松永有紗&早乙女ゆうが高校卒業で「今」しか撮れないメモリアルなグラビアを披露!

松永有紗&早乙女ゆうが高校卒業で「今」しか撮れないメモリアルなグラビアを披露!

今春、めでたく高校を卒業した松永有紗と早乙女ゆう

期待の次世代女優として注目を集め、2代目「週プレ3姉妹」としても人気の高い松永有紗と早乙女ゆうが今春、めでたく高校を卒業! その記念グラビアが発売中の『週刊プレイボーイ』15号に同時掲載され、話題を呼んでいる。

松永は「青春の記憶」と題し、高校卒業後に母校を訪れるイメージで少女から大人の女性に移り変わりつつある様を撮影。早乙女は「卒業」のタイトルの下、制服姿や水着姿を海辺やプールサイドなどで撮影。大人っぽい表情も織り交ぜつつ、等身大の彼女を捉えている。

ともに、ふたりの美しさと可憐さが見事に描かれた「今」しか撮れないグラビアーーそこで今回はそれぞれの撮影裏話から高校生活の思い出、また「週プレ3姉妹」への思いを対談で伸び伸びと語ってもらった!

―まずは松永さん。今回の撮影で印象に残ったことはあります?

松永 いつも制服の衣装があったんですけど、今回はそれがなかったことですね。それと週プレさんでは初めて学校で撮影しました。

早乙女 卒業後に母校を訪れたみたいなイメージ?

松永 うん。週プレさんの撮影は毎回、佐藤佑一さんに撮っていただいたんです。だから高校生活をずっと見守っていただいてた気になりました。

―特に好きなカットはある?

松永 今回、全部好きです。どれもキレイに撮っていただきました。

―早乙女さんはどれが好きですか?

早乙女 白い水着を着た横顔のカットです。すごい美少女ですよね。でも、ありちゃんって普段めっちゃ抜けてるんです(笑)。それを知ってるだけにギャップがたまらなくて。

松永 確かに、話さなければいいのにって、よく言われます。

―やっぱり(笑)。早乙女さんは今回のグラビアはどうでした?

早乙女 私は逆に制服をがっつり着ましたね。中学の卒業かって言われたけど(苦笑)。撮影中、めっちゃはしゃぎましたよ。

―海辺で走ったり、プールサイドでくつろいだり、最後の高校生活って感じで元気いっぱいです。

早乙女 でもすごく寒かったんですよ。で、プールサイドの時は「ちょっと(水に)入ってみる?」みたいな恐ろしい空気になって。足を入れたらあまりの冷たさに「うぉっ!」みたいな(笑)。

松永 あははは。足の先が赤くなってるよ!



























―松永さんは早乙女さんのどのカットが好きですか?

松永 チェックの水着姿で前屈みになってるカットですね。髪もパラッと顔にかかって色っぽいし。

早乙女 嬉しい! 私もそれが一番好きかな。

松永 ゆうちゃんはクールな感じ、似合うよね。こういうカットはすごくドキッとしちゃう。

早乙女 実は全然クールじゃないけどね。でも無口に見られるみたいで、初対面の人は私が喋ると「ん?」って、表情が変わっちゃう。その反応が私はまた面白いんだけど(笑)。

―おふたりとも先日、高校を卒業しましたが、今はどんな心境?

松永 普段、友達とLINEしたり、会ったりもしてるから卒業自体、まだ実感がないですね。

早乙女 私も気づいたら卒業してたって感じ。でも高校生って肩書きがないのは、やっぱり少しだけ不安かも。

松永 うん。学生だから許されるみたいな感じはもうないもんね。これからは自分でしっかり考えて行動しなきゃってすごく思うし。

―それぞれの高校の思い出というと?

松永 私は毎日通えたわけじゃないんで、なんでもない日常が全部思い出ですね。友達とお弁当食べたり、購買ダッシュしたり(笑)。

早乙女 した、した(笑)!

松永 あと3年生の文化祭もいい思い出です。段ボールの動物にボールを入れて遊ぶアトラクションをみんなで作ったんですけど、私たちの教室って一番上の階の一番端だから人が全然来なくて。結局、自分たちで遊んで、2日目には壊れちゃって(笑)。

―みんな仲良しだったんですね。

松永 先生に動物園って呼ばれるほど、賑やかで仲よかったです。

早乙女 私の学校は毎年、10日間の宿泊行事があるんです。長野県の小屋に行って親睦を深めるみたいな。それは楽しかったかな。

松永 10日間って長いね〜!

早乙女 で、夜、みんな集まってきて、オールしようぜとかいうんですけど、言い出したコほど先に「寝落ち」するみたいな。まぁ自分がそういうタイプだったんですけど(笑)。



























―ふたりともグラビアから想像つかないほど高校生らしいですね。どちらも可愛いし、学校ではかなりモテたのでは?

早乙女 なかったなー。

―早乙女さんはしっかりしてるし、後輩にモテたんじゃないです?

早乙女 後輩にも男のコの友達はいましたけどね。でも、私は年上が好きなんで。

―じゃあ、先輩とか。

早乙女 いやいや〜。年上でもひとつとかふたつだとダメなんですよ(笑)。だから、どっちにしても恋愛感情みたいな気持ちにはならなかったですね。

―難しい人ですね(笑)。松永さんは?

松永 男子自体が少なかったんで、そういうのはなかったです。みんなからは男友達として見られてました。

―誕生日に男のコにプレゼントもらったりとかは?

松永 ありの誕生日が夏休みなんです。だから学校の友達とは会わないんで。

早乙女 私はテスト直前…。

―寂しい〜(苦笑)。普通はディズニーデートとかするでしょ?

早乙女 いいですよね〜。制服着て一緒に行きたかったな!

松永 友達を見て楽しそうって思ったけど、私はいいかなって。













―サバサバしてますね〜。ふたりは2代目「週プレ3姉妹」としても本誌に出ていただいてますけど、次にどんなところへグラビアを撮りにいきたいとかありますか。

松永 絶叫系に乗って撮影したいですね。初代の方々(柳ゆり菜、山地まり、久松郁実)が遊園地で撮ってたんで、自分たちもそれは是非やって見たいです。

早乙女 前にそういう話をしたら、なーぽん(浅川梨奈)は苦手だって言ってたけど、みんなで楽しめたらいいよね。

―普通のグラビア撮影とも違って、完全に素で楽しんでますよね。

早乙女 そうですね。年がほぼ同じでみんなサバサバしてるから、一緒にいて気をつかわず楽しいし、撮影でもカメラを気にしなくていいって言われるし。完全に仕事の意識じゃないですよね(笑)。タイに行った時なんて、本当に修学旅行みたいだったし。

松永 現場でカメラマンさんを先生って呼んでたよね(笑)。最初の撮影も寒かったけど楽しかったし、言っちゃえば、この3人なら別にロケ先はどこでも楽しいし。こだわりはないですね。

早乙女 ってことで、結論はどこでもいいと。ま、できれば暖かいところにしてほしいけど(笑)。

―では最後に、高校卒業後の目標は?

松永 私は芸能界一本でいくので、今後はお芝居のお仕事の幅を広げたいです! 特に制服を着れるうちに学園ドラマに出たいです。

早乙女 映画の勉強をしに大学にいくんですけど、そこで学んだことを生かしつつ、是非映画に出たいですね。

―例えば、どんな役を?

早乙女 私はあんまり王道の恋愛作品とかってキャラ的にハマらない気がするので、ドロドロしてる役をやりたいです。で、最終的には阿部サダヲさんに会いたいです!

―長年の悲願ですもんね。浅川さんも活躍してるし、今年は女優として3人で共演できたらいいですね。

松永 そうそう。グラビア以外でも3人一緒にお仕事したいですよね。

早乙女 そういう言い方をすると「営業で仲良くしてる」とか噂されちゃうよ(笑)。でも3人が成長していく姿を、これからもいろんな方に見守っていただきたいですね。

松永有紗と早乙女ゆうグラビアは『週刊プレイボーイ』15号(3月27日発売)に掲載!

(取材・文/大野智己 撮影/佐藤佑一[松永]、撮影/舞山秀一[早乙女] 取材撮影/武田敏将)

■松永有紗(MATSUNAGA ARISA)






1998年8月8日生まれ 東京都出身 身長160p B78 W57 H82 資格=日本バトントワリング協会全国共通技能検定1級 特技=スポーツ全般 ○「2代目週プレ3姉妹」の長女! CMではJR東日本「変革の歴史」篇、KAGOME「野菜生活・お弁当」篇に出演中。最新情報はホームページにて。https://arisa-matsunaga.officialsite.co/オフィシャルTwitter【@arisa88_fitone】

■早乙女ゆう(SAOTOME YU)






1999年2月27日生まれ 東京都出身 身長153p 血液型=O型 ○6人のカメラマンによる「早乙女ゆう写真展」が3月27日〜4月2日まで東京・下北沢バロンデッセギャラリーにて開催。公式Twitter【@saotome_yu】

関連記事(外部サイト)