サンズエンタテインメント・野田義治会長が語る俺のグラビア愛「グラビアはタレントの第一ステップ」

IMG_1108.jpg
グラビアを愛してやまない各界の著名人たちが、自身のグラビア観を語るとともに、お気に入りのデジタル写真集5作品を挙げてもらうインタビューシリーズ、『俺のグラビア愛』。

8月18日(火)まで開催している『週刊プレイボーイ』公式デジタルコンテンツサイト『週プレ グラジャパ!』の「夏の6周年記念キャンペーン」スペシャルコンテンツとして、全4回を定期配信中だ。

第2回は、かとうれいこ、小池栄子、MEGUMIなどを手がけ、巨乳ブームを巻き起こしたサンズエンタテインメントの野田義治会長。グラビア界のご意見番でもある彼がピックアップした5作品とは?

***

――野田会長は、普段、デジタル写真集をご覧になります?

野田 そんなに見ないですね。紙のはたまに見たりするけど。いま、いろんなところがやってるでしょ。だから点数が多くてチェックしきれないってのもあるよね。

――水着写真集を家に置いておけない人とか、人目を気にして水着を見られない人は、デジタルだと重宝する、なんて聞きますけど。

野田 なるほど。でも、それを言えば俺はどちらでもないかな。どこでだってグラビアを堂々と見られるし。あ、でも昔、電車の中でヌードグラビアを見てたら、変態扱いされたことがあったなぁ。あははは。

――豪快というか。さすがです(笑)。

野田 でもデジタル写真集は、今後さらに増えていくだろうね。それにあわせて、グラビアが盛り上がっていけばいいと思いますよ。

――心強いお言葉です。さて今回は、グラジャパ!から5冊を選んでいただきましたが、どんなコンセプトで?

野田 グラビア界を引っ張って欲しい女のコですね。中には最近グラビアをあまりやらなくなったコもいるけど、やっぱり魅力的だと思うし、まだまだ魅せてグラビアに元気を与えて欲しいなって。

もちろん事務所のやり方もあるわけだけど、彼女たち自身グラビアを通じて学べるものはまだあると思うし。

――確かにグラビアをもっと見たい女のコばかりです。でも会長の事務所サンズさんの女のコがいないですけど、いいんですか?

野田 本当は入れたい気持ちもあるけど(笑)、入れるなら全部そうしたくなるし、ちょっといやらしくなっちゃうんで今回はいいかな。純粋に自分が気になってる女のコってことで。

――あと全員が全員、胸が大きくはないですよね。野田会長といえば手掛けたタレントさんは「巨乳」ばかり。「巨乳」が好きなイメージがあるので、ちょっと意外です。

野田 いやいや、もともと俺は胸が大きいことにこだわってないから(笑)。俺のところに来るコだって、みんな、最初は恥ずかしがって胸が目立たない格好してくるからね。それで大きいかどうかなんてわからないよ。「巨乳」ばかりだなんてたまたまですよ。

――野田会長は女のコを胸でスカウトするなんて話を今も聞きますが、それは都市伝説だと。

野田 そうですよ(笑)。でも、胸が大きければそれを個性にできる。だから売り出すにあたっては「顔」と「特技、才能」、それに「大きな胸」の三つ巴で考えていったわけ。

でも、胸が大きいのって実は大変なんだから。決して体のバランスがいいわけじゃないからグラビアでもなんでも見せ方に気を使うし、あと昔は、下着とか水着も大きいサイズのものはあまり売ってなかったから。俺もよく探しに行きましたよ。昔、109で「変態!」って言われたこともあるし。

いや〜、俺、昔から何度も変態扱いされたよな(苦笑)。

IMG_1081.jpg

――よく聞かれると思うんですが、会長が思われるグラビアで人気が出る女のコの特徴とは?

野田 やっぱり一番は、しゃべれる女のコですね。

――しゃべり!? グラビアには写らないと思うんですけど......。

野田 売れるには頭の回転がよくて、場の空気をしっかりと読めるのが大事なんだよね。それでいて、何があっても「1+1=2」なんて絶対に言わない。しゃべりにはそれが明確にあらわれる。

しゃべりがしっかりしてるコは、カメラマンの求める表情をしっかり出せるし、スタッフはもちろん読者が思う以上の姿を見せてくれるんですよね。

――確かに会長が手がけた、小池栄子さんもMEGUMIさんも、それこそ元祖グラビア出身のバラドル、山田まりやさんも、TVに登場時は見事なトークを披露されていましたよね。

野田 ルックスだけで売れるなんてのは大昔はともかく、絶対にないんですよ。今は余計にそうでしょ。とはいえ、そういうのって決して計算してやれるわけでもないから、なかなか教えてできるものじゃないんですけどね。そのコが育ってきた環境や出会ってきた人など、いろんなことが混ざって培われるものというか。

――会長が思われる、グラビアの面白さとは?

野田 昔は、誌面を真下から見て、スカートの中が覗けそうなのがいいグラビアだなんて言って(笑)、よくそういうのを探し出したりしてたけど、う〜ん......どうだろう。やっぱり、グラビアは作り手側の目で見ちゃうんですよね。

だから「この写真、女のコはノッてないんじゃないか?」とか「カメラマンはどんな風に場を盛り上げたのかな?」とか「編集者はこのコをどんな風に口説いたのかな」とか、そういう裏側から見るのが面白いですね。長年、仕事してきて、グラビアには特にスタッフたちのいろんなの想いが詰まってることを知ってるから。

――これは皆さんに聞いてるんですけど、最後に野田会長にとって、グラビアとは?

野田 僕にとってはやっぱりタレントを作る第一ステップです。女のコが自分のことを見つめる機会になって、表情とか見せ方を勉強させてもらえる。それがちゃんとできればお芝居やバラエティにだって対処できるわけですから。

それにスタッフと話しているすうち考えもしっかりしてくるし、キレイになっていく。もちろん撮影したいと思ってもらえる女のコを見つけ出さないといけないけど、僕らからしたら本当にありがたいです。いつの時代もグラビアはタレントが生まれる最初の場所なんですよね。

【野田義治が選ぶ「俺のデジタル! ベスト5」】

大原優乃.jpg
大原優乃写真集「吐息」
撮影/桑島智輝
「気取らず、愛嬌があるのがいいですよね。胸も十分にあるし、見ていると近所の女のコに会うみたいに妙に和む存在です。見て思うのは、グラビアに登場する度にキレイになっていること。だから毎回『次はどうなるんだろう?』ってワクワクして次が気になっちゃう。この写真集は昨年出たセカンド写真集。通過点だけど魅力十分な彼女を楽しめます。今後も変わっていく姿を楽しみにしたいですね」

井口綾子.jpg
【デジタル限定】井口綾子写真集「バカンス」 
撮影/熊谷 貫
「清潔感があって、ナチュラルな女のコですね。男性からも女性からも愛される。グラビアも楽しんでやってるようで見ていてうれしくなる。これは彼女のファースト写真集。豊満な胸をわかりやすく見せたり、愛らしさを打ち出したり、彼女の魅力を伝えようとするスタッフたちの愛情が伝わってきます。ちなみに個人的には情報番組のレポーターやアシスタントなんてぴったりな気がするけど、どうですかね」

小宮有紗.jpg
小宮有紗写真集「Majestic」
撮影/熊谷 貫
「このコはとにかく顔がいいですよね。一見、ハーフでお人形さんみたい。特に意思の強そうな目元がすごく印象に残ります。驚いたのは彼女が声優なこと。声優でグラビアをやるってのは、ファン層が異なるから、なかなかできないことなんですよ。その垣根を越えて、その上すごく楽しそうにグラビアをやってる。並の器じゃないことを感じます。今後の展開が読めないだけに、楽しみな存在です」

井桁弘恵.jpg
【デジタル限定】井桁弘恵「いげちゃん」
撮影/笠井爾示
「彼女のことは前々から気になってたんですよ。7年前にミスティーン・ジャパンってコンテストで賞を獲ったんだけど、俺もその会場にいて。背が高くてエキゾチックな顔つき、しかも聡明さもある。すごくいいなって。でもまさかグラビアをやるとは思わなかった。週プレで見て驚きました。見て思うのは表情の豊かさ。一枚一枚、すべて違っていて見ていて楽しい。『仮面ライダー』への出演を機に忙しくなりそうだけどまだまだ見せて欲しいですね」

馬場ふみか.jpg
馬場ふみか写真集「色っぽよ」
撮影/熊谷 貫
「彼女を週プレで最初に見たとき、編集部に電話したんですよ。『あのコ、何者?』って。それくらいインパクトがあったんですよ。俺はよく『グラビアは胸から上が顔」』っていうんですけど、彼女はまさにそのタイプ。親しみやすい表情と圧倒的すぎる胸。それですべて語れる。グラビアの被写体としては理想じゃないですかね。でも最近グラビアは激減してるんでしょ? もったいない! モデルをやってグラビアをやる新しいタイプの女性の代表格でもあるし、やって欲しいよね。業界をあげてお願いしたいところですよ」

IMG_1137.jpg

野田義治(のだ・よしはる)
サンズエンタテインメント会長。1946年広島県生まれ。芸能プロのマネージャーを経て、1980年にイエローキャブを設立。故・堀江しのぶ、かとうれいこ、細川ふみえ、雛形あきこ、山田まりや、小池栄子、佐藤江梨子、MEGUMI、根本はるみなどを手掛け、また全員が胸が大きかったことから「巨乳」ブームを生み出す。当時よりグラビア界を引っ張りつづけ、TVなどにも出演している。

取材・文/大野智己 撮影/関根弘康

関連記事(外部サイト)