20歳の新星、補聴器をつけた天使・我妻ゆりか「補聴器をつけていても、夢は諦めなくてもいい。それを伝えていきたいです」

我妻ゆりか01.jpg

生まれつきの感音性難聴により、補聴器をつけながら芸能活動をしている我妻(わがつま)ゆりかちゃんが、11月2日(月)発売『週刊プレイボーイ46号』のグラビアに登場。

人懐っこくて、明るく元気。そして、ポテンシャルもかなり高い!!

* * *

■孤立していた暗黒の小学校時代

――いつから補聴器をつけているんですか?

我妻 幼稚園の年少のときからです。出欠確認で名前を呼ばれても反応がなく、病院に行ったら聞こえていないってなったらしいです。感音性難聴でした。これは、自分の耳に入ってくる言葉を正確に声に出すのは難しいみたいで、そこから発音の仕方や舌の動かし方を習う教室にも通い始めました。

――大変そうだねぇ。

我妻 同じような子が集まる教室だったので、楽しかったですよ。みんなと違うんだって感じたのは、小学校高学年の頃。

クラスメイトから話しかけられたとき、聞き取れなくて何度も聞き返していたら、イライラされることが増えていって......孤立していたように感じていました。あの頃はつらかったなぁ。本当につらかった。

――いやだった授業もあった?

我妻 音楽の授業ですね。音楽自体は好きなんですけど、みんなの前で歌わされるじゃないですか。私が歌いたくないってどれだけ言っても、先生に「練習していないだけでしょ」って怒られたりして。

そういうつらさを誰にも言えなかったですし、言ったとしても変わるとは思っていなかったし、たぶん言っても変わらなかったと思う。 

――つらい小学校時代だったねぇ。

我妻 だから、中学校に入ったときに変わろうと思って。入学してすぐの自己紹介で、超明るく、大きな声で話したんです。そうしたら、自分の机の周りに女の子がめちゃくちゃ集まってきてくれて、初めてそこで友達っていうものを感じられたんです。

ただ、当時は補聴器は人に見せるものじゃない、恥ずかしいものだと思っていたから、ずっと髪の毛で隠していましたね。人と違うことで避けられるんだったら、見られたくない、見せたくないって思っていたんです。でも、友達に恵まれて、学校生活はすごく楽しかった。

――好きな男の子はいたの?

我妻 いました〜! 入学したばかりの頃、ふたつ上の男の先輩に「かわいい」って言われたんですよ。それがうれしくて、そのまま好きになっちゃいました。先輩が卒業するときに告白して、制服の第2ボタンをもらいました。

――青春だね。高校生活は?

我妻 みんなが愛してくれて、友達もたくさんできました。小学校のときと違うのは、ひとりでいても孤立感がなかったこと。素直に自分を出せていたと思います。

――高校の思い出は?

我妻 高1の夏までバレーボール部のマネジャーをしていたんですが、どうしてもアルバイトをしてみたくて、部活をやめて居酒屋で働き始めたんです。それまで学校の中が私のすべてでしたけど、バイト先では会社員の方や地元の人たちと関わることができて世界が一気に広がりました。

衛生上、髪の毛を結ばなきゃいけなくて、補聴器が見えていたんですが、逆にそれがよかったのかなって思っています。ん?って聞き返しても、誰もイライラしなくて、皆さん優しく対応してくれたから。

――芸能活動はいつから?

我妻 高3くらいから写真を撮られるのが好きになり、被写体モデルをやっていたんです。写真だったら補聴器なんて関係なく、私を見てもらえるって思って。SNSも開設して、撮影会にも出るようになりました。そうしたら、ゼロイチファミリアの方とお話しする機会があって。ただ当時、芸能界には興味がなかったんですよ。

というのも、小さい頃、キラキラした世界に憧れていたんですけど、テレビを見ると誰も補聴器をつけている人はいない。私には無理だって諦めていたんですよね。そんな私に、補聴器をつけていたってできないことはない、夢に挑戦していこうと言われて、高校卒業後に所属する決心をしたんです。

今後は、この世界で頑張って、夢は諦めなくてもいいんだっていうのを伝えたいです。だから、もっともっと活躍していきたいですね。

(スタイリング/伊井田礼子 ヘア&メイク/エノモトマサノリ)

●我妻ゆりか 
2000年5月15日生まれ 千葉県出身 
身長161cm B86 W62 H89 
○ゼロイチファミリア所属。生まれつき感音性難聴で、両耳に補聴器をつけながら芸能活動を行なっている。最新DVD『好きになってもいいですか?』(ICONIC)が発売中! 
公式Twitter【@yurikatsupa】 
公式Instagram【@wagatsuma_yurika】

取材・文/高篠友一 撮影/LUCKMAN

関連記事(外部サイト)

×