デジタル写真集のメイキングとリンク! 黒川芽以の30×30「第8回 ソロ活」

デジタル写真集のメイキングとリンク! 黒川芽以の30×30「第8回 ソロ活」

第8回のテーマは「ソロ活」

『週刊プレイボーイ』が15歳の頃から撮り続けてきた、誰もが認める実力派女優・黒川芽以ちゃん(さん?)が今年で30歳!

その記念にデジタル写真集をつくりたい!ということで、彼女とのコラボを思い立った週プレは、カメラマン・熊谷貫氏が“黒川芽以と東京の夜”をテーマに撮り続けていく写真集用の撮り下ろしカットを交え、芸歴24年&女優歴20年という彼女が貴重なエピソードを惜しげもなく告白する新連載をスタート!

写真集のメイキングと人気女優の素の言葉が絡み合いながら進行していく史上初のウェブ連載。30歳の黒川芽以による、30の言葉と30の夜をお届けします!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

女優歴20年、地道にコツコツの黒川芽以です!

はじめてのひとり暮らしは、22歳の頃。実家から出て、好きな時間に好きなことができるから最初は楽くてしょうがない。ごはん作るのも家具を揃えるのも近所を散歩するのも全部楽しくて、ひと通りやったら急に寂しくなるんですよね(笑)。

実は私、ひとりが好きじゃないんです! カフェとかラーメン屋にひとりで行くのは大丈夫ですけど、つい店員さんに話しかけちゃう。1日1回は誰かと喋りたい! お休みの日にずっと家にいて「今日、誰とも喋ってないかも…」って気づいたら、本気で焦りますよ(笑)。このまま人間としての機能が停止してしまうんじゃないかと思うと怖くなりませんか!?

女のひとり旅ってカッコいいけど、絶対できない。だって、寂しいもん(笑)。景色を見た時に「キレイだね」とか、ごはん食べた時に「おいしいね」って、共感したいから。SNSに写真アップして共感してもらうっていうのも恥ずかしいし…。ひとりじゃないほうが旅行も2倍楽しいかなって思うんです。

どうにかしなきゃと思って、20代前半の頃に『ひとりの時間を楽しむ本』という本を読んだことも。自分のやりたいことを見つけようみたいなことが書いてあったと思うんですけど、当時はすごい感化されて。ちょっとはマシになったような気がします。でも基本、寂しがり屋のうさぎ年なので(笑)。

ひとり暮らしで新築とか、幽霊が出るところとか、いろいろな家に住みましたが、目の前がコインランドリーだった時は便利でしたね。シーツとか布団を乾燥機にかけるとふわっふわで気持ちよくて、1回行くとハマるんですよ。

男の人がいる時は気まずいだろうと思って、取り出す時間をずらしたりして。下着は見られたらイヤなので、さすがにやらなかったですけどね。コインランドリーで待っている時間は、一度家に帰るかゲームをするか。たまに「洗濯物が回ってるのを眺めるのが好き」って人がいるので、私も1回眺めてみたんです。わかるような、わからないような微妙な気持ちになりましたけど(笑)。

ちなみに、今住んでいる家は築45年。新しくてキレイな家ばかりだったので、独身のうちにこんな古い家に住んでおくのもいいかなと思って。すごい古いけど、快適なんですよ。でも、水まわりだけは、ちょっと問題が…。お風呂は詰まっちゃうし、トイレがレバーじゃなくてボタン式なの(笑)。それも面白いなぁって思えば、苦じゃないですけどね。

部屋もオシャレじゃないです。家に帰ると、畳の匂いがします(笑)。きらびやかな場所で食事をするのも苦手なタイプなので、家も木のぬくもりがあって落ち着く感じがいいかな。

将来は、ムリかもしれないけど、マイホームが欲しい! 自分の家を好きなようにいろいろ作りたいんですよね。業者に頼むんじゃなくて、自分で作業したいんです(笑)。例えば、トイレの壁紙をワインレッドとか深いブルーとか紫とか、ちょっと変わった色にして。あとは、棚とかラックとか、いろいろ考えて自分の家を作っていくのが夢ですね! ふふふ。

次回は、私の野望(?)について語ります!















●黒川芽以(くろかわ めい)







1987年5月13日生まれ。東京都出身。







1993年『揖保の糸』CMでデビュー。1997年に10歳でNHKドラマ『鏡は眠らない』に出演して以降、映画やドラマ・舞台と数々の作品に出演。これまでの出演本数は100作以上。主演映画『二十六夜待ち』は12月23日公開!







最新情報は公式ブログ、Twitter【@mei_kurokawasan】でチェック!

https://youtu.be/HvNCpe6WuA0

関連記事(外部サイト)