を笑わせた。

トークショー終盤、さまざまなバイクの魅力を聞いた大原は「バイクを身近に感じることができてすごく楽しかったです。もうすぐ二十歳になるので、バイクデビューできたらいいなと思います」と締めくくった。

取材・文/鯨井隆正

関連記事(外部サイト)