ついに連ドラ初主演!でリアル“キョドコ”に…吉岡里帆が心に棲みつくことは間違いない!? 

ついに連ドラ初主演!でリアル“キョドコ”に…吉岡里帆が心に棲みつくことは間違いない!? 

1月13日に都内で行なわれたドラマ『きみが心に棲みついた』の制作発表

TBS系火曜ドラマの新作『きみが心に棲みついた』の制作発表が1月13日に都内で行なわれ、主演の吉岡里帆、共演者の桐谷健太、向井理、ムロツヨシらが登壇した。

原作は「FEEL YOUNG」にて連載中の天堂きりんによる同名漫画。自己評価が極端に低く、他人の前で挙動不審になってしまうことから“キョドコ”と呼ばれるヒロイン・小川今日子(吉岡)と、厳しさの中に誠実さが見える漫画編集者・吉崎幸次郎(桐谷)、爽やかな外見の裏に冷酷な一面を持つ、今日子の大学時代の先輩・星名漣(向井)の3人が物語の中心となる。

吉崎と出会ったことで自分を前向きに変えていこうとする今日子が、星名と再会してしまったことで、ひと筋縄ではいかない歪(いびつ)な三角関係が描かれていく。

制作発表の壇上に登場した吉岡は司会者に挨拶を求められると、「初めてということで緊張している中、温かい皆さんに囲まれて…」と答えようとするも、途中で噛んでしまい、他の出演者からフォローされるという…まずは“リアルキョドコ”な微笑ましいひと幕も(笑)。

過去にトラウマを持ったヒロインが、タイプの違う男性ふたりの間で揺れ動く本作。共演の桐谷と向井の印象を聞かれると「原作を忠実に表現するため体当たりなシーンも多いですが、冗談抜きで皆さん優しいです。キョドコとして存在できるように見守られている」とコメント。

一方、桐谷は「初めてのモテ役でやっと世間が気付きだした」と会場の笑いを取りながらも「ストーリーが進むにつれて、星名の悪いところに気づき始めている。どう吉崎がキョドコを守っていくのか」というストーリーのポイントについて言及。向井は「(火曜10時枠のドラマは)変化球が多かったが、それを超える魔球のような作品。悪役を演じるのは久しぶりで、キョドコに対しては(現場でも)優しくしないようにしている」と語った。

そんな掛け合いの中、吉岡は初顔合わせの時に向井から「全力で行くので覚悟してください」と言われたことを明かし、共演者の仲の良さとともに、役柄を通じて作品に向き合う真剣さの両方が垣間見えることとなった。

また、本作が連続ドラマ初主演となる吉岡だが、ムロとは過去に映画『幕が上がる』でも共演。その際にひとつしかセリフがなく悩んでいた彼女が「台詞がないのにどうしたらいいのか?」と相談したところ、「現場でできることがもっとある」とアドバイスをもらったというエピソードを披露。「努力できることがあると気づいてスイッチが入った」ことが役者としての分岐点となり、本作に対してもすべてをかけて臨んでいるという意気込みも語った。

制作発表の最後には、1月15日が誕生日の吉岡にサプライズでバースデーケーキが桐谷と向井より渡され、ビックリするという光景も…。

そんなほっこりする会見だったが、退場する際は深々と吉岡が報道陣に会釈し、初主演となる本作に向き合う真剣さがあらためて伝わってきた。25歳となった彼女が決意も新たに挑む連続ドラマ『きみが心に棲みついた』は1月16日(火)毎週夜10時〜よりスタート。今クールの話題作として注目だ!

●『週プレ グラジャパ!』では吉岡里帆ちゃんの電子写真集を多数配信中! 詳細は『週プレ グラジャパ!』まで!!

(取材・文/加藤真大 撮影/鈴木昭寿 写真提供/TBS)

関連記事(外部サイト)