「お前ら悔しくないのか?」あの涙は全てガチだった! 山下真司『スクール☆ウォーズ』時代を語る

「お前ら悔しくないのか?」あの涙は全てガチだった! 山下真司『スクール☆ウォーズ』時代を語る

「何度も泣きの演技をするうちに、我慢して我慢して、それでも流れちゃうのが涙なんだと気づいた」と語る山下真司さん

9月20日から開催される「ラグビーワールドカップ2019日本大会」。その熱い波に乗るかのように、1984年から85年にかけて放送された青春ラグビードラマの金字塔『スクール☆ウォーズ』がDVD−BOXとなって帰ってくる。

これは、京都市立伏見工業高等学校ラグビー部の監督で、元日本代表の山口良治(よしはる)氏をモデルにした滝沢賢治(山下真司)とその生徒の物語だ。滝沢が"泣き虫先生"という強烈なキャラクターで生徒とガチンコする姿に誰もが心を動かされた。

今回はあの唯一無二の泣き虫先生、滝沢賢治役の山下真司さんに、ドラマ撮影時の思い出話からラグビーの魅力まで熱く語ってもらった。

* * *

――早速ですが、山下さんが『スクール☆ウォーズ』撮影前はラグビー未経験だったことには驚きでした。

山下真司(以下、山下) はい、未経験でした。スポーツは好きで長いことバレーボールをしていたけど、同じ球技でもかけ離れているでしょう。だから「これは大変な撮影になるだろうな」とビビりましたよ。でも、自分にとって初の主役だったし絶対に良いものにしようと、骨折出血も覚悟して挑みました。

――『ヒーロー』が流れるオープニング映像でラグビーボールを蹴る様は、初心者とは思えませんでした。

山下 あんな楕円のボールなんて蹴ったこともなかった。でも覚悟は決めてたし、すっごい集中して10数回蹴ったうちの2、3回が成功したかなあ。まぐれですよ。

――未経験ってことで色々と勉強されたと思いますが、どんなことを?

山下 まず明治大学のラグビー部の試合の様子をビデオで見させていただき、「どうしたらあんな目になるんだ」と生徒たちの戦士のような眼差しに胸を撃ち抜かれました。

そして練習風景も見学に行かせていただいて、実際に教わったり話を聞きましたね。当時お会いした明治大学の学生が、いまや"釜石シーウェイブス"(岩手県釜石市が拠点のラグビークラブ)の監督になっていたりして、みんな成長したなあと。

――滝沢賢治のモデルとなった山口先生にもお会いしたとか。

山下 はい、撮影が終わった後ですけどね。俺は台本から受ける滝沢賢治のイメージを演じたかったから、撮影前に会える機会もあったんですけど、演技がブレないように敢えてお会いしなかったんです。

終わった後に山口先生や奥様にもお会いしたけど、実際の先生は素のままの格好つけない、ややひょうきんな、それでいて優しい男らしい方でした。

――そうなんですね。何か思い出すやり取りなどありますか?

山下 先生に「ドラマの中の先生は誰ひとり見捨てない愛情深さで生徒を育てていますが、本当に見捨てる人はいませんか?」と聞いたんです。そしたら「そんなふうに思ったことは一度もない。今後もあり得ない」と。

先生の人としてのデカさを感じた。奥さん役は岡田奈々さんで素晴らしかったけど、実際の奥様もドラマで描かれた内助の功そのものでしたね。

――滝沢賢治と同じように山口先生ご自身も泣き虫だったんですかね?

山下 いや、あれは滝沢賢治という男ならではの気質ですね。とにかくよく大声で叫ぶ、泣く、熱い男。涙を流すのは最初は苦労したけど、そのうち台本を読んでるだけで涙が出るくらいになってね。「おい真司、これは明後日やるシーンだぞ、今は我慢だ!」「今、泣いちゃったら冷めるだろ!」って自分に何度も言い聞かせてね。

――泣きすぎですよ! ではドラマの中の涙は全て"ガチ涙"であると。

山下 はい。目薬をさして涙に見せるほどの演技力が俺にはなかったんだよね。だから自前の涙の方が良かったんです。でも、泣こうとするんじゃダメ。何度も泣きの演技をするうちに、我慢して我慢して、それでも流れちゃうのが涙なんだと気づいたんだ。

涙には悔し涙やうれし涙と種類があるけど、どの涙も耐えきれずに出てくるのが本当の涙。それでこそ見てる人は感動するのだと。これは『スクール☆ウォーズ』で会得した宝ですね。

――とにかく男たちが良く泣くドラマでしたよね。

山下 そうだね。俺なんてきったない顔して泣いてたけど、松村雄基なんてきれいな涙でさ。7話で松村演じる大木大助が教頭に殴り込みをかけたことを謝罪するよう、俺が説得したシーンで、ポローっと流すあの涙。いい男が一筋の涙を流す、こんなきれいな涙もあるもんだって思ったもんだよ!

――なるほど(笑)。撮影現場は和気あいあいという感じだったのでしょうか。

山下 撮影期間が冬だったからねえ、昼休み中は寒かったんで、みんなで相撲とったり三段跳びを争ったり子供みたいな遊びをして寒さをしのいでましたよ。お昼は近くのファミレスで飯食いながらワイワイやって。でも集中しないといけないシーンが多かったから、仕事に入るとグッと集中して。オンとオフがしっかりした現場でしたよ。

――当時、最高視聴率は20%を超えたそうですが、第1話から盛り上がったわけでもなかったんですよね。

山下 そうね。第1話は裏番組がテレビ初放送の映画、『南極物語』でさ。けど、口伝えでどんどん話題が出てきて、ライバルの相模一高に109対0で負けて「お前らゼロか? ゼロの人間なのか?」と言った回あたりで15%を超えたんです。そこから現場はどんどん士気が高まり一丸となりました。

――今回、DVD−BOXになって復活して、いかがでしょうか。

山下 この前、トンガから来た日本語ぺらぺらのラグビーの選手がね、「『スクール☆ウォーズ』見てます、知ってますよ!」と声かけてくれてね。「え、なんで?」と聞いたら「日本のラグビーの先輩から、これを見ろって言われて、見たらめちゃくちゃ面白かったです」ってさあ。海外の選手にまで愛されてうれしい限りですよ。

それにBOXはデジタルリマスター版で30年以上も前のものとは思えないきれいな映像で驚いたね。テーマは友情や信頼と普遍的なものだし、何よりも"信は力なり"今こそみんなに感じてほしいメッセージですよ。

――9月20日にラグビーW杯開催も控え、ラグビー熱は高まるばかりですね!

山下 僕はね、ラグビーの試合は涙なしには見られない。こんなに強く、命をかけた真剣な戦いがほかにあるかと、いつも泣いてしまうんですね。いつも勝手に監督になった気持ちで見てしまいますから。

* * *

★後編⇒"泣き虫先生"山下真司がラグビーW杯に期待「15人の集中力と体力と気力と、心技体が全て揃った時に奇跡が起こる」

●山下真司(やました・しんじ)
1951年12月16日、山口県下関市生まれ。79年の『太陽にほえろ!』にレギュラー出演。84年泣き虫教師、滝沢賢治を演じた『スクール☆ウォーズ』が最高視聴率20%を超すヒット。その後も『ケータイ刑事』シリーズや『食いしん坊!万才』などドラマやバラエティー多方面で活躍中

■『泣き虫先生の7年戦争 スクール☆ウォーズ』DVD BOX発売中
〈HDリマスター版〉2万9160円、Blu−ray BOX〈通常版〉3万6288円(ともに税込)。
発売元/TBS、発売協力/TBSグロウディア、販売元/キングレコード

取材・文/河合桃子 撮影/五十嵐和博

関連記事(外部サイト)