雪肌の新ビジュアルクイーン候補・雪平莉左「ごはんはひとりで。日高屋のバクダン炒めにハマってます」

雪平莉佐.jpg

"大人しかいない隠れ家"だと紹介されていたBARで飲む。深夜から翌朝にかけてのフォトストーリー――。1月18日(月)発売の『週刊プレイボーイ5号』では、初登場した雪平莉左(ゆきひら・りさ)が『妄想カレンダー』グラビアに挑戦。

高めのオンナは、フルーツサンドで落ちる! モデル? レースクイーン? 答えはベッドの上で......。

* * *

■最新の美容法はクリスティーナ?

――週プレ初登場の雪平さんですが、3年前まではOLとして過ごしていたとか?

雪平 地元の愛知県でインテリア会社に勤めていました。事務も接客もこなす総合職的なポジションでしたね。仕事はやりがいがあって楽しかったですが、ずっと同じ場所にいる退屈さも感じていて、思い切って上京することにしたんです。

――芸能活動も視野に入れて?

雪平 地元の事務所からスカウトされたことがあったので、昔からちょっとだけ意識はしていました。だから、上京してすぐレースクイーンの求人を自分で探して応募して、1年ほど活動させていただきました。あのとき落ちていたとしても、きっと表舞台に立つ仕事を目指していたと思います。

――その美貌だと、地元でも目立つ存在だったのでは?

雪平 どちらかというと見た目がハデなので、そう見られることもあったかもしれません。でも、想像されてるよりずっと普通です。私、友達とワイワイするのが得意じゃなくて、一匹狼(おおかみ)タイプなんですよ。ごはんもひとりでフラっと食べに行きますし。

最近は日高屋のバクダン炒めにハマってます。豚キムチに似たメニューなんですけど、ピリ辛でおいしいんです。温泉玉子をふたつトッピングして、味をマイルドにして食べるのが私流。

ほかによくするおひとりさまの行動としては、レンタカーを借りて見知らぬ土地を運転するのも好きですね。地元の愛知県は車がないと生活できない土地柄なので、こう見えて車の運転は得意なんです。

――グラビアの印象から、てっきり"港区系"に属する方だと......違いましたね(笑)。

雪平 はい、いたって庶民派です(笑)。ただ、美容に関しては貪欲なんです。新しい情報には常にアンテナを張っていて、最近は「クリスティーナ」がイチ押しです。

――ク、クリスティーナ?

雪平 イスラエルの化粧品ブランドの名前です。そのなかでもアンストレスっていう、お肌のダメージを回復してくれる施術が気に入っています。田中みな実さんもハマっているみたいで。

――田中みな実さんが愛用しているって聞くと、使いたくなる気持ちがわかります。

雪平 30代を迎えてもグラビアを披露できるってスゴいことですよね。水着姿ってスタイルをごまかせないじゃないですか。だから彼女を見習って、いつでも披露できるような肌のコンディションと体形をキープしていかなきゃいけない。初めてグラビアを経験して、そう強く思いました。

――撮影はどうでした?

雪平 ベッドでカメラマンさんと近い距離で撮影したり、シャワールームでガラスのドア越しに撮影したり。「グラビアっぽい!」って思える瞬間がたくさんあって、自分の中でいろいろな発見がありました。緊張よりも、楽しいのほうが大きかったです。

――グラビアページのコピーに「フルーツサンドは酔い覚まし」と書かれていますが、これは雪平流テクニックなのでしょうか?

雪平 残念ながら編集者さんの妄想です(笑)。お酒は弱いので、普段はあまり飲まないですし、酔い覚ましにフルーツサンドって効くのかなぁ? 私はフルーツサンドより、普通の食パンが食べたいです。食パン、大好きなんですよ。体形維持のため、最近は控えるようにしてますけど。

――食の趣味が素朴ですよね。

雪平 4枚切りの厚切り食パンなんて、最高に贅沢(ぜいたく)じゃないですか? 欲を言えば、最近はやりの「高級食パン」と呼ばれるものは未体験なので、いつか食べてみたいです。

――雪平さんへの差し入れは、決まりですね。

雪平 はい、間違いないです(笑)。グラビアを見て興味を持っていただいた方にこのインタビューを通して伝えてください(笑)。

(スタイリング/木村美希子 ヘア&メイク/mahiro)

●雪平莉左(ゆきひら・りさ) 
1994年6月17日生まれ 愛知県出身 
身長164cm B88 W57 H87 
○レースクイーンやモデルを経て、今年からグラビアを本格始動。昨年、『東京カレンダー』の「東京プールラバー2020」に起用されて話題に。
公式Instagram【@risa_yukihira】 
公式Twitter【@risa_yukihira】

取材・文/金髪りさ 撮影/小塚毅之

関連記事(外部サイト)