「アメトーーク!」放送週2回化で見えた、テレビ界の実は崖っぷちな状況

 お笑いコンビ「雨あがり決死隊」がMCを務める人気番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)が、10月から毎週日曜日にも放送されることが発表された。

 これにより同番組は、従来の毎週木曜午後11時15分から深夜0時15分の枠と、毎週日曜午後6時57分から午後7時58分の枠の週2回の放送となる。

 「かつて、『くりぃむしちゅー』がMCを務めていた『シルシルミシル』(テレビ朝日系)も深夜枠と日曜のゴールデンタイムの週2回の放送でした。前例はあったといえ、ウチにとってそれだけ特別な番組と言えます。このところ“ネタ切れ”ではないかとの指摘もありますが、長年続いている人気番組だけに、それなりに数字が期待できると編成をはじめ、上層部が判断したのでしょう」とは同局の局員。

前向きなようでじつは後ろ向きの戦略!?

 視聴率好調の勢いに乗って日曜ゴールデンに殴り込みという観もあるが、芸能評論家の市川大介氏は、意外にも後ろ向きな戦略ではないかと指摘する。

 「日曜の午後7時台という激戦区を戦い抜くには新番組で勝負するより、既存の番組である程度数字を確保したいという戦略も見て取れて、守りに入っているイメージもある。昨今のテレビは『新しいことにチャレンジしていない』、『刺激がない』、『マンネリ』など、若い世代に見限られている印象もあるだけに、若い世代を引き戻すくらいの企画力で勝負して欲しいですね」

 ちなみに、同番組が進出する日曜のゴールデンタイムの午後7時台といえば、「ザ!鉄腕!!DASH!」(日本テレビ系)や「モヤモヤさまぁーず2」(テレビ東京系)、そして10月から新番組として「クイズ☆スタータレント名鑑」(TBS)、古館伊知郎がMCを務める「フルタチさん」(フジテレビ)が加わるなど、激戦が予想される。

番組のため撮りは今や当たり前 1日で8本分の収録をした番組も!

 そんな「アメトーーク!」の現在の収録スタイルは、1日で放送2本分の収録を行う、いわゆる“2本撮り”だ。昼間と深夜に収録を行っているわけだが、枠が一つ増えたということは、その分収録も増えることになる。

 同番組の加地倫三ゼネラルプロデューサーは「昼と深夜の空き時間にもう1本撮る」と、冗談まじりに話して笑いを誘ったが、その実、テレビ局や番組制作会社にとっては、できるなら何本でもため撮りしたいというのが本音だという。

 「同じ日に2本撮るのと、3本撮るのとでは、出費が全然違う。あらためて別日にスタジオセットを組むだけで、その分のお金がかかってしまうし、カメラマン、照明、音声、美術といった人件費も出ていきます。ですから、低予算の深夜番組を複数本ため撮りすることはよくあることで、あるローカル局では1日で8本分の収録をしたという番組もあるくらいです」(フリーディレクター)
 
 ここ数年、広告費が下がり続けているテレビ業界にとっては、少しでも番組制作費を節約しようという姿勢が収録本数を増やしているのが実状だ。

所ジョージは収録仕切りの天才!?

 その一方で、1日で1本収録でも、コストパフォーマンスが良い番組もある。

 「例えば、BSフジで放送されている『世田谷ベース』は、所ジョージさん自ら収録現場を仕切っていて、放送時間の1時間が来たら、すぐさま収録終了となります。ですからほとんどノー編集です。収録場所も、所さん所有の“ベース”ということで、スタジオ代はかかりません。また通常は、“撮れ高”を気にして、できるだけ長く収録する傾向にありますが、『世田谷ベース』は、視聴者に支持されている趣味人・所さんの考えが絶対なので、短い収録でも満足させられる内容になっています。番組制作費が限られるBS番組ながら、長く続いている要因の一つでしょう」(前出、市川氏)

 予算削減が前提となっている昨今のテレビ業界にとって、いかに効率よく番組を収録するかは至上命題となっている。

 “効率至上主義”により、テレビ番組が面白くなくなっているという声もあるが、そうした時代だからこそ、予算に頼らないテレビマンの実力がより試されることになるだろう。
 
(文責/JAPAN芸能カルチャー研究所(http://japan-culture-labo.com/))