“フジの夏目三久”と期待の新人・海老原優香アナ。不仲説が囁かれるほどクジパンをライバル視?

"フジの夏目三久"と呼ばれる海老原優香アナがクジパンこと久慈暁子アナをライバル視か

記事まとめ

  • 10月から『とくダネ!』のアシスタントMCに就任予定のフジテレビ新人、海老原優香アナ
  • 菊川怜が降板するタイミングもあり、新陳代謝を促そうと海老原に白羽の矢が立ったそう
  • "フジの夏目三久"と呼ばれる海老原は"クジパン"久慈暁子アナをライバル視しているとも

“フジの夏目三久”と期待の新人・海老原優香アナ。不仲説が囁かれるほどクジパンをライバル視?

“フジの夏目三久”と期待の新人・海老原優香アナ。不仲説が囁かれるほどクジパンをライバル視?

1994年4月3日生まれ、東京都出身。学習院大学文学部卒業。2017年にフジテレビに入社。「ミス学習院2015」のほか、「ミス・オブ・ミスキャンパス」でも準ミスに選ばれている

フジテレビの新人、海老原優香(ゆか)アナはサクセスストーリーの真っ只中にいる。10月から情報番組『とくダネ!』のアシスタントMCに就任予定で、新人としては異例の大抜擢となったのだ。

「MCを務める菊川怜が降板するタイミングもあって、新陳代謝を促そうと彼女に白羽の矢が立った。当の本人は8月から研修として同番組のADを務めるなど気合い十分ですよ。“クジパン”としてアイドル扱いされる同期の久慈暁子アナに対し、不仲説が局内で囁(ささや)かれるほどライバル視していますからね。『とくダネ!』が決まった時は溜飲が下がる思いだったはず」(同局関係者)

彼女は学生時代から運が味方についていた。

「学習院大学3年生の時に『ミス学習院』(2015年度)に輝いているんですが、このとき彼女は『ミスを獲れたら本格的に女子アナを目指そうと思っていた』と、ひそかに自分を試していたらしい。実力だけではミスになれないので、間違いなく彼女は“持っている”といえるでしょうね」(夕刊紙芸能記者)

幸先のいいスタートを切ったといえるが、今後、不安要素もあるという。

「『とくダネ!』は言うまでもなく、小倉智昭キャスターの番組。アシスタントは目立つ機会があまりなく、埋もれてしまう可能性もある。進行役をこなしながら、どれだけ個性を出せるかが勝負になります」(前出・関係者)

局内で“フジの夏目三久”ともいわれている彼女。今後の活躍に期待したい。

関連記事(外部サイト)