映画『癒しのこころみ』でセラピストを演じた松井愛莉が癒されるものは?「海よりも山が好き。家の中でも緑に癒されてます」

_P1A4312.jpg
女優・松井愛莉が主演する映画『癒しのこころみ〜自分を好きになる方法〜』が、本日7月3日(金)より公開される。

仕事で挫折し、心と身体を癒す"セラピスト"を目指す主人公の成長や人間模様を描いた物語。映画『影踏み』で話題の篠原哲雄監督がメガホンをとり、八木将康(劇団EXILE)や橋本マナミ、藤原紀香らのキャスト陣も注目されている。

今作が映画初主演となる松井愛莉さんに、撮影秘話やご自身の癒しについて話を聞いた。

――主人公・一ノ瀬里奈は、どんな役ですか?

松井 真面目で責任感が強い女のコです。仕事を頑張って必死に食らいついてきたんですけど、頑張りすぎて限界がきてしまったのかなと思います。

――そこからセラピストという職業に出会うわけですね。共感できる部分がたくさんあったそうですが。

松井 最初は、全く別の女性像だったんです。リケジョの設定で、思ったことをズバズバ言ってしまう性格だったんですけど、台本を読んでも理解できない部分が多くて。その気持ちを監督に伝えたら、脚本や設定をまるっと変えて私自身に近づけてくださったんです。

それからは凝った役作りもせず、台本を読んだだけで里奈の感情がスッと入ってくるというか。すごく演じやすくなったので、感謝しています。

_P1A4304.jpg

――ここは自分っぽいなと思うところは?

松井 自分に自信が持てないところですかね。私も自分に自信がないので、そういう面では共通点がありました。里奈がセラピストとしてだんだん上達していって、人とのコミュニケーションも取れるようになっていくところも似てますね。私は里奈よりもひどくて、仕事を始めた頃は人との会話もちゃんとできなかったんです(笑)。

――意外ですね。自信を持てるようになったのはいつ頃から?

松井 自信はずっとないです。基本、ネガティブなので(笑)。自分でも不思議なんですけど、二十歳を過ぎた頃から肩の荷がストンと下りた感じがして。役にもよりますけど、今のほうがリラックスした状態で作品に臨めているのかなと思います。そうであってほしいです!

――サウスポーの松井さんですが、劇中では野球のバッティングシーンもありました。

松井 バッティングセンターに行くことは多かったので、バットはちゃんと振れるんですよ。でも、下手に見せないといけないから「もっとへっぴり腰に!」って指導を受けて、持ち方や振り方に苦戦しました(笑)。

――バッティングセンター行くんですね。

松井 子供の頃は、家族みんなで行ってました。あとはストレス発散したいときに行って、でも全然打てなくて逆にすごい腹たっちゃうかもしれないですけど(笑)。

――自分にとっての "癒し"の場所は?

松井 自然が大好きなので、森のある場所。地元が福島で田舎育ちなんですけど、緑がキレイですし、空気もおいしいですし、なにより星がキレイで! いつも空を眺めてますね。家族にも会えますし、地元に帰るだけで癒されます。

_P1A4411.jpg

――外出自粛中など、家の中で癒されるものってあります?

松井 家の中でも緑に癒されてます。植物の苗や種をいろいろ買い出して、ベランダで育てていて。パセリと大葉、山椒、オリーブ。白身魚の丼に大葉を使ったり、炊き込みご飯に山椒をパチンって叩いてのせたりして食べてます。あとは、ラベンダーも育ってきていて、成長を見るのも楽しいですし。花が咲いたら部屋に飾って香りを感じたいなと思ってます。

――快適な家ですね。

松井 そうですね。家の中は自分のテリトリー内にしておきたいというのもあって。そもそも人を呼ばないというか、誰も家に入れたくないです(笑)。お休みの日はNetflixでドラマを延々と観て、気づいたら1日が終わってます。

――外出自粛とか関係なく引きこもり生活が得意なんですね。

松井 はい、普段から(笑)。配信とかも苦手ですし、ひっそりと生きていたい(笑)。

――今回のセラピスト役のように、『これは経費で落ちません!』のOL役など、20代になってからはお仕事系作品が続いてます。もし芸能界にいなかったらどんな仕事をしてると思います?

松井 子供が大好きなんですよ! 小さいコを見ると手を振っちゃうし、近づきたくなっちゃうくらい。それなので一時期、幼稚園の先生か保育士になりたいと思ってました。子供とはすぐ仲良くなれますし、マンションの下の階のコとも仲良しです(笑)。

――マンションの住人と仲良くなるってすごい!

松井 私も初めてで(笑)。よく会うコで、声をかけてくれることがだんだん増えて。そのコのお母さんとも仲良くさせてもらってるんですけど、お母さんがご飯の用意をしているときに私たちは近所の公園で追いかけっこしてます(笑)。

_P1A4449.jpg

――保育士役はもちろん、お母さん役もバッチリですね。まだ23歳ですが、結婚願望ってあります?

松井 あります。やっぱり子供が大好きなので、そんなに遅くならないうちに結婚できたらいいなと思ってます。ドラマで保育士さんの役はやったことがあるんですけど、お母さん役もいつかはやってみたいですね。

――ありがとうございました。最後に、本格的に夏も到来ということで、この夏にやりたいことを教えてください!

松井 海外に行きたかったんですけどしばらくムリそうなので、ちょっと落ち着いたら国内旅行でもどこか行きたいですね。海よりも山派なので、自然豊かなところに行ってゆっくり過ごしたいなって思ってます。

――夏といえば、海とかプールじゃないんですね。

松井 どっちも行かないですね。水着になるのが恥ずかしいですし、プライベートでは行った記憶がないです。インドアなので、そういうイベントっぽい場所は苦手で......。暑いのもイヤなので、夏は家に引きこもっていたいです(笑)。

でも最近、やっと人と会えるようになって改めて楽しいなと感じたので、今年の夏はバーベキューくらいしたいかなって思ってます。

_P1A4434.jpg

■松井愛莉(まつい・あいり)
1996年12月26日生まれ 福島県出身 身長170cm
○09年、『nicola』モデルオーディションでグランプリを受賞し、専属モデルデビュー。結婚情報誌『ゼクシィ』6代目CMガール、「第92回全国高校サッカー選手権大会」応援マネージャー起用などで注目を集める。2014年〜『Ray』専属モデルを務め、モデルや女優と幅広く活躍。『沼にハマってきいてみた』(NHK Eテレ)レギュラー出演中。
公式Instagram【@airi1226_official】

■映画『癒しのこころみ〜自分を好きになる方法〜』7月3日(金)よりシネ・リーブル池袋他全国ロードショー
https://iyashimovie.com/

取材・文/釣本知子 撮影/鈴木大喜

関連記事(外部サイト)