三十路の日テレ・水卜麻美アナに思わぬ批判の声…ポッチャリ体形イジリがNGに?

日本テレビの水卜麻美アナに局内で思わぬ批判の声か マンネリ化し体形イジリがNGも

記事まとめ

  • 日本テレビの水卜麻美アナに、局内で思わぬ批判の声が上がっているという
  • ポッチャリ体形イジリがマンネリ化し「体形イジリはNGで」と意思表示するスタッフも
  • イジられる水卜アナも辟易しているといい桝太一アナに今後の方向性を相談しているよう

三十路の日テレ・水卜麻美アナに思わぬ批判の声…ポッチャリ体形イジリがNGに?

三十路の日テレ・水卜麻美アナに思わぬ批判の声…ポッチャリ体形イジリがNGに?

1987年4月10日生まれ、千葉県出身。慶應義塾大学文学部卒業。2010年、日本テレビに入社。オリコン発表の「好きな女性アナウンサーランキング」では4年連続1位に。現在の主な担当番組は『ヒルナンデス!』『有吉ゼミ』など

ナンバーワン人気を誇る日本テレビの水卜(みうら)麻美アナに、局内で思わぬ批判の声が上がっているという。

同局の中堅局員が話す。

「バラエティ番組にゲスト出演したり、イベントに登場したりすると、決まってポッチャリ体形イジリが始まる。彼女もサービス精神旺盛なので、先日も『くびれはあるんです』『夏までに7s痩せる!』と話すなど、笑いに変えるようなリアクションを取っているんですが…いいかげん、マンネリ化しているのが正直なところ。しかも、今のご時世、ヘタしたらハラスメントになりかねない。制作陣の中には、『水卜の体形イジリはNGで』とハッキリ意思表示するスタッフもいます」

実際、イジられる側の彼女も辟易(へきえき)としているという。

「彼女はプロ意識が高く、スタッフの要望にはなるべく応えたいタイプ。大食いを求められるグルメリポートもしっかりこなすし、共演者がイジりやすいようなコメントも出す。けど、彼女自身、いつまでもそんなことをやっていていいのかという葛藤があるみたいですよ。先輩の桝太一(ます・たいち)アナに、今後の方向性をしょっちゅう相談しているという話です」(同局関係者)

前出の中堅局員は、彼女にこんなアドバイスを送る。

「水卜のアナウンス技術はピカイチ。ただ、情報&バラエティを主戦場としている限りは、今後も大きく変わらない。まずは思い切って『ヒルナンデス!』からの卒業を直訴してもいいのでは」

今年30歳になった彼女。今後の動向から目が離せない。

関連記事(外部サイト)