話題の“ヌンチャクJK”は国民的美少女コンテスト出身「空手道場以外で男のコと遊んだこともない」

話題の“ヌンチャクJK”は国民的美少女コンテスト出身「空手道場以外で男のコと遊んだこともない」

普段からヌンチャクを持ち歩く籠谷さくら

『ワイドナショー』(フジテレビ)で初登場ながらヌンチャクを振り回し、さらに松本人志や東野幸治を相手に物怖じせず話す姿が話題になった籠谷(こもりや)さくらが『週刊プレイボーイ』31号のグラビアに登場した。

2012年、13歳の時に第13回全日本国民的美少女コンテストでグラビア賞を受賞。現在は「全日本国民的美少女コンテスト」出場の21人で結成された「次世代ユニットX21」のメンバーとしても活動する現役女子高生だ。

今回のソログラビアでは「国民的ヌンチャクJK」として、ヌンチャクを持ったクールな姿の他、水着姿で均整の取れたスタイルも披露。そこでインタビューではヌンチャク愛や本人の素顔、グラビアの裏話まで聞いた。

―初めまして。その手に持ってるのってヌンチャク…ですよね?

籠谷 こんにちは! 今日はお願いします! 押忍! もちろんヌンチャクですよ。

―えっ、普段から持ち歩いているんですか?

籠谷 はい! 緊張するからお守り的な感じ? 皆さんで言うとなんだろう…スマホかな? 突然手放されたら不安になるじゃないですか、そういう感じですね。絶対バッグの中に入れてます!

―…全然意味がわかりません!

籠谷 大丈夫です! よく言われます、頭おかしい、変わってるって(笑)。いい感じの重さだから肩にかけてると安心するんですよ。しかも、肩凝った時にポンポンってできるんですよ! 早くヌンチャクブームがきてほしい!!

―本気で言ってるんですね(笑)。でもなぜヌンチャクにハマったんですか?

籠谷 前々から気になっていたんですよ。家族も「ヌンチャク回せるようになったらカッコよくない?」って。そしたら、マネージャーさんができる人で教えてもらったのがきっかけです。

―家族も変わってらっしゃる?

籠谷 一家揃(そろ)って格闘技好きなんです。私も4歳から始めましたけど、皆、空手やっていますし。プロレスも好きで、お父さんにコブラツイストかけたり、皆でバトルしてます(笑)。







―…ずいぶん仲が良い家族ですね(笑)。このままヌンチャクで終わるのは困るので話を変えましょう。そもそも、どうして芸能界に入ろうと?

籠谷 保育園の時に、動物園の飼育係とか宇宙飛行士とか、いろいろと夢があってお母さんに言ったら「じゃあ女優になればなんでもなれるよ」って言われて目指したのがきっかけです。お母さんも適当に言ってたんでしょうね(笑)。でも当時はなるほどって。

―今、アイドルもやられていますよね。

籠谷 5年目ですね。女子高みたいでめっちゃうるさいんですけど、めっちゃ楽しいです。何度かお店で食事中も注意されたり(笑)。家族より一緒にいるから第二の家族的な感じです。

―最初、抵抗はなかったんですか? 女優を目指していたのにって。

籠谷 同じ姫路出身の松浦亜弥さんがすごい好きで、よく真似してたのでアイドルも憧れてたんですよ。だから、できるってなった時は「やった、ラッキー」って思いました。

―めっちゃポジティブですね。

籠谷 ポジティブ過ぎるのがダメなのかなって最近思うくらいですね(笑)。でも女優だけって決めつけてた部分もあるんですけど、いろんな世界を見ると全部楽しくて全部で活躍していきたいなって、欲張りなんですけど。

―『ワイドナショー』では初登場から「このコは大物になる」と話題になりましたが、バラエティでも活躍しそうですよね。

籠谷 あれ、緊張しちゃってあんま記憶ないんですよ。知らない間に自分で「美少女」とか言ってて。でも「美少女コンテスト」だから本当のことなので(笑)。

―覚えてないんですか!? 共演者の方々もすごいコだなとなっていましたよ。

籠谷 松本さんとか東野さんと会えて、しかも話を振ってもらえたのが嬉しくていっぱい話してました。でも、人見知りなんですけど大人の方のほうが喋れるんですよね。だからかもしれないです。

―同世代は苦手なんですか? それこそ女子高生なら恋のひとつやふたつありそうですけど。

籠谷 男のコは友達すら少ないです。不慣れではないと思うけど、空手道場のコ以外で男のコと遊んだこともないですね。















―じゃあ初恋とかもまだなんですか?

籠谷 ありますよ! 空手やってるコですごいカッコよかったんですよ。型がすごくて、ひと目惚れ。まりなちゃん(仮名)って女のコなんですけどね。

―えっ、そっち!?

籠谷 でも付き合えますよ、全然。ただ、今どこいるかわからないんですよ。連絡先もあやふやで。会えたら会いたいです。初告白は捧げたいと思います!

―男性だったらどんな人がいいですか?

籠谷 私。わがままだし、うるさいし結構バカなんですよ。そういう悪いところも受け止めてくれる、包容力のある方がいいです。あと、さくらより強かったらOKです。

―やっぱり強さは大事なんですね(笑)。今回、ソロでのグラビアでしたけど、いかがでしたか。好きなカットとかあります?

籠谷 最初のです! 元々、ヌンチャク使って撮りたいって自分で言ってたんですよ。まさに私が想像してたのと一緒で嬉しいです。よく見ると髪の毛とか服とか全部濡れてるんです。その感じもカッコいい。あと、白いスクール水着は初めて見てビックリしました(笑)。

―まだ若いから体型を気にしたりしないですよね?

籠谷 でも自信はないです。というか、グラビア賞を獲った時もなんで私が?って。そもそもグラビアも全然知らなかったですし。でも憧れの体型は原幹恵さんですかね。くびれがキュってなってて丸みを帯びてて女性らしいなって。

―大人の身体になるのはまだまだ先ですね(笑)。最後に今後の目標をお願いします!

籠谷 先輩たちがキレイに撮ってもらっているのを見て、週プレさんに出るのが憧れだったので、今回は本当に嬉しかったです。次は海外で撮影もしてみたいです。パイナップルとかココナッツとかある南国の海で水着を撮って、それから服着て街歩きの撮影して…あれ、雑誌じゃボリューム足りない? もう写真集出してください(笑)!

―が、頑張ります! 今日はありがとうございました!

(取材・文/鯨井隆正 撮影/栗山秀作 インタビュー撮影/武田敏将)







■籠谷さくら(KOMORIYA SAKURA)







1999年8月22日生まれ 兵庫県出身 身長161cm B81 W57 H86 血液型=A型 ○所属する次世代ユニット「X21」の最新シングル『現実から逃げるから現実がツラいんだ』(avex trax)が8月16日(水)に発売予定。7月29日(土)には原宿クエストにて定期ライブも開催。バラエティ番組『オスカル!はなきんリサーチ』(テレビ朝日系、毎週金曜25:20〜*最終金曜除く)レギュラー出演中。公式ブログ【https://beamie.jp/d/sakura_komoriya.html】X21公式ホームページ【http://x21.oscarpro.co.jp/】

関連記事(外部サイト)