3661人の中から選ばれたアンフォレのクールビューティ・Renaの魅力はギャップ?「くりくりの黒目が"タピオカお目め"って言われます」

3661人の中から選ばれたアンフォレのクールビューティ・Renaの魅力はギャップ?「くりくりの黒目が"タピオカお目め"って言われます」

アンフォレのメンバーとして活動するRena


近い将来、女優やモデルといったさまざまな分野の最前線で活躍していくであろう10代の美少女たち。そんな彼女たちの魅力を読者に知ってもらうべくスタートした、週プレNEWS&週プレモバイル連載『微熱少女』。

毎週月曜日に、『週刊プレイボーイ』が注目した美少女が登場するこの連載では、撮り下ろし写真とロングインタビューで彼女たちの魅力をお届けします。

第32回は、昨年末に始動したガールズユニット「Ange et Folletta(アンジュ エ フォレッタ、以下アンフォレ)」のメンバーとして活動するRenaちゃん。3661人が参加したオーディションを勝ち抜いた彼女の、クールな表情に隠された熱い思いに迫りました。

――撮影の1週間前は、アンフォレ初のファンクラブ会員限定イベント(1月11日、渋谷・DESEO mini with VILLAGE VANGUARD)が開催されましたね。

Rena 始まる前は不安だったんですけど、たくさんのお客さんに見にきてもらえてよかったです。今年はもっとたくさんの会場でライブができるように頑張りたいです。でも、"頑張る"とか"一生懸命"っていうのはアーティストとして当たり前のことなので、「そこから何を自分なりに積み上げていけるか」を考えながら日々レッスンに励んでいます。

――デビュー直後、かつ15歳とは思えない信念ですね。

Rena アンフォレには、メンバー兼プロデューサーとして(48グループで活躍した)渡辺美優紀さん(Miyuki)という大先輩がいるので、影響を受けているのかもしれません。去年の12月、Miyukiさんのクリスマスライブのリハーサルを見学したんですよ。そこで見たパフォーマンスがかわいくてカッコいいのはもちろん、それ以上に「ビビビッ」って伝わってくるセンスみたいなものに感動しちゃって。それはもう"微熱"を通り越してめっちゃ"熱"でした(笑)。

――センス、とは具体的にどういったものでしょう?

Rena 例えば、クールな曲があるとしますよね。そのなかでMiyukiさんは、カッコいい表情はもちろん、あえて女のコっぽいしぐさを挟んだり、セクシーな笑顔を見せたり、いろんな側面を数分間で自由に出し入れしてるんです。これってすごくないですか? こういう「その人にしかない個性」を私も身につけてみたいなあ。

でもアンフォレはユニットなので、自分ばかりが前に出ようとしても悪目立ちしちゃう。7人としてのまとまりと、自分の個というバランスを保つのも大事だなあって思います。

――自分のことだけでなくユニット全体の将来も見据えている、と。アンフォレSNSでは、Kotomiさん&Miyuuさんらと共に通称「こどもちゃんチーム」と呼ばれているRenaさんですが、かなりのお姉さんキャラとお見受けしました。

Rena どうかな、関西人(大阪府出身)なので、ほかのメンバーよりグイグイ行ってるだけかも(笑)。本来は仕切り役タイプではないんですけど、アンフォレではMiyukiさん(奈良県出身)以外に関西出身がいないこともあって、私がツッコミ役に回ることが多いんですよ。Minamiを筆頭に、アンフォレは天然なコが多くて楽屋がにぎやかなので、誰かがツッコまないと収集がつかない(笑)。

――先のファンクラブ会員限定イベントの幕間トークでは、プロデューサーにして大先輩であるMiyukiさんのモノマネを披露する強心臓ぶりを見せつけたとか。

Rena "モノマネ得意キャラ"じゃないのでめちゃ緊張しましたけどね......。でもあのとき、その場の流れで「誰かモノマネやらなきゃいけない!」ってなっちゃったんですよ。だったら私がやるしかないな、と腹をくくりました。関西人だし。

――その責任感も素晴らしいですね。アンフォレのオーディションでは3661人の参加者の中から選ばれたRenaさんですが、芸能界を目指したきっかけはなんでしょう。

Rena もともとアイドルがすごく好きで、ライブはもちろん握手会にも足を運ぶぐらいファンだったんです。キラキラした衣装でステージに立っているアイドルの皆さんて、目が輝いていて本当にすてきだなって。そんなファン活動を続けるうちに、「かわいいな」「カッコいいな」っていう憧れから、次第に「あの大きなステージに立つ側になりたいな」という思いが強くなり、オーディションを受けました。

――ご自分で、どこがオーディション合格の決め手だったと思いますか?

Rena 笑顔なところ! ステージ上はもちろん、学校の先生にも「いつもにニコニコしてていいね」って言われるんです。夢を与える仕事ですから、お仕事中でもプライベートでも関係なく、いつも自然体な笑顔でいられるのは強みかな? あと「目がくりくりしててタピオカみたい」って言われます(笑)。

――パフォーマンスで見られるクールビューティとのギャップもいいですね。ユニットでは"ツッコミ""毒舌"キャラクターが定着しつつありますが、学校ではどういったキャラなんですか?

Rena クラスメートがほとんど大阪人なこともあってか、ツッコんでくれる人がたくさんいるので、私が面白いことをしてみんなに笑ってもらう感じ。アンフォレとは違って、ボケも担当してます(笑)。

――大阪の厳しい"お笑い環境"で培われたアドリブ力が、ライブでも生きているのかもしれませんね。

Rena そうですね、教室では常に誰かがボケたりツッコんだりしているので。学校で鍛えられたトーク力が、ラジオとかおしゃべりするお仕事で生かせたらいいな。

――関西人ならではのツッコミ力を持つクールビューティなストイック小悪魔・Renaちゃん。2月10日配信の後編では、"大阪人あるある"とまだまだ続く"渡辺美優紀愛"を語ります!

(ヘア&メイク/たかべともみ スタイリング/木村美希子)

●Rena(れな) 
2004年9月1日生まれ 大阪府出身 身長160cm 特技=皿回し
〇渡辺美優紀がプロデュースするガールズユニット「Ange et Folletta」のメンバー。
Ange et Folletta公式ホームページ【https://anfolle.jp/】
Ange et Folletta公式Twitter【https://twitter.com/angeetfolletta】
Ange et Folletta公式Instagram【https://www.instagram.com/angeetfolletta/】

取材・文/結城紫雄 撮影/河西 遼

関連記事(外部サイト)