乃木坂46の3期生、山下美月・久保史緒里・梅澤美波・与田祐希・大園桃子が語る「自分たちが選ばれた意味」

『週刊プレイボーイ3・4合併号』で表紙を飾った3期生の5人。左上から時計回りに山下美月、久保史緒里、梅澤美波、与田祐希、大園桃子
2016年7月4日。

乃木坂46が3度目となるメンバー加入の募集を行なったのが、今から約4年半前。応募者は4万8986名。その狭き門をくぐり抜けた少女たちは12名。

乃木坂46、3期生。彼女たちが乃木坂に加入して5年目に突入した。

2020年の秋、乃木坂46の象徴であった白石麻衣が卒業した。その次のタイミングでリリースされる26枚目のシングル『僕は僕を好きになる』。この曲のセンターに3期生、山下美月が選ばれた。

まさに今、3期生の時代がやって来ている。

今回、1月4日(月)発売の『週刊プレイボーイ3・4合併号』で表紙を飾った3期生の5人に、「今、3期生が選ばれたということ」について、いろいろ聞いてみた。

■"乃木坂らしさ"は私たちの中にもある

【与田祐希】

与田「今回、(山下)美月がセンターに選ばれて、すごく楽しみです。私、美月とはポジションがシンメ(シンメトリー)だったり隣だったりすることが多いんです。近くで見てるからこそわかるんですよね。美月ならきっと乃木坂46をいい方向に引っ張っていってくれるって思うんです。

美月が表題曲のセンターに立って、その横に久保ちゃん(久保史緒里)と梅ちゃん(梅澤美波)っていう3人が並んで。カップリング曲で、れんたん(岩本蓮加)と珠ちゃん(阪口珠美)がセンターに選ばれて。今回のフォーメーションを考えると、3期生に次を任されたのかなって。だから今がとても重要で大事な時間。ここでどれだけ前に進めるか、どれだけいい方向に向かえるか。期待を裏切らないようにしたいです。

あ、こないだ、3期生全員で決起集会みたいな、ご飯会をやったんですよ! しかも内緒でセンターになった3人をサプライズで祝おうみたいなこともしました」

【大園桃子】

大園「最近、思うんですけど、乃木坂の1期生さんってすごいじゃないですか。前に並んだときの華やかさとか、バランスのすごさとか。でも、今の与田、山下、久保、梅澤を見てると1期生さんみたいになっていくのかなって思うんです。

それと、れんたん。桃子はれんたんがグループを引っ張っていくと思うんですよ。れんたんとたまたん(阪口珠美)のシンメってすごくきれいで。"完璧"になれる気がするんです。今は選抜に入ってない3期生のメンバーもみんな同じだと思ってて。似てるコって誰もいないし。みんな前に出ていけるんです。それが見えるから。桃子は、そんな気がします」

【梅澤美波】

梅澤「今回、山下がセンターに立ったことについては、『あぁ、やっぱりな』って納得がいきました。最近の彼女を見ていたらわかります。ひとりのお仕事も増えてきたし、それに伴って本人の顔つきも変わってきたし、自信につながってるんだろうなって。その勢いのある山下の姿を見てきたから、きっといいタイミングだったんだろうなって思いますね。 

私たちが今、ここを任されたっていう意味を、いろいろ考えてます。どんなアイドルグループも、世代交代≠チて時代は必ずあるし、アイドルにとっては避けて通れない道だと思うし、とても難しいことだと思うので。怖さもあるけど、強くいなくちゃって思います。

これから先、どんどん新しいメンバーが入ってくると思うんですけど、それこそ生駒(里奈)さんとか橋本(奈々未)さんとか(桜井)玲香さんとか。乃木坂46をつくってきてくださった先輩の背中を見ている私たちが背負って伝えていかなくちゃいけない。"乃木坂らしさ"ってよく言いますけど、それはもう、私たちの中にもあると思っていたい。その昔から変わらないものを守りつつ、新しいことにチャレンジしていきたいです。怖がらず、真っすぐに」

■私たちにとってここからがスタート

【久保史緒里】

久保「白石さんの卒業コンサートが決まって、その次のシングルについて考えていました。自分がどのポジションにいても、どういう結果になってもこのシングルの重要さは理解してたので。そのときに私は、『乃木坂46のためになることを、そろそろ3期生はしなくちゃいけない』って思ってたんです。そんな気持ちでいたときに、センターに山下が立った。

きっと山下も私と同じ気持ちだったはずなので、すごいプレッシャーだと思います。先頭に立つ彼女を倒れないように後ろで補助ができるようになっていたいなって思います」

【山下美月】

山下「正直、『白石さん卒業後のこのタイミングでセンターをやる人って重圧ハンパないだろうな。誰になっても支えよう』って思ってたんですよ。そしたら『私!』って(笑)。

私たちにとってここからがスタートだと思っています。『白石さんの後、知らなかったけど、あのコがセンターなんだ』って、まずは見ていただけると思うんです。そこからどれだけ外に出て、覚えていただけるか。どれだけ道を開拓できるか。乃木坂46が新しいスタートを切るために、私が選ばれたのかなって。走り始めるための存在にならなきゃいけないって思います」

* * *

2021年。新たな世界が始まる。そして新しい乃木坂46も始まった。その中心に選ばれた3期生。彼女たちの決意は熱いものだった。

彼女たちが未来へ進むその姿を、新たな歴史の始まりをしっかりと目撃してほしい。

■山下美月 Mizuki YAMASHITA
1999年7月26日生まれ 東京都出身
身長159p 血液型=O型
nickname=みづき

■久保史緒里 Shiori KUBO
2001年7月14日生まれ 宮城県出身
身長160p 血液型=O型
nickname=しーちゃん

■大園桃子 Momoko OZONO
1999年9月13日生まれ 鹿児島県出身
身長156p 血液型=O型
nickname=ももちゃん

■梅澤美波 Minami UMEZAWA
1999年1月6日生まれ 神奈川県出身
身長170p 血液型=A型
nickname=うめちゃん、みなみん

■与田祐希 Yuki YODA
2000年5月5日生まれ 福岡県出身
身長152p 血液型=O型
nickname=よだちゃん

■乃木坂46
2011年に結成し、2021年8月に結成10周年を迎える国民的アイドルグループ。1月27日(水)、山下美月が初センターを務める26thシングル『僕は僕を好きになる』が発売予定
公式サイト【http://www.nogizaka46.com/】
公式Twitter【@nogizaka46】

取材・文/篠本634(short cut) 撮影/LUCKMAN

関連記事(外部サイト)

×