水着でも大金星! 相撲が大好きすぎると評判の“スー女”山根千佳 「一緒に相撲を取ってくれる男性がいいですね」

水着でも大金星! 相撲が大好きすぎると評判の“スー女”山根千佳 「一緒に相撲を取ってくれる男性がいいですね」

「スー女」の代表格として俄然、注目を集めている山根千佳

最近、急増している相撲好き女子こと「スー女」。その代表格として俄然、注目を集めているのが山根千佳だ。

彼女はタレントとして活躍する21歳で、2012年度「第37回ホリプロタレントスカウトキャラバン」ファイナリストに選ばれ、翌年に芸能界デビュー。相撲好きの家庭出身で、その類い稀な(?)知識をいかし、数々の相撲番組に出演。お年寄りから若い相撲ファンまで幅広い人気を誇っている。

そんな彼女が発売中の『週刊プレイボーイ』22号に登場。前回から2年2ヵ月ぶりとなる本誌グラビアで、花柄や黄色などポップな水着に着替え、白い肌と愛らしい笑顔を披露。ちょっぴり大人の艶感も魅せ、男性を悩殺している。

現在、大相撲は5月場所の真っ最中。横綱・稀勢の里を筆頭に日々白熱の取り組みが続き、毎日、取り組み解説を更新する彼女のブログにも人気が集まる中、本人を直撃。今回のグラビアの裏話から相撲への思い、恋愛観までを聞いてみた!

―週プレのグラビアは約2年2ヵ月ぶりの登場ですね。

山根 はい。すごく嬉しかったです! でもモデルじゃないし、数回しかやってないから表情を作るとかなかなかできなくて。俯(うつむ)き加減とか難しかったですね。大丈夫かなぁ。

―バッチリですよ。すごくチャーミングです! でも久々で恥ずかしかったりは?

山根 それはなかったです。ずっと笑顔でやらせてもらいました。家の屋根に登って撮ったりもしたんですけど本当に楽しくて。でも出来上がりを見て、腕とかちょっとプニプニしてるなって、今さらながらちょっと反省してます。

―久々の撮影でダイエットとかは意識しなかった?

山根 う〜ん。今回、特にはしなかったです。元々、ナイスバディじゃないから、痩せて胸とか今よりもっとなくなっちゃうのが怖くて(笑)。少しでもウエストが細く見えるよう頑張りました。

―記憶に残ってるカットはあります?

山根 最後のページです。砂丘で撮ったんですけど、私、鳥取出身なんで地元を思い出して、テンションが上がりました! あと畳の間でも撮ったんですけど、おばあちゃんの家にいるみたいですごくくつろいじゃいましたね。

―それにしても、気になるのはタイトルといい、コピーといい、やたら相撲づいてるというか。タイトルは「恋どす」とか「大金星、待ったなし」みたいな。

山根 あははは。そうですよね。私的にはすごく嬉しいけど、このコ大丈夫かなって思われちゃうかも。

―「スー女(相撲好き女子)の代表格」とも書いてあるけど、元々、大好きなんですか?

山根 そうですね(笑)。でも代表だなんてとんでもないです!

―でも、例えば、仕事以外で地方に行く時は必ず相撲がらみだと聞きましたが。

山根 それはそうですね。プライベートで観光とかはしないです。昔から家族旅行も大阪場所を観に行くとか相撲目的でしたし。相撲って朝8時から開場してるから観光をしてる暇なんてないんです。ずっと相撲を観て、夜はちゃんこ屋さんに行ったりして。

―普通、大阪へ行ったらたこ焼き、名古屋へ行ったら味噌カツとか地元グルメを食べに行くとかするのでは?

山根 しないですね。グルメって、ちゃんこ屋さんしか思いつかないです(笑)。ちゃんこにもいろんなお店があるから、毎日行っても飽きないですし。あと部屋に朝稽古を見に行くと「どうぞ」って一緒にいただいたり…。お部屋によっていろんな味があるんですよ。カレー味とかリゾット風とかトマト鍋風とか。

あ! でも地方の会場には地元グルメもありますからね。そこで少し食べたりはします。

―朝稽古から通って、部屋のちゃんこをご馳走になるほどとは…ガチで相撲が大好きなんですね(笑)。必ず聞かれると思うけど、そもそもなぜそこまで好きに?

山根 家族も親戚も相撲が大好きなんです。特にお父さんは相撲オタクなんで、昔の相撲雑誌が家にはたくさんあるし。だから完全に親の影響ですね。物心ついた頃から毎日、相撲中継を観てました。

―家族全員好きってことは毎日みんなで相撲談義をしたりとか。

山根 しました。今も実家にいるお母さんや弟とはよくラインをします。「今日の稀勢の里の負け方は可愛いかったね」とか。負けた後の表情とか見て、キュンとしちゃうみたいな(笑)。

―それぞれ好きな力士が違ってて、ケンカするなんてことは?

山根 それぞれ推し力士はいるんですけど、家族全員、魁皇関が好きだったんです。一緒に応援してたし、それ以外でもケンカはないです。

―でも相撲好きって、以前はやっぱり同年代の友達は少なかったでしょう?

山根 そうですね。年上が多いです。年上の主婦の方とか。

―しゅ、主婦の友達? どうしてまた知り合いに?

山根 国技館で出待ちしてる時、知り合いになったんです。それでお家に行くようになって、観戦も一緒にするようになったり。あと出待ちのおじいちゃん、おばあちゃんと仲良くなったりもします。みんな、出待ちの大先輩で優しいんですよ。

特に東京出て来たばかりの頃とか私はおとなしい性格だったんですけど、すごくお話をして、人前で喋れるようになりました。

―相撲でコミュ力を上げたと(笑)。でもみんな、山根さんが芸能人だって知ってるんですか?

山根 最近、私がアイドルなんだって気付いてもらうことは増えましたね。「この間、TVに出てなかった?」って言われたり。ずっと出待ちしてたコが最近、アイドルになったって思ってるかもしれないですね。

―相撲は隔月開催ですけど、やってない時は?

山根 基本は毎日、録画を観ますね。結構、その時の気分に合わせて変えたりして。今日は元気を出したいから突っ張りの激しい相撲を見ようとか、静かに心を落ち着かせたいから稀勢の里関が初優勝した瞬間を見てしみじみしようとか。

―そこまで本当に大好きなんですね〜。ってことは、好きな男性のタイプもやっぱり力士系とか?

山根 あははは。もちろん力士さんは大好きですけど、相撲は競技として好きなんで、彼氏にしたいかとなると話は別ですね。好きな男性のタイプは私と話のテンポが合う明るい人。あと、相撲の話をたくさんしても引かない人です(笑)。

―すごくマニアックですよね。引く以前に理解できないところもあるのではと…(笑)。

山根 教えてあげますよ。あと一緒に観てくれたり、なんなら相撲を取ってくれる人がいいですね。実家にいる時、家族で取ったりしてたんで。

―どんだけ好きなんですか(笑)。それこそ、結婚するなんて話になったら、お父さんと挨拶代わりで組み合ったり?

山根 それいいですね。ぜひ取って、勝ってほしいです。強いところを見せないと結婚させてもらえないかもなんで…って、ヤバイですね。この会話(笑)。

―(笑)では最後に、山根さんが考える相撲の魅力とは?

山根 ファンとの距離が近いってことですね。出待ちなんかできて、運がよければサインだってしてもらえる。こんな風に陽気に写真を一緒に撮らせていただけるスポーツは他にあまりないと思いますね。

―その神対応ぶりを参考にしたり?

山根 力士の皆さんって本当にファンを大事にされてますから見習っています。私もファンの方と気さくに接するし、国技館まで会いに来てくれるファンとかいると、1時間くらい立ち話しちゃいます(笑)。これからも、私も力士の皆さんに負けないよう元気な姿を見せて、どんどん頑張っていきたいと思いますね!

山根千佳のグラビアは週刊プレイボーイ22号(5月15日発売)に掲載!! 

(取材/鯨井隆正、文/大野智己、撮影/唐木貴央、インタビュー撮影/武田敏将)

■山根千佳(YAMANE CHIKA)





1995年12月12日生まれ 鳥取県出身 身長162p 血液型=O型 ○「第37回ホリプロタレントスカウトキャラバン」ファイナリスト。相撲関連番組のほか『ガッテン!』(NHK総合、毎週水曜19:30〜)『スポルたん!LIVE』(仙台放送、毎週土曜18:30〜)『BOAT RACE ライブ 勝利へのターン』(BSフジ、毎週日曜16:00〜)『田代県立小島高校日直山根』(Pigoo)、『大相撲いぶし銀列伝』(フジテレビONE)出演中。『ひるキュン!』(TOKYO MX、毎週月〜金曜12:00〜)では月曜中継レポーターとして活躍。最新情報は公式ブログにて。大相撲の場所中は毎日、相撲解説を更新中!Twitter【@yamane_chika】

関連記事(外部サイト)