「かわいい」と秦基博にときめくクミコ 大人の恋歌をステージで初コラボ

「かわいい」と秦基博にときめくクミコ 大人の恋歌をステージで初コラボ

左から松本隆、クミコ、秦基博

 歌手のクミコが24日、EXシアター六本木(東京都港区西麻布1)で「クミコスペシャルコンサート 2016」を行った。クミコwith風街レビュー名義で発表した新曲「さみしいときは恋歌を歌って」をシンガーソングライター秦基博と共にコンサートで初披露した。

 秦とは初のコラボで、同曲では作曲とコーラスとして参加している。

 コンサートは2部構成で、1部はゲストでも登場した音楽プロデューサーの松本隆の作品を集め、2部は「愛の賛歌」や「コメディアン」などクミコの得意のシャンソンナンバーに加え、故永六輔やつんく、中島みゆきなどが手がけた話題の楽曲を披露した。

 1部の後半に松本がクミコに呼ばれ、客席から登場するというサプライズな演出があった。松本との本格的タッグは16年ぶり。軽妙な恋の話や作品に寄せた思い、新しいアルバム制作などについてほのぼのと語られた。松本が手掛けたクミコの初アルバム「AURA」は不幸で日陰で生きる主人公がたくさん登場していたが、次回作では堂々と胸を張れる中高年の恋の作品に期待してほしいと話していた。

 秦は1部の最後に登場。「秦さんのコンサートは女の子が99%、すごいモテてているんですよ」とクミコ。すると秦は「今日も女の子が99%」と熟年が多い観客席に向けてリップサービス。

 クミコはしきりに秦をかわいいと絶賛し、「ステージでは顔に何か塗らなきゃいけないんですけど、取っちゃうとキューピーさんみたいでほんとにかわいい」と言って、会場を沸かせた。「あまり共感を得ていないようですよ」と秦が言うと、女性客からは「かわいい」との声援があがった。

 そんな楽しい掛け合いのあと、クミコは「さみしいときは恋歌を歌って」を歌い、秦はコーラスを担当。秦らしい繊細で優しく少し複雑な旋律に、大人の恋のはじまりにハッピーエンドを予感させる松本の歌詞が美しく彩った。

 迫力と安定感と繊細さ、すべてを兼ね備えたクミコの歌に、人生の酸いも甘いも体験したちょっぴり自虐的な卓越したトークがコンサートを盛り立てた。 

【クミコ コンサート2016 EXシアター六本木 9月24日(土)セットリスト】
ピアノ:大貫祐一郎 ベース:大坪寛彦、ヴァイオリン&二胡:土屋玲子、ドラム:足立浩 ギター:塚田剛  シンセサイザー:今野勝晴

<第1部>
「最后のダンス・ステップ」   (詞&曲:あがた森魚)
「接吻」            (詞:松本隆 曲:植野慶子)
「心の指紋」          (詞:松本隆 曲:筒美京平)
「お帰りなさい」        (詞:松本隆 曲:筒美京平)
「チューリップ」        (詞:松本隆 曲:JY Choi)
「情熱」            (詞:松本隆 曲:筒美京平)
「恋に落ちる」         (詞:松本隆 曲:永積崇)
「さみしいときは恋歌を歌って」 (詞:松本隆 曲:秦基博)
「鳥の歌」           (詞:松本隆 曲:カタロニア民謡)

<第2部>
「広い河の岸辺」        (詞:八木倫明 曲:スコットランド民謡)
「わが麗しき恋物語」      (詞:覚和歌子 曲:Barbara)
「コメディアン」        (詞:岩谷時子 曲:アズナブール)
「愛の讃歌」          (詞:岩谷時子 曲:M.Monnot)
「地下鉄の切符切り」      (詞:古賀力 曲:S.Gainsbourg)
「世情」            (詞・曲:中島みゆき)
「うまれてきてくれて ありがとう」(詞:湯川れい子、曲:つんく)
「幽霊」            (詞:高野圭吾 曲:Charles Trenet)

<アンコール>
「ともだち」          (詞:永六輔 曲:いずみたく)
「一日がもっと長ければ」
「さみしいときは恋歌を歌って」 (詞:松本隆 曲:秦基博)

■■クミコ■■
茨城県水戸生まれ。1982年シャンソニエの老舗「銀巴里」でプロ活動をスタート。2000年9月、当時46歳だった「高橋クミコ」を松本 隆が発掘。松田聖子以来、久々に女性歌手をプロ デュースしたアルバム「AURA」で、「高橋クミコ」から「クミコ」に改名して再デビューさせて注目を集める。2010年「INORI〜祈り〜」がヒットし、第61回NHK「紅白歌合戦」初出場を果たす。

9月7日、クミコwith風街レビュー名義で両A面シングル「さみしいときは恋歌を歌って/恋に落ちる」を発売。
動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=zngmifx19Lw