『テセウスの船』出演女優・芦名 星が10年ぶりに週プレ登場「身にまとう服とその下に着ける下着で、合わせてトータルコーディネート」

芦名星.jpg

ドラマ『テセウスの船』『相棒』など話題作への出演が続く女優・芦名 星(あしな・せい)が魅せる新境地――。

約10年ぶりに登場した9月14日(月)発売『週刊プレイボーイ39・40合併号』のグラビアでは、磨かれ研ぎ澄まされた美ボディを披露。

下着を意識しながら撮影に臨んだという彼女の、下着へのこだわりと撮影秘話などを聞いた。

* * *

■下着が好きなんだって再認識しました(笑)

――およそ10年ぶりの週プレ登場。撮影はいかがでしたか?

芦名 もともと下着が好きで、下着を着て写真を撮られるお仕事はやりたかったので、終始ノリノリだったと思います。下着は、女性がいちばん自分の美しい姿を見せられるものだと思っていて。その姿へ自分が向かっていけることに、ワクワクもしていました。

――下着が好きなのはいつから?

芦名 それこそ、高校生くらいからこだわっていたと思います。実際にお店に行ってからかわいい下着を探すのではなく、先に頭の中で「こういう下着が欲しい」っていうのをイメージしてから探しに行ったり。

友達には、自分が着てもらいたい下着をプレゼントすることが多いです。このコはこういう下着が似合うだろうなっていうのが、すぐに思い浮かぶので。

――ある意味、特殊能力ですね。

芦名 私の中では、下着もファッションの一部っていう感覚なんですよね。身にまとう服とその下につける下着で、合わせてトータルコーディネート。だから、できるだけいつも着る服に合った下着を選ぶようにしているし、下着を先に決めてから、それに合った服を選ぶことも全然あります。

――撮影中はどんなことを考えていましたか?

芦名 自分の中でどうすれば着こなせるかをイメージしながら撮影に臨みました。グレーの下着だったら海外の女性が飾らずサラッと着ているイメージだったり、黒の下着だったらファッションっぽくカッコよくキメるイメージだったり。私はやっぱり下着が好きなんだって、再認識しました(笑)。

――最終的にはそこに落ち着くんですね(笑)。

芦名 撮影中も楽しかったんですけど、撮影当日までストイックにダンスや筋トレをして体を締めていく時間もたまらなく楽しくて、どんどんモチベーションが上がっていきました。最近取り入れるようになったダンスはレゲエ。腰を使う動きが多いので、ウエストがギュッと引き締まるんですよ。

――撮影中には、虫を怖がる一面が垣間見えましたが......。

芦名 虫は、オバケより苦手かもしれないです。キャンプやバーベキューなど、自分のテリトリーではない所にいる虫は大丈夫なんですよ。心構えができているから。でも、今日の撮影のような自分の空間に入ってくる虫は、見ただけで鳥肌が立っちゃう(笑)。

――虫が苦手なのにキャンプやバーベキューに行くんですね。

芦名 意外とアウトドアなので。ダンスに限らず体を動かすことが好きだし、ふいに1週間くらい車で日本を旅したり。"とりあえずなんでもやってみよう"精神は、昔から変わらずあります。

――苦手だなって思うことでも?

芦名 はい。それこそ先日、同じ事務所の井上咲楽ちゃんに、ひょんなことから食用の昆虫をもらったんですよ。ミルワームとコオロギとオケラ。これも経験だと思って、全部食べました!

――まさかハマりました?

芦名 いや、もうこれ以上は大丈夫かな(笑)。

――今いちばんやってみたいと思うことはなんですか?

芦名 いっぱいありすぎて悩みます。ドラムもやりたいし、アクションのお芝居もやりたい。それに最近は、日本酒も勉強中です。一度やり始めるととことん突き詰めたい人で、例えばネイルは10年以上ずっと自分でやっているんですよ。

あとは手紙を書くことも好きで、お礼状なんかは絶対に手書きにしていて。便箋も和紙から選んだりします。

――「もっとこういう写真を撮られたい」みたいな願望もある?

芦名 あります。まだまだ着てみたい下着がいっぱいあるし、下着を着て撮影されたいシチュエーションもたくさんあって。例えば、太陽の下でカッコよく下着姿のままたたずんでいるとか。女性としての美しさとカッコよさが共存した写真を撮られたいですね。

(スタイリング/後藤仁子 ヘア&メイク/板倉タクマ[nude.])

●芦名 星(あしな・せい) 
11月22日生まれ 福島県出身 身長165cm 血液型=O型 
○主な出演作はドラマ『相棒』『テセウスの船』、映画『検察側の罪人』『AI崩壊』など。最新情報は所属事務所公式ホームページで

取材・文/筒井優太 撮影/アンディ・チャオ

関連記事(外部サイト)