大躍進中の若手女優・桜田ひよりが麻雀に青春をかける少女に!「1回だけ国士無双をツモりました!」

大躍進中の若手女優・桜田ひよりが麻雀に青春をかける少女に!「1回だけ国士無双をツモりました!」

『咲−Saki−阿知賀編』で主演を務める桜田ひよりちゃん

現在も「ヤングガンガン」で連載中の人気漫画が原作で、2017年2月に公開され大反響を呼んだ映画『咲−Saki−』。その実写化第2弾となる『咲−Saki−阿知賀編 episode of side−A』が本日より全国で公開。

同作は、現実の世界よりも広く麻雀が浸透した世界を舞台に、女子高校生たちが麻雀に打ち込む姿を描いた青春ストーリーだが、今回の続編では前作ともまた違った登場人物たちの視点で物語が進行していく。

そこで主役の高鴨穏乃(たかかも・しずの)役を務めるのが女優・桜田ひより(15)ちゃんだ。

昨年、映画『東京喰種トーキョーグール』に出演し注目を浴びたほか、新年の『週刊プレイボーイ』3・4合併号では次世代美少女特集に選出されるなど、今、最も将来が期待される女優のひとりである彼女。

そんな桜田ひよりちゃんに直撃し、映画の話はもちろん、今年4月には高校生となるその意外な目標などについて語ってもらった!

―劇場版『咲−Saki−阿知賀編』を観させていただいたんですけど、本当にめちゃめちゃ可愛かったです!

桜田 いやいやっ! とんでもないです! でも『咲−Saki−』には、とにかくたくさん美少女たちが出演して可愛らしく映ってるので、そこには注目してほしいです!

しかも、可愛いだけじゃなくて熱い! 麻雀が題材なのに青春モノとして一致団結して勝利を目指す姿をぜひ観てもらいたいです。

―確かに、白熱したバトルが描かれてますよね! ちなみに今回、演じる穏乃ちゃんはどんな女のコですか?

桜田 すごく元気で明るくて、一度決めたことは絶対に曲げずに突っ走る。可愛らしさと強さを持った女のコです。

―『東京喰種』で演じた笛口雛実ちゃんは、自分とは真逆のキャラと言ってましたが、今回は自分と比較してどうですか?

桜田 自分と近いところがたくさんあって。体を動かすことも好きだし、明るいところも似てるなって思いました!







―じゃあ、シンクロばっちりですね! 逆に、役作りで大変だった点は?

桜田 やっぱり麻雀がすっごい大変で…。まだ、役とか点数とかわからないところもあるんですけど、撮影に入る前に1ヵ月間、みんなで牌の名前から打ち方まで全部勉強して練習したんです。だから、今はみんな麻雀が打てるようになりました。中には、強くなりすぎて麻雀の先生に勝っちゃう人もいます(笑)。

あと、私は強いほうではないけど、1回だけ役満の国士無双をツモりました! 私は全然気づかなかったんですけど、先生が「それツモってる!」って興奮してました!

―15歳の女のコが国士無双ってすごすぎです! ところで、撮影現場の雰囲気はどんな感じでした?

桜田 本当に和気あいあいとした楽しい現場でした! 私は一番年下だし、歳も離れてるんですけど、皆さんが私の話に合わせてくれるので話しやすかったし、ガンガン引っ張ってくださって。

特に阿知賀のメンバーはずっと一緒にいたので本当に仲がいいです! やっぱり大変だったけど、ほぼ毎日一緒に麻雀の練習したおかげで仲が深まったので、麻雀に感謝してます。

―仲良くなれてよかったですね! ところで、昨年12月には15歳になって、この4月には高校生。大きく環境が変わる時期に入ってきたと思うのですが、自分の中でちょっと大人になったなぁって思うことは何かあります?

桜田 まっっったくないっ!!(笑) 中学校生活が思っていたよりもすごく短くて、気づいたら高校生が目前にっていう感じなんです。私が中学1年生の時は、中3の先輩ってすごく大きく見えたんですけど、実際に自分がなってみると何も変わらないから「あれっ?」って思います(笑)。

―昨年は映画、舞台、ドラマと大活躍でしたが、女優としての成長や手応えは?

桜田 それもあまりないんです。だけど、昨年は本当にいろいろな経験ができたので充実した年だったなって思います。全部、自分の中で印象深いですし。特に夏に出演した舞台は初挑戦だったのですごくいい経験になりました。

―映画やドラマで演じるのと、舞台では違いはありました?

桜田 声も張らなきゃいけないし、稽古で同じシーンを何回も何回も繰り返しやるので、全然スタイルが違いました。それに、舞台だと生の演技をお客さんに届けないといけないので、いつも以上に熱が必要でしたね。















―大きな挑戦となったんですね。では、今度はプライベートで挑戦したいことは?

桜田 英語をマスターしたいです! 海外に興味があって、いつか旅行に行きたいなって思ってるんですけど、英語をマスターしてたらいろいろな国に行ってコミニケーションが取れるなって。

―どこか行ってみたい国は?

桜田 私、あそこ行きたいんですよね。あの天国に一番近いところ…。えーと…。

(マネージャー) ニューカレドニア?

桜田 ニューカレドニア! あと、あそこ、水の都の…。えーと…。

(マネージャー) ベネツィア?

桜田 ベネツィアッ!!(ビシッ)

―全然覚えてないじゃないですか!(笑)

桜田 ベネツィア、行きたいです! 街並みとかすごい綺麗そうですよねぇ。ニューカレドニアは海がすごい好きだから行ってみたいです。私、泳げないんですけど(笑)。あと最近は写真にもハマっているので、そんな風景を撮影できたらいいなって…。

―その写真がブログとかにアップされることを期待して待ってます! では最後に今年、高校生となる桜田さんの今後の目標を教えてください!

桜田 なんだろうな〜、う〜ん…。人の話を聞くことかなぁ。

―え、どうゆうことですか?

桜田 なんか私、「人の話を聞いてない」って言われるんです。いや、聞いてないわけじゃなくて、次から次へと他のものに興味が出てきて、そっちのほうが気になっちゃうんですよ!って…これ、もう弁解みたいになってますね…。本当にもう〜。

―(笑)じゃあ、もう一度、最後にバシッと目標をお願い致します!

桜田 最後まで人の話を聞くっていうのが目標ですっ!

―斬新!!

(撮影/鈴木大喜)















●桜田ひより(さくらだ・ひより)







2002年12月19日生まれ 千葉県出身 身長158センチ ○2013年にドラマ『免罪死刑』で女優デビュー。ドラマ『咲−Saki−阿知賀編 episode of side−A』で初主演。その他、最新情報は公式ブログ、スタッフオフィシャルツイッター【@Hiyori_staff】でチェック!!







■劇場版『咲−Saki−阿知賀編 episode of side−A』は本日より全国ロードショー。詳細はオフィシャルホームページまで!

















(c)小林 立/SQUARE ENIX・「咲阿知賀編」プロジェクト

関連記事(外部サイト)