"映画史上最悪のキスシーン"がヤバすぎる?『ヘルボーイ』が原作を忠実に実写化して復活!

"映画史上最悪のキスシーン"がヤバすぎる?『ヘルボーイ』が原作を忠実に実写化して復活!

編集部を訪れたヘルボーイ

地獄生まれ地球育ちのダークヒーロー、ヘルボーイがスクリーンに帰ってきた! 9月27日より映画『ヘルボーイ』が全国公開されるのだ。映画公開を記念して、週プレ編集部にヘルボーイがやってきた!

『ヘルボーイ』は1993年に刊行された人気アメリカンコミックシリーズ。悪魔の子・ヘルボーイが、超常現象調査防衛局「B.P.R.D」のエージェントとして活躍、世界中の悪魔やモンスターたちとの戦いを描いた作品だ。2004年、08年にはロン・パールマン主演で映画化されたが、今回はニール・マーシャル監督のもと、Netflix配信ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で知られるデヴィッド・ハーバーを主演に迎え、一新。新たな映画『ヘルボーイ』として公開される。

映画公開を控え、ヘルボーイが自らPRするため来日中なんだそう。週プレ編集部にも突然やってきたので、映画の魅力を聞いてみた。

「ここが編集部かい? ちょっとお邪魔するよ」

――え、そうですけど、何ですか?

「俺はヘルボーイ。え、知らない? まあひとことで言えばヒーローさ。今度、映画が公開されるから来たんだ」

――もしかしてこないだ、全日本プロレスのリングにあがってました?

「そう、それさ! 映画でもルチャ・リブレのリングで戦ったが、日本のレスラーもなかなか強かったな! そうだ、本編映像でルチャ・リブレのシーンが少し公開されているんだ、今観てくれ」

――観てますけど、割と押されてるじゃないですか......というか他の映像見てもけっこうやられてますよね? "アメコミ界最強のダークヒーロー"って肩書き、盛りすぎでは?

「バカ、俺のウリはタフさとパワーだ! なんてたって不死身の肉体だからな! この映像の先がすごいんだ。映画が公開されたらちゃんと俺の活躍を観ろよ!」

――ってか、ミラ・ジョヴォヴィッチも出るんですね。美しすぎて魔女役がぴったりだ。ところで今日は宣伝しに来たってことですよね? 映画の見どころをお願いします。

「モンスターとのバトルシーンは爽快だな。それに原作に忠実なところだ。クロエネン(※原作の人気キャラ)が出てきたり、コミックのワンシーンが登場したり、原作ファンならきっと興奮するぜ! でも展開はスピーディーでわかりやすいから、原作を知らなくても楽しめるはずさ」

――たしかに予告編だけでも、バトルアクションはすごいですね。ちょっとグロい気もしますけど(笑)。

「う〜ん、それを言うなら一番ヤバいのは"映画史上最悪のキスシーン"だな......。あれはもう......」

――ちょっとなんで黙るんですか、気になるじゃないですか!

「......それにしても日本はいいな。こないだ、ゆきぽよに会ったんだが、彼女は最高だ。それにフーターズでイベントをやったときも、ファンで満席になって楽しい時間を過ごしたんだ。猫カフェもたまらなかったね(※ヘルボーイは猫好き)」

――あからさまに誤魔化しましたよね。というか日本を満喫しすぎじゃないですか? いつからいるんですか?

「来日が7月だから2カ月か、もっと早く来るべきだったな。俺は行けなかったんだが『地獄のサウナ試写会』なんてもんもやったり、日本はクレイジーで最高だ! ところで今日はグラビアアイドルはいないのか? 編集部訪問している記事を見て楽しみにしていたんだ」

――そんなタイミングよくいるわけないじゃないですか、突然なんですか。

「そうか、残念だ、日本のキュートなガールを見たかったんだけどな。まあいい、そろそろお気に入りのコ(猫)に会いに行ってくる。とりあえずそういうことだから、映画はちゃんと観るんだぞ!」

■『ヘルボーイ』
2019年9月27日(金)より全国公開。アメリカンコミックの人気作『ヘルボーイ』(作・マイク・ミニョーラ)の「百鬼夜行編」を基に映画化。地上を魔物の世界へ変えようと企む最強の魔女・ニムエと最強のエージェント・ヘルボーイの戦いを挑むというストーリー。詳細は公式HPにて【http://hellboy-movie.jp/】

取材・文/鯨井隆正 撮影/鈴木昭寿

関連記事(外部サイト)