イジられキャラ確立で、相方・渡部とのイライラも緩和 アンジャッシュ児嶋

イジられキャラ確立で、相方・渡部とのイライラも緩和 アンジャッシュ児嶋

アンジャッシュの児嶋一哉

 “イジられキャラ”としてお笑い界で強い個性を発揮している「アンジャッシュ」の児嶋一哉がただいま絶好調だ。9月22日公開の映画『闇金ウシジマくん Part3』に出演するなど、俳優としての存在感も増している。万事順調に思える芸能活動だが、現状の立ち位置はまったく予想外のことだったようだ。

苦肉の策でストーリー性のあるコントにたどり着いた

 「アンジャッシュ」といえば、しっかりと練られた台本によるシュールで偏差値の高いコントを披露するコンビという印象があるが「それって結果的にたどり着いたスタイルだったんです」と児嶋は苦笑いを浮かべる。

 「最初は僕がボケて渡部(建)がツッコミ、1個1個ギャグを連発していくようなネタをやっていたのですが、大体60点ぐらいで。ライブとかでも2〜3番手ぐらいの評価だったんです。特別ずば抜けてセンスがあるわけじゃなく、見た目の個性があるわけでもない。苦肉の策で、台本を面白くするしかないよねって話に至って、ストーリー性のあるコントとかをやっていたんです」

 そんな悩みから、「アンジャッシュ」というお笑いコンビのスタイルが確立する。しっかりした台本とキャラクターになりきる演技力。「後付けかもしれませんが、こういった経験が、今の役者という仕事につながっていったのかなって思うこともありますけれどね」

 ただ、「芸人としては決していいことではないと思っていました」と児嶋は心境を吐露する。「芸人さんは、その人がやったらどうやっても面白いというのが一番いいんです。僕らみたいなのは、台本が面白くなかったり、ネタの出来が良くないとあまりウケないんですよ」

俳優をやっているが、やっぱり本業は芸人

 そんな悩みを抱えつつ、俳優としての仕事は広がっていく。

 「ありがたい話ですよね。でもやっぱり僕の中では芸人が本業です。これからもずっとそう。芸人のアンジャッシュ児嶋がドラマとか映画に出させて頂いたことにより、その時のエピソードをバラエティ番組に持ち帰れたらいいなって思っているんです」。

 とは言いつつ、ドラマや映画に出演することにより欲が出てきている部分は否定しない。

 「映画館の大きなスクリーンに自分が出ているのを見れば感動しますし、やるからにはもっと上手くなりたいという気持ちはあります。お芝居が上手くなれば、きっとバラエティ番組でも役に立つだろうし、コントにも還元できますしね」

イジられキャラがさく裂!「本質が見透かされた」

 “キャラクターが弱い”という自己分析。相方の渡部は独自の路線を突き進む。

 「努力して仕事に繋げて……すごいですよね。いまやグルメといえば渡部と言われるし、それ以外でもマニア性をいかして本当に努力していますよ」と称える。そんな中、児嶋にも大きな変化が生じる。冒頭に述べた“イジられキャラ”だ。

 「本当に不思議。若い頃はキャラがなくて、苦肉の策でコントをやっていたのに、今はキャラができているんですから」と数奇な運命を振り返る。

 「若い頃は、頭がいいように見せたいとか、ダサい部分を見せちゃダメだと思っていたのですが、さすがに20年もやっていると、本質を見透かされちゃうんですよ。『バナナマン』や『おぎやはぎ』とか、昔から知っている連中は、僕のそういう部分を知っている。みんな売れっ子で、僕のダメな部分を番組とかで言ってくれて、多くの人に知ってもらえて、こういうキャラクターになったんです。素をさらけ出して勝負しないとダメなんだなって実感しています」

昔はお互い相手に対してイライラしていた

 お互いキャラクターが立ってきたことによってコンビの関係も変化が生じた。

 「昔はもっとお互いに相手に対してイライラしていたと思うのですが、そういうのはなくなりましたね。求められていることもぜんぜん違うし。楽屋とか一緒でも全然しゃべりませんが、それが普通。仲が良いとか悪いとか、そういう感覚じゃないんですよ」と客観的にコンビの距離感を語る。

 常に頭にあるのは芸人・児嶋一哉だという。その理由を聞くと、

 「テレビに出たくてこの世界に入ったんです。バラエティが大好きで、番組出るといまだにドキドキするんです。収録ですごい笑いをとったら、眠れないぐらい興奮するし、逆に何もつめ跡を残せなかったら『もう呼んでもらえないな』って落ち込んだり」と少年のように目を輝かせる。

さんまさんやダウンタウンさんの現場での緊張感はすごい

 すでにキャリア20年以上の児嶋でもフレッシュな気分なのかと驚きをぶつけると、

 「ベタですが(明石家)さんまさんや、ダウンタウンさんの番組に出るときは、絶対ミスしたくないって思いが強いですね。でもやっぱりミスしちゃうこともある。その時の落ち込みようは半端ないですよ。本当にすごい緊張感です」と語る。しかしその緊張感は決して不快なのもではなく、ハラハラ、ドキドキを楽しんでいるような表情だ。

 あくまで芸人が軸足という児嶋。映画『闇金ウシジマくん Part3』では、俳優・児嶋一哉というよりは、芸人・児嶋一哉として、おいしい部分をゴッソリと持っていっている。

 「撮影は一日でしたが、楽屋では山田(孝之)さんをはじめ出演者の方と仲良くさせて頂きました。ちょうど撮影のとき、渡部がグルメ本の第二弾を出したので、それを山田さんに渡したのを覚えています」と楽しそうに撮影を振り返っていた。

(取材・文:磯部正和)

■児嶋一哉(こじまかずや)1972年7月16日生まれ。東京都出身。1994年に相方の渡部建とアンジャッシュを結成。お笑い芸人として活躍する一方、2008年公開の映画『トウキョウソナタ』で俳優デビューを飾ると、その演技力を評価され、数々のテレビドラマや映画の出演を重ねている。『闇金ウシジマくんPart3』では罰ゲームの債務者役というインパクトのある役柄で作品に爪痕を残している。

動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=ShrxEZnul1I