アイドルグループ「真っ白なキャンバス」の小野寺梓が自身のデジタル写真集を語る「自分的にはアイドル=グラビアのイメージ。なので水着グラビアへの憧れは自然でした」

onodera03.jpg

"白キャン"こと、アイドルグループ「真っ白なキャンバス」の小野寺梓(おのでら・あずさ)さんが、『週刊プレイボーイ』公式YouTubeチャンネルの新番組「デジタル写真集、本人が語ってみた!」に登場した。

「デジタル写真集、本人が語ってみた!」は、女優、タレント、モデル、アイドルたちが登場し、自身のデジタル写真集からお気に入りの3枚を選び、撮影エピソードを交えながらその内容を紹介するプログラム。小野寺さんは、10月2日(金)に発売されたばかりの自身のデジタル写真集『ALL WHITE』について語っている。

このインタビューでは動画では収録しきれなかった、グラビアへの想いやデジタル写真集の見られ方などについて聞いている。

***

――普段はアイドルグループ「真っ白なキャンバス」で活動する小野寺さんですが、もともとグラビアが好きだったそうですね。

小野寺 はい。小さい頃からアイドルが好きだったんですけど、みんなグラビアやってて。それがどれもすごくかわいいし、いつの間にか好きになりました。

――具体的にはどんなアイドルのグラビアを?

小野寺 AKB48さんですね。特に柏木由紀さんのグラビアが好きでした。あとは高橋朱里さん、みるきー(渡辺美優紀)さんとか。

毎年、総選挙の後に全員がいろんな色の水着を着て出る本(『AKB48総選挙!水着サプライズ発表』)がありましたよね。あれがすごく好きで何度も見ていて。自分もアイドルになって、いつか水着グラビアをやりたいってずっと思っていました。

――「真っ白なキャンバス」って正統派アイドルでしょ。しかも小野寺さんって、知らない人が見たらおとなしそうに映って、水着になりたいなんて思わなそうですけど。

小野寺 そうですかね(苦笑)。確かに正統派に限らず、最近は水着をやらないアイドルもいますよね。でも私が憧れていたアイドルはやってたから、自分的には「アイドル=水着」のイメージ。なので水着グラビアへの憧れは自然でした。

――今回、紹介してくれる『ALL WHITE』は、小野寺さんの初めてのグラビアのアザーカットでつくったデジタル写真集です。グラビアの話が来た時はどうだったんですか?

小野寺 ものすごくうれしかったです。「イエーイ!」って言っちゃいました(笑)。

じつはそれまでプロデューサーに「グラビアやりたいです」って何度も話してたんです。でもなかなか難しくて。今回、アイドルとしての夢をひとつ叶えられました。

onodera01.jpg

――実際に撮影現場に入って、どうでした?

小野寺 夢のようでしたね。自分のためにたくさん衣装を用意してくれて、かわいいメイクをしてくれる。あと差し入れのお菓子も美味しくて(笑)。なんだかお姫様になった気分。

もちろんすごくキレイに撮ってくれるし。何から何まで感激しちゃいました。

――恥ずかしいとは思わなかった?

小野寺 それはやっぱり......恥ずかしかったです。普段着ているグループの衣装は露出がないんです。なのに水着ですから(笑)。

しかも私、ビキニなんて初めてで。あと撮影中、どう動けばいいかわからなかったので緊張もすごくて。恥ずかしさと戸惑いで、頭の中はいっぱいでした。

――なるほど。でも、その複雑な心情が入り混じっているのが初々しくてまたいいんですよね。今回、動画ではお気に入りの3枚を紹介してもらいましたが、選んだ基準は?

小野寺 パッと見て、キレイだと思ったものを素直に選びました。「白いキャンバス」は、英語で「ピュアホワイト」と呼ぶんです。今回、そのイメージで白いセットに白い衣装で撮っていただいて。どの写真も本当に素敵なんですけど、この3枚は特にいいなと思ったものです。

撮影/細居幸次郎

――なるほど。どれもまさにピュアな感じがしてキレイですね。それにしても小野寺さんはすらりとしていて、スタイルが見事です。

小野寺 うふふふ。ありがとうございます。撮影前に食事制限と腹筋をたくさんやったんです(笑)。自分でも頑張ったなって思います。

――自分のチャームポイントは?

小野寺 脚です。今まで自分のパーツの中で褒められた回数はダントツで、じつはグループの中でスカートの丈も私が一番短いんです。なので脚はちょっとだけ自信があります。グラビアでもぜひ注目して欲しいです。

――これは皆さんによく聞くんですが、デジタル写真集はスマホやタブレットでどこでも見られますよね。小野寺さんは自分のをどこで見て欲しいですか?

小野寺 学校と職場です!(即答)

――それはなぜ?

小野寺 友達とか会社の同僚に見せて欲しくて。「見てよ! 俺の推し!」って布教して欲しいです(笑)。

――今回のグラビア、本当に満足してるんですね。

小野寺 言葉では言い表せないほどお気に入りです。そういえば、グラビアに出て一番うれしかったのはファンの方の反応なんです。「週プレ買ったよ」「デジタル見たよ」「週プレの読者アンケートはがきを書いたよ」ってうれしいメッセージがたくさん届いて。

出る前はイヤがる人がいるかなって不安もちょっとあったんですけど、そんなことはなくて、それどころか大勢の方が普段からたくさん応援してくださってるんだなってすごく実感しました。グラビアを通じて、アイドルとしてもっと頑張らなきゃって強く思ったんです。

onodera02.jpg

■小野寺梓(おのでら・あずさ)
8月8日生まれ 秋田県出身 身長163cm 血液型=O型 
○アイドルグループ「真っ白なキャンバス」のメンバー。今年3月にキングレコードよりメジャーデビュー。11月18日(水)にZepp DiverCity Tokyoにて、真っ白なキャンバス 3周年記念ライブ「君と生きる」を開催予定。
公式Twitter【@azusa_shirokyan】 
公式Instagram【@onoderaco】

取材・文/大野智己 撮影/関根弘康

関連記事(外部サイト)