『報ステ』を降板するテレビ朝日・竹内由恵アナの後任発表で、局内外から賛否の声

テレビ朝日の竹内由恵アナが『報道ステーション』卒業へ 後任の森川夕貴アナに賛否

記事まとめ

  • テレビ朝日の竹内由恵アナウンサーが9月末で『報道ステーション』から卒業する
  • 月曜から木曜のスポーツは清水俊輔アナ、金曜メインキャスターは森川夕貴アナが担当
  • 森川アナには賛否の声があり、入社4年目でのメインキャスターは「時期尚早」とも

『報ステ』を降板するテレビ朝日・竹内由恵アナの後任発表で、局内外から賛否の声

『報ステ』を降板するテレビ朝日・竹内由恵アナの後任発表で、局内外から賛否の声

1993年9月2日生まれ、静岡県出身。上智大学外国語学部卒業後、2016年にテレビ朝日に入社。1年目から『報道ステーション』のお天気キャスターに抜擢されたのは、宇賀なつみ以来7年ぶりのことだった


テレビ朝日竹内由恵(よしえ)アナが9月末をもって『報道ステーション』から卒業するのに伴い、後任アナを発表。月曜から木曜までのスポーツコーナーは清水俊輔アナ、金曜メインキャスターは森川夕貴(ゆうき)アナが担当することになった。

これに対してガックリ肩を落とすのは、女子アナを撮り続けているスクープカメラマンたち。

「各局ともにスポーツキャスターは男性アナが主流になっていて、ただでさえ女子アナをスポーツイベントなどで撮影できる機会が減っているんです。ましてや『報ステ』は、竹内由恵アナというエースをスポーツ担当として投入していた。今回の人事は、本当に残念でなりません」(カメラマンA氏)

また、森川夕貴アナが金曜メインキャスターを務めることに対して、局内では賛否の声もあったようだ。

「森川アナは新人時代から『報ステ』のお天気キャスターを務め、昨年10月からニュースキャスターに"昇進"。わずか入社4年目にして、メインキャスターにまで上り詰めたわけですが、竹内アナと比べてあまりにも知名度が足りない。昨年まで約7年半にわたってサブキャスターを務めた小川彩佳アナは、入社5年目に大抜擢(ばってき)されて看板アナになった。それを再現したいという上層部の狙いはわかるのですが、やはり時期尚早なのは否めません」(テレビ朝日局員)

果たして、森川アナはそうした雑音をシャットアウトする活躍を見せられるのか、注目していきたい。

関連記事(外部サイト)