“ゆで原画”第9回!『キン肉マン』最新61巻が12月29日発売、その前に両先生が選んだ60巻のベストシーンをチェック!

“ゆで原画”第9回!『キン肉マン』最新61巻が12月29日発売、その前に両先生が選んだ60巻のベストシーンをチェック!

ゆでたまご・嶋田先生が『キン肉マン』60巻から選んだ珠玉の1枚!

「週プレNEWS」連載中(毎週月曜更新)の漫画『キン肉マン』(ゆでたまご作)のジャンプコミックス(以下、JC)最新巻の中から、ゆでたまご先生ご自身にお気に入りの原画を選んでご紹介いただくシリーズ企画“ゆで原画”第9回。

まもなく平成29(肉)年最後の29(肉)日の金(キン)曜日! そのメモリアルな「キン肉マンの日」に、完璧超人始祖(パーフェクト・オリジン)編後の新シリーズ開幕編となる最新61巻が発売! 

そこで、それを読む前に…ここまでのおさらいを兼ねて作者・ゆでたまごの両先生に、前巻JC60巻から思い入れの深い原画1枚をそれぞれ選定してもらい、理由も語ってもらった。

***

まずは原作シナリオ担当・嶋田隆司先生に選んでいただいたのが、この1枚(JC60巻/166ページより)。




ストロング・ザ・武道(ブドー)こと超人閻魔(えんま)ザ・マンに勝利し、トドメを刺そうとする悪魔将軍。しかしその行為に待ったをかけたのは、リングサイドでこの両雄の闘いを見守り続けた、我らが主人公・キン肉マンだった!

嶋田隆司先生(ゆでたまご・原作担当)コメント

「このシーンに完璧超人始祖編でやってきたことのテーマが全て詰まってると思うんです。わかり合うために闘うという正義超人の主張。一方で将軍は自分も死ぬ覚悟を決めながら武道にトドメを刺そうとしていて、これはこれでものすごい覚悟なわけですけど、やっぱりそれは何か間違ってる。そう思った時にそのふたりを止めるというのも、また勇気のいることだと思うんですね。正しいと思ったことは、わかってもらえそうになくてもちゃんと真正面から語る。その勇気こそが少年漫画の主人公が大事にしなきゃいけないものだと僕は思ってて、それをまさにここでキン肉マンにやってもらいました。

今回の復活連載にあたって、キン肉マンとはどういうキャラかというのを改めてよく考えたんです。ドジでマヌケですぐ逃げ出すヘタレで…だけど絶対にやらなきゃいけないと思ったことだけは曲げずになんとしてもやる。本当に大事なところだけはしっかりとカッコいい。僕らは、それを『キン肉マン』という漫画で伝えたかったんです。最後に主人公のキン肉マンにしっかりやってもらえた。試合をするというわかりやすい見せ場じゃないですけど、それでも、この流れこそまさに少年漫画の王道で、キン肉マンらしいことがちゃんとやれたなと自分でも思ってて、とても気に入ってるシーンなんです」

そしてもう1枚、作画担当・中井義則先生に選んでいただいたシーンが、見開き全面を使用して描かれたこちら(JC60巻/192〜193ページより)。

今回の一連の大戦争集結を宣言した悪魔超人軍の首領・悪魔将軍。生き残った配下のサンシャイン、バッファローマンと撤収を開始、戦場を後にしていくが…そこにはすでに散っていった、もしくはここに来られなかった全ての仲間たちの面影が浮かびあがって…。

中井義則先生(ゆでたまご・作画担当)コメント

「2011年に連載復活してからここに辿(たど)り着くまで、やはり最も活躍してくれたのはこの悪魔超人軍の面々だったと思うんです。だからこそ感謝の意味も込めて、このシリーズのラストにはその首領である悪魔将軍を中心にフルメンバー全14名が集合した絵を、見開きの大きな1枚で描き上げたいというのは前々からずっと希望として持っていました。それをようやく実現できたのがこの絵になります。

楽しかったのは、それぞれの個性がしっかり出るように、ひとりひとりこだわって考えながら描いていけたことですね。ポーズや表情はもちろん、誰が誰の近くにいるべきかという配置に関しても気を配りました。バッファローマンとスプリングマンは近いほうがいいだろうとか、ステカセとスニゲーターもその近くに置きたかったですし、サンシャインの横にはやはりアシュラマンがいてほしい。集合写真を撮影するカメラマンさんのような気持ちで描いていきました(笑)。

ただ、ひとつ問題だったのが、この現場に本当にいる生き残ったふたりが大きい超人だったということです。特にサンシャイン。普通の集合絵だったらこんなにデカいヤツは最後列ですよ(笑)。でも、後ろに置くわけにはいかないので、彼の存在がかなりネックになりましたね(笑)。描くのに普段のページの倍以上の時間がかかりましたけど、そういうのも含めて総決算でしたね。とても楽しい作業でした」

正義・悪魔・完璧(パーフェクト)…この三属性による超人史上最大級の三つ巴(どもえ)戦はついに終わりを告げ、超人界には新たな息吹(いぶき)がもたらされた。闘いに疲れた各軍はその傷を癒(い)やすべく、束(つか)の間の休息にも似た時を過ごしていたが…そこに新たなる不穏な影が忍び寄る。その影の正体は…あの大魔王サタンだった!?

今回、ゆでたまご先生におさらいしてもらった60巻に続く、最新JC『キン肉マン』61巻は12月29日(金)発売。期待の新章、これより開幕編!(詳細は本サイト内のこちらまで)

さらに、今回は、平成肉(29)年最後の「キン肉マンの日」に『キン肉マンジャンプ ベストバウトTOP10〜完璧超人始祖編〜』が61巻とともに同時発売!(キャンペーンページは本サイト内のこちらまで)

いずれも見逃せない、貴重な一冊になるはず。年末年始は、肉尽くしでお過ごしください!!

★次回、“ゆで原画”第10回はJC『キン肉マン』62巻(2017年3月2日発売予定)の発売直前にお届けする予定です。お楽しみに!

(取材・文/山下貴弘)

関連記事(外部サイト)