「役者を遊ばせてくれる」スピルバーグ監督の魅力をアカデミー賞俳優が語る

「役者を遊ばせてくれる」スピルバーグ監督の魅力をアカデミー賞俳優が語る

アカデミー賞俳優、マーク・ライランス(撮影:磯部正和)

 スティーブン・スピルバーグ監督作『ブリッジ・オブ・スパイ』でアカデミー助演男優賞に輝いたマーク・ライランス。そんな彼がディズニー映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』で再度スピルバーグ監督から出演を熱望されタッグを組んだ。現代最高の監督でありプロデューサーといっても過言ではないスピルバーグ監督から愛される俳優マーク・ライランスの素顔とは……。来日中のマークにスピルバーグ監督の魅力や自身について聞いた。

スピルバーグ監督は役者を遊ばせてくれる

 オスカーを受賞した『ブリッジ・オブ・スパイ』、そして本作以降も、スピルバーグ監督との仕事が続くというマーク。稀代の名監督でありプロデューサーであるスピルバーグ監督から愛されている名優は、

 「スピルバーグ監督は若い映画監督に古い映画をよく観るようにアドバイスするんです。多様な作品を監督していますが、フランク・キャプラのような伝統的な起承転結のあるストーリーテリングを尊重しているんです」とスピルバーグ監督の特徴を挙げる。

 その一方で「最新のテクノロジーにも魅了され、興味を持っているんです」と時代に適合するようにアンテナも高く張っているという。

 「伝統的なストーリーに最新鋭のテクノロジーの二つをミックスして非常に巧妙な作品を作り上げるんです」

 また現場では「あまり言葉を尽くすタイプではなく、役者を遊ばせてくれるんです」と語ると「もちろんしっかりとした演出プランは持っていますが、誰かがいいアイデアを思いつくと、耳を傾け検討するんです。監督によっては寸分の狂いもなくプラン通りにことを進める人もいますが、スピルバーグ監督はそういうところはありません」とその柔軟性に舌を巻く。

 さらに「40年以上映画を作っていますが、常に子ども心を忘れず、イマジネーションが素晴らしい。熱意を一切失っていないんです。また撮影しながら編集をするタイプなので、必要ならすぐに追加撮影することができます。なので現場はすごくスムーズなんです」と賞賛する発言は枚挙にいとまがない。

 マーク自身も舞台俳優やグローブ座の芸術監督、そして映画俳優と長年に渡って一線級で活躍しているが、その情熱はあせることがないという。

 「僕は30代のころに運良く二つの重要なことに気づいたんです。一つは、お金でもなく名声でもなく演じることが心底好きだということ。デビッド・ベッカムがサッカーボールを蹴るのが好きなのと一緒だね。そしてもう一つは仲間たちがいる場所だということ。僕はシャイなのでパーティーで人と接することは苦手なんです。でも舞台や映画などものを作る場では、一つのことに向かってみんなが情熱を傾けられる。そういう場は好きなんです」

オスカー俳優の複雑な家庭環境がBFGの演技に生きている

 スピルバーグ監督の伝統と最新テクノロジー、そしてマークの確かな演技力が結集した『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』。劇中では、好奇心旺盛な少女ソフィーと、BFGと呼ばれる巨人というまったく共通点のない二人が心通わせる物語が展開されるが、

 「僕が結婚した奥さんには3歳と7歳の連れ子がいたんです。それまで僕は独り身だったので、急にできた娘たちと関係を築かなければいけなかった。まさにソフィーとBFGの関係と一緒だね」とマークは語る。

 続けて「娘たちは、妻の前の夫、つまり実の父親とも良好な関係だった。しかも彼女たちの実の父親は建築家で毎朝仕事に行って、きちんと帰ってくるような人。一方の僕は当時28歳でしたが、演劇をやっていたので、かなりハチャメチャな生活でした。娘たちも戸惑ったと思います。なかなか複雑な関係で、そういう部分もこの作品と似ていたので役作りに自分の実体験は反映させた部分もありました」

 スピルバーグ監督ならではのファンタジックでやさしいストーリーが展開する『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』。マークのこうしたバックボーンを知ったうえで作品を観ると、より一層味わい深い見方ができるかもしれない。

(取材・文・写真:磯部正和)

『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』は9月17日(土)全国ロードショー