人気フリーアナ・塩地美澄が日替わりママで“お酒とオトコ”を赤裸々告白 「実は今まで、肉食な方が多くて…」

人気フリーアナ・塩地美澄が日替わりママで“お酒とオトコ”を赤裸々告白 「実は今まで、肉食な方が多くて…」

実は結構、食べれる塩地さんですが、この日は酒BARママを務めた後だったのでお腹ペコペコ

今年、新宿・歌舞伎町にオープンした『週プレ酒場』。その中にある完全予約制の『週プレ酒BAR』では、毎日のように女性タレントたちが“日替わりママ”を務めている。そんな彼女たちと一緒に飲んだり話したりできる、夢のようなバーの雰囲気をお伝えすべくスタートした、週プレNEWSの連載シリーズ。

第10回は、88センチのGカップバストの持ち主で、グラビアでも人気のフリーアナウンサー・塩地美澄さん。今回も、酒の席で女性を口説いたことなどない草食系ライター・Aがバーに向かった!

* * *

―日替わりママ、お疲れ様でした!

塩地 ありがとうございます。こうやって私とファンの方数人で喋る機会って実は今までなかったので、「えっ、もう終わり?」と思うくらい、あっという間の時間でしたね〜。

―ファンの方とはどんなお話を?

塩地 3部あるうち、最初の1、2部はファンの方からの質問にいっぱい答える時間にさせていただきました。でも、最後の3部は…今日は私がママだから、私が聞き役に徹しなきゃいけないと思うんですけど、気づいたら私がずっと喋っていて。普段「私、ファンの方への思いを伝えられてない」と思っていたから語らせていただいたんですけど、真剣に聞いて喜んでくれる方が多くて。すごく嬉しい日になりましたね。















―ファンとの良いふれあいができたんですね。ところで、今日はお酒を飲まれたと思うんですが、普段は?

塩地 いつも反省するんですけど、実は結構飲むんですよ、家でワインを(笑)。飲んだ分、翌日のジムで身体の外に流す…そんな感じの毎日です。

―おお、結構なお酒好きなんですね!

塩地 でもこの前、実家に帰ったら母親にすごく心配されてしまいました(笑)。私が「今日はこのワインを…」みたいなブログを上げているからだと思うんですけど、私がものすごくお酒に溺(おぼ)れていると思ったみたいで…。「私が35歳の頃はそんなんじゃなかった」「そんなに飲むのは、もっと歳を重ねてから!」って諭(さと)されました(笑)。

―お母さん、超心配してる! …というか、お母さんの中では「歳を重ねたら飲みまくってもOK」?なんですね(笑)。ちなみに、今までお酒の失敗談はありますか?

塩地 以前、雑誌の編集者さんたちとの打ち上げで結構飲んじゃったことがあります。何軒目かでカラオケに行ったんですけど、酔っ払って楽しくなっちゃって、他の方々が入れた曲を私が全部、歌い踊った日がありました…(赤面)。結構反省してます…。

―すごい酔っ払い方!(笑) 酔うととにかく楽しくなっちゃうんですね。ところで、この連載では毎回、ママに男の“酒の場での振る舞い方”や“モテる条件”を教わっているんですが…。塩地さんは「男は酒に強くあるべき」だと思いますか? 僕は「酒を飲まないなんて面白くない」「草食男子はつまらん!」なんてよく言われるんですけど…。

塩地 飲めない男の人って、その分の時間やお金を他のものに費やせそうで魅力的ですよね。もし、私の彼氏になるのが飲まない人なら、私も一緒にそうなって、健康的に過ごせそうな気も…。















―おお! 下戸の男でも、塩地さんの恋人になれる可能性が見えてきました!

塩地 いや、でも自分が飲めなくなるのはツラいな…(しばし考えて)やっぱり飲める人のほうがいいです!

―ダメだった!(泣) いや、男が下戸だとしても、塩地さんは飲んでいいと思いますよ!?

塩地 ちょっと迷いましたけど、やっぱりお酒に付き合ってくれて、飲んでも体調が悪くならない“ある程度、強い人”が好きです(笑)。でも、どんなにお酒が飲めたとしても、酔うと急にボディタッチや下ネタが増える“お酒で豹変する人”は少し苦手ですね…。そういう人、意外と多いんですよ。

―確かに多いですけど…結構、エッチな企画が多い『妄想マンデー』(AbemaTV)を頑張ってる塩地さんでも、そういう男性が苦手とは!

塩地 大勢での飲み会みたいな感じなら、ある程度『妄想マンデー』のノリでいけるんですけどね(笑)。例えば、ふたりきりでバーで飲んでる時に突然「生で見たらすごく胸が大きいですね…」って言われても、ちょっと戸惑っちゃいます。デートの3回目くらいからにしてほしい(笑)。

―「下ネタは少し打ち解けてからにしてください!」と(笑)。恋人に選びたい男性の条件って、他にもありますか?

塩地 実は今まで肉食な方が相手になることが多かったんですよ。そのせいなのか、私が30代の半ばになったからなのか…今は草食というか、ちょっと落ち着いた人のほうがいいなって思うんです。なんか…肉食系の方って「他の人にもこう言ってるんだろうな」とか、いろいろ考えちゃうんですよね。

?















―おお!! 今、草食男子のひとりとして、かなりテンションが上がりました! では、塩地さんをデートに誘うなら、どうやってアタックしたらいいんですか?

塩地 誘い方も草食的なほうが好きかも…お手紙攻撃みたいな?(笑)

―お手紙って、また古風な!(笑) それ、本当ですか!?

塩地 お手紙って聞くと、「昭和か!」って感じになっちゃいますね(笑)。お手紙っていうか、LINEやメールでもいいんです。文章がいいなって。

―ああ、「紙に手書きで」ってことにこだわっているわけではないんですね。

塩地 はい。普段、私がブログやTwitterで発信した時に、丁寧にコメントやリプライをくださる方が多いんですよ。そうやって反応してくださる方って「しっかりしてるんだな」「優しいな」って思うし、グッときちゃうんです。女性って態度で示されるよりも、やっぱり“言葉”なんですよ。

―“女性は言葉”…なんだか深い!

塩地 だからデートに誘っていただく時は、長文メッセージでちゃんと「会いたい」って示してくれる人が好きですね。電話や直接言ってもらうより、文章のほうが真剣度を感じられる気がします。

―「LINEなんか使わないで直接誘ってほしい」って女性が多い中、意外ですね…! でも、長文メッセージって重くないですか?

塩地 あっ、それはあるかもしれないですね(笑)。絵文字やスタンプは別にいらないんですけど、ちょっと語尾に「〜」を入れたりしてフランクにしつつ、でも普段言いそうにない「熱い想い」を必死に伝えてくる…そんなメッセージにキュンとします!

―たまに「〜」を使って軽い雰囲気にしつつ、最終的に思いの丈を真剣に綴(つづ)ればいい、と。かなり勉強になりました〜〜!! では最後に、読者にひと言お願いします!

塩地 今日は日替わりママ、本当に楽しむことができました! ちょっとマジメな話をしてもいいですか?

―おっ、なんでしょうか?

塩地 私、「どんな分野でもプロになりたい」と思って、グラビアや今日の“ママ”のようなアナウンサー以外のお仕事もさせていただいてるんですけど…「一体、何になりたいの?」「どこに向かってるんだろう?」って声もよくいただくんです。でも、そういうお仕事も楽しみながらできているのはファンの方々の応援のおかげだと思うし、今後の私が進む方向も、応援してくださる皆さんの声次第だなって思うんですよ。ファンの皆さんには、これからも私の“道しるべ”になっていただけたら嬉しいです!

―ファンの方々へのステキなコメント、ありがとうございます! また週プレ酒場に遊びに来ていただけますか?

塩地 はい! 今日はお酒を少しセーブしちゃったんですけど、次こそはもっと皆さんと一緒に飲みたいです!

塩地美澄しおち・みすみ







1982年6月26日生まれ 北海道出身 身長165cm B88 W63 H88







○フリーアナウンサーとして活動中。『妄想マンデー』(Abema TV、毎週月曜23:00〜)レギュラー出演中。『ただいま、ゲーム実況中!!』(テレビ朝日 CS放送 )に出演、最新写真集『すきだらけ』(ワニブックス)も発売中。公式Twitterもチェック!【@misumi626】

(取材・文/アオキユウ[short cut] 撮影/武田敏将)

関連記事(外部サイト)