10月からDJとしても活動開始! 小宮有紗「誰かの二番煎じでなく一番手になりたいんです」

10月からDJとしても活動開始! 小宮有紗「誰かの二番煎じでなく一番手になりたいんです」

『週刊プレイボーイ』のグラビアでギャルに変身した小宮有紗

女優・声優の枠に収まりきらない 小宮有紗(こみや・ありさ)。そんな新世代の才能が、次なる舞台へ。

10月2日(水)にDJとしてCDをリリースする彼女が、9月9日(月)発売の「一冊まるごとギャルグラビア号」の『週刊プレイボーイ38号』でグラビアに登場。サイバージャパン ダンサーズとのコラボグラビアで表紙&巻頭カラーを飾り、ソログラビアでは「ギャル」に変身している。

* * *

■ギャルの自分になじんじゃいました

――ギャルのカリスマ、サイバージャパン ダンサーズ(以下、CJD)とのコラボとソロでギャルグラビアを撮り下ろし。しかも両方、ハマっています! もしかして小宮さんはリアルにギャルだったとか!?

小宮 違いますよー。ギャルのことをカッコいいと思うけど、今までギャルとは縁がなかったし、私、ギャルとは一番遠い生活を送ってますから。ギャルの方々って毎日のように友達と会い、にぎやかな所に出かけるイメージがあるんですけど、私は休みがあっても近所に買い物に行く以外、外に出ないんです。

――今回のCJDとのコラボはどんな経緯で?

小宮 週プレさんの33・34合併号でコラボTシャツの企画に出させていただいたんですけど、その編集さんがCJDさんのご担当で。私のマネジャーと盛り上がっちゃったみたいです(笑)。でもうれしかったです。私、10月にDJデビューをさせていただくのでクラブで人気のCJDさんとお目にかかれるなんてラッキーだなって。実際にお会いしたら皆さん、スタイルがよすぎてびっくりしました。

――ギャルになった感想は?

小宮 最初は違和感があったけど途中からなじんじゃいました。こういう強い感じの自分もありかな。DJのとき、今回を思い出して強気にやれそうです。

――それにしてもなぜDJを?

小宮 私は歌以外をやりたくて。そうしたらアニソンDJのお話をいただいたんです。DJはたくさんいるけど、アニソンに特化して世界で活躍する女性は少ないから頑張ってみませんか?って。話を聞いてるうち興味が湧いてきたんです。

――表現者魂に火がついたと。それにしても小宮さんはクラブに行くんですか?

小宮 一度も行ったことないです。私、夜遅くまで起きてられないので(笑)。でもこの間、勉強のためDJ KOOさんのプレイを拝見させていただきに、生まれて初めて渋谷のクラブへ行きました。純粋に楽しんじゃいましたね。

――普段からDJの練習を?

小宮 今は、先生についていただいて実践的なことを教えてもらってます。曲をつないだり、エフェクトをかける練習をしたり。練習以外の日は曲を聴いたり、DJの動画を見たり。最近はカットインなんかもできるようになりました。

――かなり気合いが入ってますね。

小宮 やってて思うのは、曲ってかける順番やつなぎ方で別ものに聞こえること。あとその場の雰囲気もつくれるじゃないですか。そういうのが面白くて。頑張らないわけにいかないですよ。今や本物のDJを目指してます。

――そういう周囲の期待ってプレッシャーにはならないんですか?

小宮 プレッシャーは嫌いじゃないんです(笑)。私、すごく負けず嫌いなので。中途半端にやったら、周りがどうじゃなくて、自分に負けたことになっちゃう。それは絶対に許せない。だから完璧にやろうって思うんです。

――それにしても女優さんとして活躍する一方、声優さんとしてもヒットを飛ばし、グラビアをやって写真集を出したり。今週号の週プレではギャルに変身し、この秋にはDJデビュー。そんな人はいないというか、つくづくファンの予想を裏切りますね。

小宮 ファンの方にはいつもワクワクしていただきたいですし、自分もやってて楽しいし(笑)。人と違うことをするから、可能性があるわけで。私は誰かの二番煎じでなく、一番手になりたいんですよね。

――カッコいい! ちなみに今回CJDとコラボしましたけど、もしかして、ゆくゆくはクラブでコラボもあったりして?

小宮 いつかそれができたらうれしいですね。でもそのときはDJをしながらCJDさんに見とれちゃって、失敗しないか心配です(笑)。

●小宮有紗(こみや・ありさ) 
1994年2月5日生まれ 栃木県出身 身長164cm 趣味=幕末の歴史(新撰組)。
○エイベックスが手がけるアニソンの新プロジェクト「OMOTENASHI BEATS」の第1弾にて、DJ小宮有紗として10月2日(水)にCDリリース決定! 10月5日(土)に東京・台場のZepp DiverCityで開催される「Anime Rave Festival」に初出演します。
公式Twitter【@box_komiyaarisa】 
公式Instagram【@arisakomiya_official】

取材・文/大野智己

関連記事(外部サイト)