声優、女優、グラビアと活躍するニューヒロイン・小宮有紗を丸裸に!

声優、女優、グラビアと活躍するニューヒロイン・小宮有紗を丸裸に!

声優・女優・グラビアと、マルチに活躍する小宮有紗

アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』から生まれた声優ユニット、Aqours(アクア)の一員として、今週末にメットライフドーム(旧称:西武ドーム)にも立つ小宮有紗が週刊プレイボーイ41号の表紙・巻頭グラビアに登場。

声優に加え、実写の女優業、グラビアと縦横無尽に駆け回る彼女に来月の『週プレnet』で「100の質問」をぶつけるという新たな試みを行なった。ここでは、その回答の中からほんの一部をピックアップしてお届けします。

■芸能界に入っていなかったら…?

Q:自分の精神年齢は?

A:「15歳くらい」

―実年齢が23歳なのに、精神年齢が15歳って、ちょっと低くないですか?

小宮 ですよね(笑)。子供の頃は、23歳なんてすごい大人に見えたのに、いざその年齢になってみるとあんまり昔と変わってないなって思って。特に、自分の好きなもの、興味のあるものに対して好奇心を持って動くところは、全然変わらないですね。

―ちなみに、小宮さんは中学生の頃にスカウトされて芸能界に足を踏み入れたんですよね?

小宮 はい。でも、芸能の道に進もうか普通の生活のままなのか決めたのは、ちょうど15歳の頃ですね。もし芸能界に入ってなかったら……管理栄養士か薬剤師になりたかったです。

Q:異性に告白したことは?

A:「ない……かな?」

―オクテなんですか?

小宮 いえ、そういうわけじゃなくて。単に、自分のことにいつも必死だから、恋愛に目が向かないんですよ(笑)。私、いろんなジャンルのお仕事をしてるので、毎日気持ちを切り替えるのに精いっぱいで、彼氏には合わせてあげられないかも。

―今の小宮さんと付き合うのは、大変かもしれないですね。

小宮 たぶん大変です(笑)。そもそもマイペースなんですよ。ただのワガママ娘といえるかもしれない(笑)。

―とはいえ、いつかは恋愛するタイミングも訪れますよね?

小宮 そうですね。「恋愛するとキレイになれる」ってよくいうし、チャンスがあったらしてみたいとは思ってますよ。Q:好きなテレビ番組は?

A:『A−Studio』『アナザースカイ』『おしゃれイズム』

―なんか、全部似た系統の番組のような……。今、輝いている人の素顔に迫る系の番組ですよね?

小宮 確かにー(笑)。こういう感じのトーク番組は昔から好きで、『おしゃれイズム』なんて中学生のときからずっと見てるんですよ。

―自分も出てみたいですか?

小宮 もちろん。特に『A−Studio』。一度は鶴瓶さんとお仕事でご一緒してみたいですね。

■アフレコ中の顔は怪人のように……?

Q:実写とアニメの演技の違いは?

A:「実写は体全体で演じる。アニメは声にすべてを込める」

―これはよく聞かれることだと思うんですけど、実写もアニメも経験がある小宮さんとしては、どこに違いがあると思いますか?

小宮 映像だと、「悲しいときに明るい顔で演技すると、より悲しく見える」みたいなこともあるじゃないですか。体全体で演じるから、そういう微妙な表現の仕方でも見ている人に伝わるので。でも、アニメは声だけですべてを表現しないといけないので、素直にキャラクターの心情を演じてます。

―自分がアフレコしてる姿を見たことはありますか?

小宮 ないんですけど……きっとすごい顔してると思います(笑)。アキャンバー(現在放送中の『宇宙戦隊キュウレンジャー』に登場する敵幹部で、小宮が声優を務めている)が「アキャキャキャキャキャ!」って笑うときなんかは、怪人のように目を見開いてアフレコしてると思います(笑)。Q:小宮有紗を応援すると、どんないいことがありますか?

A:「想像もしていなかったジャンルに引きずり込みます」

―想像もしていなかったジャンルって?

小宮 私、いろんなことをさせてもらってるので、ファンの方にとっては新しいジャンルに触れるきっかけになれるかなって思うんです。『特命戦隊ゴーバスターズ』(小宮のテレビドラマ初出演作)のときから応援してくださっている方が、『ラブライブ!サンシャイン!!』で初めてちゃんとアニメを見た、と言ってくれたり。最近、週プレにグラビアが掲載されたときも、Aqoursのファンの方が「グラビア誌っていうものを初めて買った……!」ってツイッターでつぶやいてて、うれしかったですね。

―それは小宮さんならではの展開ですね。「声優は裏方だからグラビアなんてやるべきじゃない」という声もあるみたいですが?

小宮 私は気にしません。今はそういう考えを持っている人でも、私のグラビアを見ていいと思ってくれるかもしれないし。私は常に、自分がやりたいことを優先していきたいですね。その結果、「想像もしていなかったジャンルに引きずり込む」っていうことができれば、最高ですね。

 * * *

週プレnetでは、ほかにも「小宮有紗の意外な一面は?」「よく見る夢は?」「普段、どんなサイトを見る?」「人生の目標は?」などなど、100の質問に答える姿を映像で配信します! お見逃しなく!

(取材・文/西中賢治 撮影/井上太郎)

■10月1日(日)から配信開始の週プレnetは、120点超の未公開カットに加えて、メイキング&特技の料理を披露したオリジナルムービー、100問100答をドキュメンタリー風に収録したロングインタビューを配信します。しばしお待ちを!

小宮有紗ちゃんの表紙&巻頭グラビアは『週刊プレイボーイ』41号(9月25日発売)に掲載! 多方面で活躍する彼女の魅力を是非ご覧ください!

関連記事(外部サイト)