小悪魔キャラかと思いきや中身は超絶ネガティブの小泉 遥「家ではビックリするほど暗いんです......」

小悪魔キャラかと思いきや中身は超絶ネガティブの小泉 遥「家ではビックリするほど暗いんです......」

『王様のブランチ』リポーターを務める小泉 遥が、週プレのグラビアに3度目の登場

若者に大人気の恋愛リアリティーショー『恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss to survive〜』や『王様のブランチ』のリポーターで話題の"こいはる"こと小泉 遥(こいずみ・はるか)が、10月7日(月)発売『週刊プレイボーイ42号』のグラビアに登場。

人前では元気な彼女だが、実際は根暗だというプライベートについても聞いてみた!

* * *

■安室奈美恵ばりの小顔を持つ女

――3回目の週プレ登場ですが、今回はどんな仕上がりですか?

小泉 今回はちょっと大人な私を見せられたらいいなと思って撮影に臨みました。

――今回の撮影にタイトルをつけるとしたら?

小泉 アンニュイな"こいはる"!?(笑)

――そのアンニュイな表情を出すのに意識したことは?

小泉 とにかく悲壮感を出そうと思って、ひたすら悲しい恋愛を想像しながら撮られていました。

――え、そうなの!? 「恋をしている女子」がコンセプトじゃなかったっけ?

小泉 そうでした! トビラに使っていただいた衣装のときは、確かに「恋する女」を演じていたんですが、完全に忘れてました(笑)。

――現在、放送中の恋愛リアリティショー『恋愛ドラマな恋がしたい』では、ふたりの男性をたぶらかす悪い女キャラでプチ炎上してたね(笑)。

小泉 実はちょっと叩かれてへこんでいるんです。私の中では嘘偽りなく100パーセント素直な気持ちで臨んだつもりだったんですけど、結果、男を振り回す女みたいになっちゃって......。

――でも、以前に「小悪魔キャラでいきたい」って言ってたからよかったじゃん!

小泉 いえ......小悪魔の「小」が取れて、ただの「悪魔」になってしまいました。『(王様の)ブランチ』を見てファンになってくださった方からも「あれを見て性格悪くてビックリしました、ショックです」とか「悪魔ですね」って書き込みがあったり(涙)。なんか、すみません。

――本当のこいはるはどんなキャラなの?

小泉 周りの人にはよく、発言が天然って言われるんですけど、言った後に「これ、違った」と自覚症状があるので、本物の天然ではないと思います(笑)。あと、人前では天真爛漫(らんまん)で元気ですが、実際は根暗です。打たれ弱いし、ビックリするくらいネガティブなんですけど、普段はそういうところを見せないように、明るく振る舞ってるんです。

――じゃあ、家では......。

小泉 ビックリするくらい暗いです。いつもベッドに寝っ転がりながら、「ホント私ってダメな女だな〜。この先どうやって生きていけばいいんだろう......」って一日の反省会をひとりでやっています。

――く、暗いね......。どうやって発散するの?

小泉 最近はホットヨガですね。その1時間だけは何も考えないで済むし、汗もすごくかくのでスッキリします。ホットヨガと仕事をしている時間だけはすっごく楽しいんですが、それ以外のときは基本こんな感じです。

――つらいね......。ほかに趣味は?

小泉 映画鑑賞ですね。でも、これもまたダークな内容が好きなんで、よけい暗くなるんですよね。

――大丈夫! こいはるはかわいいんだからもっと自信持って!

小泉 いや、ホメられると「いやいや、私なんてそんないい人間じゃないんで......」ってなってしまうから、悪い自分でいたほうが居心地がいいんですよ。

――けなされるほうがいいんだ。

小泉 ん〜、でも打たれ弱いんで、それはそれで傷ついちゃうんです。

――面倒くさっ(笑)。では、これだけは人に負けないってことは?

小泉 自分で言うのもなんですけど、顔の小ささだけは負けません(笑)。というのも、前に顔の大きさを測ったら、ちょうどバレーボールと同じ大きさだったんです。「そのサイズは、安室奈美恵さんくらいしかいないよ」って言われたので、そこだけは誇りに思っています。

――最後に読者にメッセージを。

小泉 もともと応援してくださってる方も、今回初めて私を知ってくださった方も、こんなダークな私の中身も知った上で応援してくれたらうれしいです。

●小泉 遥(こいずみ・はるか) 
1996年1月9日生まれ 沖縄県出身 
身長157cm B78 W58 H83 血液型=O型 
○情報バラエティ番組『王様のブランチ』(TBS系、毎週土曜9:30〜)にブランチリポーターとして出演中。恋愛リアリティーショー『恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss to survive〜』(AbemaTV、毎週土曜23:00〜)に出演中。
公式Twitter【@harukakoizumi19】 
公式Instagram【@koiharu_official】

取材・文/西山麻美 撮影/西條彰仁

関連記事(外部サイト)