熱狂的ファン多数の『ねほりんぱほりん』チーフPが語った制作の裏側 「タブーだなって切り捨てちゃうのはよくない」

熱狂的ファン多数の『ねほりんぱほりん』チーフPが語った制作の裏側 「タブーだなって切り捨てちゃうのはよくない」

異色のトーク番組『ねほりんぱほりん』でチーフプロデューサーを務める大古滋久氏

NHKという公共放送、しかもEテレ(教育テレビ)において異彩を放つトーク番組『ねほりんぱほりん』をご存知だろうか? 

聞き手の山里亮太とYOUのふたりがモグラに変身、ブタに変身した顔出しNGのワケありゲストの赤裸々な話を掘りまくるーー。

古くは『ひょっこりひょうたん島』から始まるNHK伝統の人形劇と暴露トークが合体したような番組だが、とても公共放送は思えない過激な描写はもう、かなり破天荒!

そこで、一部で熱狂的な支持を受ける異色の番組の裏側を探るべく、担当チーフプロデューサーである大古滋久(おおこ・しげひさ)氏を根掘り葉掘りしてみた!

―一部、熱狂的な支持者を誇る『ねほりんぱほりん』。NHKというスポンサーを持たないがゆえのやりたい放題感がガンガン伝わってきますね。

大古 ですかね?(笑) もちろんNHKの番組はどれも公共の福祉に反しないことを考えると思うんですけど、『ねほりん〜』もそれは例外なく作っているんですけどね。

―MCは当初からあのふたりにしようと?

大古 まずは山ちゃん(山里亮太)が決まったんです。山ちゃんとはその前に『Rの法則』っていう番組をやっていたんですけど、そこで「匿名リサーチ」というコーナーがあって、例えば「10代のなりたい職業」の上位のファッション業界の方とネット上でチャットをしながらやり取りするんです。

そしたら相手に対する山ちゃんの対応がすごく上手くて。自分の知っている面白ネタもぶっ込みながら、周りを立てつつ、相手も傷つけずに回すんですけど、絶品だったんですよ。それで『ねほりん〜』も真っ先に交渉しましたね。

―その後にYOUさんをブッキングしたと。

大古 YOUさんは下世話な話題でも単刀直入にズバッと聞けるし、好き嫌いがハッキリしているから本音でいけるじゃないですか。NHKのアナウンサーのことを悪く言うつもりはないんですけど、お行儀のいい人はどうしても「そういうわけでこれはいかがですか?」とか、勢いだけの人はヒーローインタビュー的な「この気持ちをどなたに伝えたいですか!」だけで終わってしまうというか(笑)。

―その先までツッこまずに終わってしまうわけですね。

大古 有働(由美子)みたいなツッコミのきくアナウンサーもいますけど(笑)。自分の興味のままに話を聞ける人がいいねっていうことで、ホントのことをガンガン、「とは言っても、こういうことでしょ?」みたいな部分まで聞いてくれるのってYOUさんかなぁと。実際、回を追うごとにそのありがたみがわかってきましたから。絶妙だと思いますね、あのふたりのMCは。

―素朴な疑問ですけど、なぜMCがモグラ、ゲストはブタ、スタッフはカエルなんですか?

大古 モグラは掘るっていうことですね(笑)。

―あ、掘る(笑)。ブタは?

大古 ブタはタブーの逆さまだと(笑)。

―そういうことですか(笑)。

大古 全然伝わってないんですね(笑)。カエルはたまたまありものであったから使おうかと思ったっていう。

―この10月からはシーズン2を放送中ですけど、過去の放送で反響があった回はどんなテーマですか?

大古 「二次元しか愛せない女」「地下アイドル」「ナンパ教室に通う男」でしょうか。特に「二次元〜」はネットの方々との親和性があるんでしょうかね。登場された方がユニークで、鼻にイヤホンを差して、自分が愛している二次元のキャラを憑依させるっていうのが反響すごくて、Twitter上でのツイート数もかなりありました。

―例えば「サークルクラッシャー(通称・サークラ)」の回でも「やりマン」だとか「どビッチ」だとか、番組中、普通に出てきて、それも反響あったんじゃないかなと。

大古 そこにはピー音を入れるか迷ったんですけど、ホントにそれは(MCの)YOUさんの素直な反応だろうし、そこでバシーンとやるのが大人なんだろうなと思って、そのまま出しちゃいましたね。実際、抗議もくるかと思ったんですけど、1件もきていないです。

―そこは良心的な視聴者が観ているんでしょうね。

大古 たぶん、視聴者も素直にそう思ったんだと思いますね。だからそこを代弁しないと。ゲストのやりたい放題感がずーっと続いてしまうのもなぁって思いますし。

―また、YOUさんが口にするから後を引かないんでしょうね。

大古 あのバランス感覚ですよね。好き嫌いをハッキリ口にされるっていう。

―とはいえ、ピー音を入れるか入れないか迷うくらい、非常に針を振り切っている番組ということで(笑)。

大古 とりあえずね、ブレーキはないものとしてやりましょうって思っているんです。




―それはすごい!

大古 誰かを傷つけるとかではない限り、これは大人の社会勉強みたいな位置付けで、こういう世界を知ることも大事だよねっていう意識ですよね。「サークラ」を取り上げた回でも、そういう女性がいることを知らないから、男は騙(だま)されるわけですよ。そういう恋愛授業は学校では教えないですから。

―その知識があれば準備ができますもんね。

大古 「あ、これは『さしすせそ』作戦(※)の『そ』だな」とか(笑)。

(※)番組内で「合コンさしすせそ」として取り上げられた作戦。ちなみに、『さ』は「さすがあ!」、『し』は「知らなかったあ!」、『す』は「すご〜い!」、『せ』は「センスあるぅ〜!」、『そ』は「そうなんだあ!」を指す。この5つの言葉で女性は男の心を掴むという。さらに番組内では、これを凌(しの)ぐ「合コンあいうえお」も登場し、MCふたりを驚かせた。

―勉強になりますね(しみじみ)。

大古 そういうことを知るのもエデュケーショナル(教育)だなっていうか。

―それも一種の教育テレビですね(笑)。

大古 だから自分らがタブーだなって切り捨てちゃうのはよくないんじゃないかなって。もちろん特定の誰かを傷つけるような部分はピー音を入れますけど、できる限りそれナシでできるような掘り方をしますし、それはYOUさんも山ちゃんもわかっていますよね。だから場合によっては下世話なんだけど、知りたいことを掘ってくれる。

―誰もが知りたいと思っている素朴な疑問をぶつけてくれますよね。

大古 例えば「薬物中毒」を取り上げた回でも、それまでのNHK(Eテレ)では薬物を使ってこんなに苦しい思いをしたっていうのはあったとしても、これだけ気持ちがよかったなんてことを伝えるのは絶対にあり得なかったとは思うんです。

―確かになかったかもしれないですね。

大古 でも、そこがなぜこれまではタブーだったのかなあって思いますけどね。

―だったら『ねほりん〜』ではそこも込みで伝えようと。

大古 ええ。「地獄」を伝えるには、そこに至る「天国」の部分も伝えないと、「だから地獄にはまるんだ!」というところまで響かないんじゃないかと。『ねほりん〜』の制作では、そういった本当に伝えるべきことは何かを考えて、タブーに縛られないように作っていきたいと思っています。

(取材・文/“Show”大谷泰顕)

●後編⇒59歳以下の視聴者は壊滅的!?なNHKで若者も支持する『ねほりんぱほりん』の赤裸々な舞台裏を掘る!

■『ねほりんぱほりん』はNHK・Eテレにて毎週水曜日の午後11時より放送中! (第1週・第2週が完全新作、第3週・第4週は過去の名エピソードを再放送)

関連記事(外部サイト)