ファッションモデル・野崎萌香が週プレで男性誌初グラビア!「家はスパルタでした(笑)。テレビを見るために親にお手紙を書いたことも」

ファッションモデル・野崎萌香が週プレで男性誌初グラビア!「家はスパルタでした(笑)。テレビを見るために親にお手紙を書いたことも」

週プレで男性誌初グラビアに登場したファッションモデル・野崎萌香


女性誌を中心にファッションモデルとして活躍する野崎萌香が、11月25日(月)発売の『週刊プレイボーイ49号』で、満を持してカバー&巻頭グラビアに初降臨。
日本人離れしたルックスだが実際には生粋の日本人であり、中身は「超オタク」と語る彼女の意外な素顔をお届けします!

 * * *

『non−no』専属モデルを経て女性誌を中心に活動する野崎萌香さん。取材前、マスク姿の編集スタッフとばったり外で会うと、「あれ、風邪ですか?」と優しく声をかけてくれた。取材部屋に入ってからも「コートかけましょうか」など、さりげなく周囲を気遣う彼女にスタッフ一同感動を覚えるなか、週プレ初登場の感想を聞きました。

――今回、男性誌のグラビア撮影は初めてだったそうですね。女性誌とは違う表現を意識されたのでしょうか。

野崎 男性誌だから男性目線でみたいなことは意識していなくて、女のコにも見てほしい気持ちでいました。あえて言うなら、「いつもどおりの私だけど、今日はちょっと露出度多め」です。実は水着の撮影も10年ぶりくらいだし、"三角ビキニ"を着たのなんて小学生ぶりだったんです!

――水着撮影が久しぶりとは思えないほど自然体で伸び伸びとした表情が印象的で、曲線美も美しかったです。

野崎 前夜は相当ガチガチになっていたんですけど、気心の知れたスタッフさんたちとの撮影だったので本番はリラックスしてできました! モデルってガリガリに思われがちなんですけど私はそんなに痩せていないし、筋肉質。だから筋トレするとすぐムキムキになっちゃうんです。そういう体質ということもあって、今は女性らしい体形を目指してストレッチ中心のトレーニングをしています。今回は昔のピンナップガールをイメージして撮影に臨んでいたんですけど、スタジオにたまたまマリリン・モンローの写真集があったので、勉強も兼ねて真剣に見入っちゃいました。

■小3から宝塚女優を目指していました

――そもそも、デビューのきっかけはなんだったのでしょう。

野崎 小学校3年生からずっと声楽とバレエを習っていて、初めは宝塚の女優さんを目指していたんです。でも中学に入ってからシアターコクーンとか本多劇場とかいろいろな所へお芝居を見に行くようになって、蜷川(にながわ)幸雄さんや岩松了さんの舞台に触れたことでシェイクスピアの古典演劇とかミュージカルではないストレートプレイもやりたくなったんです。

だったら宝塚ではなく、とりあえず芸能界に入って女優になれたほうがさまざまなことにチャレンジできるかなと思って芸能のお仕事を始めました。これまではモデル業が忙しくてなかなか女優のお仕事ができなかったので、これからはもっと演技のお仕事もしていきたいです!

――もともと女優志望だったんですね。特に演劇にはかなり精通されているようで。

野崎 中高生のときはいろいろな舞台を見て勉強していました。大学の卒論のタイトルも、劇団四季の「『キャッツ』にみる死生観」です。宗教学と心理学も好きで専攻していました。

最近バラエティ番組にも出させていただくようになってトーク力が課題なんですけど、自分の好きな宗教学の話なんて、興味を持ってもらえないですかね......。好きなことは誰よりも詳しくなりたいから、そこに対してすごく負けず嫌いで......ひとつのことを突き詰めるのが好き。私自身オタクなので(笑)。

■テレビは一切禁止でした

――幼稚園から大学まで女子校、女子大育ちとお聞きしましたが、男性との接点ってあったんですか?

野崎 弟の友達はしょっちゅう家に来ていましたね。夜中の3時くらいに私の部屋をドンドン叩いて「焼きそば作って!」って言ってくるんですよ。それで夜中に起きてフライパンを振っていました。

――野崎さんに会いたい言い訳だったのかな......。話は戻りますが、幼稚園から女子校育ちだったり習い事が声楽とバレエだったりと、かなりのお嬢さま育ちとお見受けしたのですが。

野崎 いえいえいえ。ただ父と弟は医者なので、家族のなかでは異端児で浮いています。フフフ。

――家族から芸能の仕事を反対されたことはなかったですか。

野崎 好きなことをやりなさいって応援してくれています。中学・高校時代に好きなだけ舞台を見に行けたのも両親のおかげです。本だけでなく、映画、アートもたくさん見に行かせてくれました。その代わりじゃないですけどテレビは一切禁止で、ほとんど見たことなかったんです。

でも小学生のときにV6の『学校へ行こう!』がめちゃくちゃはやって、放送翌日の水曜日はその話で教室中もちきりになるんです。そうするとテレビ禁止の私はお友達の会話についていけないじゃないですか。だから親にお手紙を出したんです。

――一緒に住んでいるご両親に手紙を出したんですか?

野崎 わが家のしきたりなんですけど、ここぞというお願いのときは手紙で思いを伝えるという謎の"お手紙制度"があったんです。だから、「おねがいがあります。クラスのみんなとしゃべれなくなってしまうので、『学校へ行こう!』だけはみせてください」って手紙に書いて提出して。おかげでそれだけは見られるようになりました(笑)。

――ご両親は確固たる教育方針があったんですね。

野崎 スパルタでしたね。ご飯の好き嫌いも許されなかったから、ミニトマト一個食べられないだけで3時間半、食卓に居残りさせられたこともあります。そのおかげで好き嫌いもなくなったので、両親には感謝です(笑)。

そうそう、週プレの撮影で水着になることを両親に言ったら、少し心配していました(笑)。でも今回の作品は本当に気に入っているので、自信を持って食卓に週プレを置いておこうと思います!

●野崎萌香(NOZAKI MOEKA)
1990年2月10日生まれ 東京都出身 身長166p 血液型=AB型
○『non−no』専属モデルを経て『sweet』『andGIRL』『mina』『steady.』『MAQUIA』など多数の女性誌で活動中。11月28日(木)24:35 〜放送予定の『キスマイ超BUSAIKU!?』(フジテレビ系)に出演予定。オフィシャルInstagram【@moeka_nozaki】

取材・文/小泉なつみ 撮影/中村和孝

関連記事(外部サイト)