「海外アーティストと日本は対照的」なチケット高額転売問題をホリエモン×ひろゆきが考える

「海外アーティストと日本は対照的」なチケット高額転売問題をホリエモン×ひろゆきが考える

海外では、高額のプレミア席を用意してそれが大きな収益源になっていたりするが…

近年、問題となっているライブチケットなどの高額転売。

ついにプロモーター側が反対表明を発表したが、それについて『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた!なんかヘンだよね」で、“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏は、海外アーティストとは対照的な日本のチケット販売のあり方について議論する。

* * *

ひろ ここ数年、人気アーティストのライブチケットなどが高額で転売されることが問題になっていますよね。で、ついにプロモーターやチケット販売会社側が動き出して、反対表明を出しましたけど、あれってどう思います?

ホリ 「私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します」って新聞広告とかに出してたやつでしょ。あんな宣言出しても意味ないし、そもそも対応が遅すぎるよ。高額転売の問題はかなり前からあったのに、大した対策もしてこなかった自分たちが悪いと思う。

ひろ 例えば、韓国の人気グループ「少女時代」って、チケットとスマホをヒモづけて転売できなくする工夫をしてますけど、反対表明をするよりも、そういう努力をしたほうがいいんじゃないですかね。

ホリ 海外のアーティストは日本とは対照的だよね。高額のプレミア席を用意していて、それが大きな収益源になってたりする。例えば、ステージの目の前にめちゃめちゃいい席やボックス席が用意されていて、コンサートが終わった後にアーティストと握手できたり、ツーショット写真が撮れたり、アフターパーティに出られるチケットとかが売られている。

ひろ ポール・マッカートニーの日本公演でも10万円の席とかありましたよね。

ホリ そうそう。なかには30万円とかするチケットもあるけど人気らしいよ。EDM(エレクトロニックダンスミュージック)の大型フェス「ウルトラジャパン」も超VIP席は100万円近くするけど、お金持ちが喜んで買ってるよ。

ひろ 100万円だと「バカ高い」って思う人がほとんどでしょうけど、売れてるってことは、その値段の価値があると思っている人がいるということですよね。

ホリ うん。だから、日本でもやればいいんだよ。でも、日本人はそういうのをいやがる傾向があるのかもね。例えば、「ファンクラブに入ってる若いコたちに、これ以上お金を使わせたくない」とかいう理由を並べたりして。

ひろ 日本でやらないのは、チケットの販売会社とかが「儲(もう)けてる感を出したくない」ってのもあるんじゃないですかね?

ホリ かもね。

ひろ だったら、ファンクラブの未成年だけ割引するとか、ファンクラブ以外のお客さんでも学割を適用するとかは簡単にできますよね。あと、さっきの少女時代の電子チケット方式だと「スマホを持っていないコもいるから、平等性を保つために導入しない」という理由もありますが、それって相当アホな反論ですよ。

ホリ 実際、きゃりーぱみゅぱみゅとか世界的ギタリストのMIYAVIは、海外公演のときにプレミアチケットを売ってたりするんだよ。つまり、世界で活躍する人たちはやらざるをえないってことなんだよ。

ひろ そうですよね。

★後編⇒『ホリエモン×ひろゆきが考える「ダフ屋以外のみんながハッピーになる」チケット販売法』

(構成/杉原光徳 加藤純平 撮影/柚木大介 イラスト/西アズナブル)

関連記事(外部サイト)