“ベストボディ”優勝の超美尻アイドル・柳本絵美が肉体改造した理由「過食嘔吐を繰り返して…」 

“ベストボディ”優勝の超美尻アイドル・柳本絵美が肉体改造した理由「過食嘔吐を繰り返して…」 

「ベストボディ・ジャパン」の2017年「ガールズクラス」で優勝した柳本さん

健康的でバランスよく引き締まったボディを競う「ベストボディ・ジャパン」の2017年「ガールズクラス(18〜29歳)」で優勝したアイドルが!

「ミスFLASH2009」の4代目グランプリにして「日本レースクイーン大賞2017」では新人部門特別賞を受賞、アイドルグループ「Cheer(ハート)1」の元メンバー・柳本絵美ちゃんだ。

現在は都内にある女性専用のジムでトレーナーも務め、自らもトレーニングを欠かさない毎日とか。インスタではその美尻っぷりにも注目が集まっている。

実は、自らその肉体改造に目覚めるまでは紆余曲折の日々だったという彼女だが、念願のベストボディを手に入れるまでの軌跡とは…!?

―ウエスト細っ! お尻はキュッ!! どーしたら、そのボディが手に入るんですかね?

柳本 お尻を上げるには、ブルガリアンスクワットがいいんです。やってみます?

―今は「ベストボディ・ジャパン(以下、BBJ)」の「ガールズクラス(18〜29歳)」で優勝した実績を活かして、アイドル兼インストラクターですもんね。では早速…。

柳本 ブルガリアンスクワットは足を前後に開いて上半身を少し斜めに、背筋を伸ばす姿勢をとって腕を胸の前で組んで…はい、じゃあ前足を曲げてください。スクワットしていきます?

―絵美先生っ! コレ、超ツラいっす(涙)。

柳本 ここで頑張ればお尻が上がりますよ。デニムが合う体になりますから! いいですよ。もう少し曲げて、あと5回っ!

―ハァ、ハァ……片足15回ずつで、ハァ、息が……。インタビューに入る前にぶっ倒れそうですが、先生の励ましがあってやり遂げられること、ハァ……。でも、励ましが萌えすぎて頑張れました。

柳本 インストラクターは2017年4月から始めたばかりなので、まだ全然で…。

―いや、全然アリですよ! あ、でも大会出場前から始めてるんですね。

柳本 芸能のお仕事に余裕があってバイトもできそうだったので(笑)、「好きなことを仕事にできたらいいな」と思って。でも、始めたからには声をかけられると頑張れるし、モチベーションが上がった経験もあるから、私も生徒さんの心に響くようなフレーズで声をかけるようにして頑張って教えています。

―私にかけてくれたような「お尻が上がるよ!」とか?

柳本 そうです。モチベーションが上がるトークを入れるのを私の武器にしようかなって。

―上がりましたよ〜。

柳本 そうやって頑張ってくれている姿を見ると、私も刺激を受けるんですよね。ちなみに今、グラドルの天木じゅんちゃんや柳瀬早紀ちゃんも通ってくれてるんですよ。やはり筋トレはトレーナーをつけて正しいフォームで行なわないと、きれいな体を作れませんから。

―今年はグラビア界に筋トレ旋風が巻き起こる〜!? だけど、グラドルに教えるまで極めるためのトレーニングは相当、ハードそう。「BBJ」優勝まではどんなことしてたんですか?

柳本 食事のバランスをグラム単位で認識して、タンパク質、脂質、糖質のバランスを考えた食事に変えました。体を部位別に細かく鍛えて、予選となる埼玉大会の1ヵ月半前はかなりの節制とトレーニングをしました。

味のない鶏肉を食べて、ひもじい思いもしましたよ(笑)。いつもは57cmのウエストを55cm、体脂肪も18〜19%から16〜17%に落としました。ただ、やりすぎた感もあったので、本選である日本大会までは"いつでも同じ体をキープできるよう"に心がけて、チートデイ(好きなものを食べられる日)を入れたり、細くなりすぎないようにしながらトレーニングの質も上げました。

―予選大会終了後、本戦に向けて計画的な動き方をしたとか…。

柳本 予選大会が終わった後、体型が変わらないようにトレーニングは1週間以上休みませんでした。日本大会前日からの食事では水と塩を抜きましたね。ただ、体の見映えをよくするには筋量もないとダメなので、前日は朝から炭水化物を摂って体を大きく見せるような食事をしたんですよ。

白米150gと、朝から茹でたお餅を食べたりして。それに加えて、「どうすれば自分がよく見えるか?」を考えて、規定ポーズに抑揚をつけて広い会場でも映えるように考えていきましたね。

―大会では、いくつかの規定のポーズがあるんですよね?

柳本 はい。それをキレイに見せるためには水着もこだわらなきゃと思って、西日暮里まで生地を買いに行って、オーダーで水着を作って。ウォーキングのレッスンにも通いました。とにかく、トータルパッケージで"どうすれよく見えるか"を考えたんです。ヘアスタイルはポニーテールにして、首筋をキレイに見えるようにしたり…。それが優勝につながったと思っています。

―すっごい!

柳本 典型的なO型なんで、ハマると突っ走るタイプなんです?

―そして今や、笑顔がグラビアでなくボディビルダー系に(笑)?

柳本 なってるかもしれません(笑)。広い会場に笑顔を届けないといけませんから、口角がより上がる笑顔に変わりました。

―そこまで肉体改造に目覚めた理由は? 芸能界デビューのキッカケが「ミスFLASH」なのもあって、元々が美しボディの持ち主じゃないですか。

柳本 トレーニングを始める1年半ほど前は全然…むしろ、若干ぽっちゃり体型で。「ミスFLASH」の頃も体重は50kg(162cm)くらいでしたけど、55〜6kgまで太ってしまったんです。

パンツが入らなくなって、体型を隠すために襟付きのワンピースばかり着ていました。ブログとかにアップする写真は細く見えるようにかなり加工してました(笑)。

―なんでまた、そんなに太ったんですか?

柳本 2年前、仕事で行き詰まって過食嘔吐を繰り返すようになったんです。地方で、それも初めてのお仕事のプレッシャーがあって、ホームシックにかかっちゃって。だから、最初はファンの方からいただく差し入れの食べ物が嬉しくて、美味しくて…って食べてたんですけど。

そのうち止まらなくなっちゃったんです。自分で大量に買うようになって、食べているうちに太ってきたので、次第に一緒に1Lの水を買って、週3〜4回は過食嘔吐するようになっちゃったんですよね。

―そこまで! では、そこから脱したキッカケは?

柳本 友だちに相談したんです。そしたら、「ジムに行こうよ!」って。

―どんな友だち?

柳本 才木玲佳(さいき・れいか)なんですけど。

―「Cheer(ハート)1」のメンバーで、週プレでもおなじみの"筋肉アイドル"れいたんですか! プロレスデビューまで果たした、ムキムキの筋トレマニアじゃないですか…。確かにオススメしそう(笑)。

柳本 それがちょうど、れいたんがムキムキになった頃に相談したんですよ。でも、やるにしてもマッチョにはなりたくないなと心配してたら「ムキムキにはならないよ〜」と言われて、紹介でゴールドジムに行ったんですよね。

―本人がムキムキなのに(笑)!

柳本 (笑)で、1年半ほど前に全6回の初心者講習を受けました。自分の体に合ったメニューをマシンで組んでもらいトレーニングをしたんですが、通いやすいなと。それで1週間に3回のペースで通っていたら、2ヵ月くらいで3〜4kg痩せたんです。そしたら、もう吐いてられないってなって。















―暗黒期間を抜けたんですね。

柳本 はい。体は正直だから、トレーニングした分だけ応えてくれることもあって、豆腐メンタル(笑)から抜けられました。痩せ始めたことで「もっとボディメイクをしたい。細いだけじゃなくて、お尻も上げたい」と思った頃にパーソナルジムに通い始めました。

―以前と現在、どんなところが変わりました?

柳本 今の私のチャームポイントは、背中から腰にかけてのライン。2年前はそんなこと言えないくらい、お尻はタレてる、フェイスラインはたるんでいる、顔はむくんでましたけど。でも、一番変わったのは心だと思います。

一気に細くなったんで、家族には驚かれたりもしましたが、グラドルの撮影現場では周りに褒(ほ)められたり、お尻からウエストラインにかけてのトレーニング方法を「教えて」って言われるんです。この成功体験のおかげで、自分に自信を持てて堂々とできるようになりましたね。

―モテるよーにもなったとか?

柳本 かも(笑)? 以前は、寂しいから誰かを好きになってたんですよね。周りからも自分でも、今なら「なんでそんな人を?」っていうような相手でも(笑)。でも、今は好きな人をすぐ欲しいと思いません。トレーニングが心の支えだから、寂しくて男の人を好きになることはないです。それよりもトレーニングを優先したいし、そのスケジュールを崩されたくなくて。

―恋人がトレーニング!? なんか、ますますハマりそうな雰囲気ですが…。

柳本 今、トータルバランスを考えると肩と腕が細いのが悩みで。その解消や全体的なバランスを整えるために、1日2部くらいで週4日だったトレーニングも週5回、1日1部くらいに変えました。

プロテインは朝20g、トレーニング後に20gを摂っているんですが、さらに食事も見直して、2年後にはフィジークビキニ(バランスの良い筋肉や衣装やほかトータルで肉体美を競う大会)に出場できたらなんて思っていて。

―え、えっと…グラビアは!?

柳本 このトレーニングの経験をどう活かすか?…これから考えていかなきゃなんですけど。ちゃんとグラドルも続けてます。今月、イメージDVD「美Body Smile」が出ますし。トレーニングをしたら、こんな体になるという肉体美を表現できていると思います!

グラビアっぽい決めポーズも、胸を強調するよりもお尻が高く背中がキレイに見えるようなポーズにしたいですね。

そういえば、胸が大きく見えるようになったみたいで「いじった?」と思われているようですが、全然! 実はベンチプレスで大胸筋が大きくなり、形がキレイになったんですよね。

―筋肉増量で胸の形まで変わった? そんな成長とチャームポイントの背中からお尻にかけての美ラインを今後のグラビアで堪能できるってコトですね〜!

(取材・文/渡辺しかし 撮影/松井秀樹)

柳本絵美(やなぎもと・えみ)







1992年4月20日生まれ。東京都出身。身長162cm B80W60H85 テレビは「佳代子の部屋〜真夜中のゲームパーティー」(毎週木/フジテレビほか)、「ムズムズ!!トゥナイト」(毎週金/NST)などにレギュラー出演中。

関連記事(外部サイト)