新喜劇座長・川畑泰史が語る!「小籔は一番エエヤツ」

新喜劇座長・川畑泰史が語る!「小籔は一番エエヤツ」

[写真]吉本新喜劇座長の川畑泰史さん

 吉本新喜劇座長の川畑泰史さん(49)。2007年に座長に就任し、今年で就任10年目となりました。吉本興業の人気者が集結するイベント「東京グランド花月」(9月29日〜10月2日、東京・サンシャイン劇場)にも出演。今は新喜劇に人気者が続々と登場し“新喜劇ブーム”の到来とも言われていますが、人生の恩人に挙げたのは、ともに歩んできた新喜劇の後輩・小籔千豊さんでした。

 恩人は、小籔くんです。小籔がいなかったら、今の僕は絶対にいてない。もちろん、座長にもなってないと思います。そう言い切れるくらい、大きな存在です。

 小籔と初めて仕事で一緒になったのは、今から16年、17年前。当時、大衆演劇と新喜劇と若手芸人のコラボ公演が大阪・うめだ花月であって、そこに僕は新喜劇の一員として、小籔は当時組んでいたコンビ「ビリジアン」として出ていたんです。

 他の若手で言うと「野性爆弾」、「キングコング」、「ロザン」、「ランディーズ」らも出てました。その頃、人気があった若手ばっかりが出てたんですけど、その中で、僕が見て、ダントツにおもしろかったのが小籔やったんです。

 大衆演劇だし、舞台の設定は時代劇。その中で、若手たちは、借金の取り立てをするヤクザ役みたいな感じで出てきて、ま、大喜利的に順々にボケていって、僕がツッコミを入れるという流れやったんです。

 みんな若いし、ホンマに好き勝手してましたわ(笑)。時代劇やのにちゃんとカツラをかぶらずに出てきたり、自分の得意ギャグを連発したり。その中で、小籔はきちんとお芝居の流れに乗っかったボケをするんです。ヤクザとして取り立てにきているという流れをふまえてボケる。この子はすごいなと。それが素直な第一印象でした。

 そこからよく話をしたりするようになるんですけど、うめだ花月での1年後くらいに小籔がコンビを解散して新喜劇に入ってくることになったんです。

 今は、それこそ小籔の影響もあって、新喜劇以外の漫才師さんとかと新喜劇のメンバーが絡む機会が増えましたけど、以前は、新喜劇以外の芸人さんと新喜劇メンバーが接点を持つ機会というのはほとんどなかった。だから、小籔が入ってきた時も、コンビとして人気もあったのに、新喜劇の中では「なんか、背の高いおもしろい顔のヤツが入ってきた」くらいの認識しかなかったんです。

 ただ、僕はうめだ花月の時の印象もあったので、純粋にうれしかった。おもしろい奴が入ってきてくれたと。また、小籔が新喜劇の中で一番接点があったんも僕やったんで、舞台の合間に毎回のようにお茶をしに行ったり、仕事が終わってから飲みにもよく行ってました。

 さっきも言ったように、当時の新喜劇は新喜劇以外の芸人さんとの交流が本当になかったので、小籔からしたら、入ってはみたものの、未知の世界。「これって、どうしたらいいんですかね」という基本的な質問も僕にやったらしやすいというのもあったんですかね。そんなこともたくさん尋ねられましたし、それと同時に「これって、どうなんですかね…?」という新喜劇に対する素朴かつ鋭い疑問みたいなことも言ってました。外の人からニュートラルに見たら、そら、疑問に思うよなという、古くからの新喜劇の暗黙のルールみたいな部分にも疑問を感じてました。

 ま、今の小籔の物言いを見てもらったら、なんとなく想像してもらえるかとも思うんですけど、どんな疑問やったかを改めてここで言うと、いろいろ差しさわりがあるくらい、ストレートで辛辣(しんらつ)な疑問でもありましたけど(笑)。

 ただ、やっぱり、カレは純粋におもしろいですからね。すぐに頭角を現してきて、どんどん大きな役をやるようになっていきました。

 座長についても早い段階から2人で話をしていました。その頃、よく話をしていたのが“新喜劇で金持ちになるにはどうしたらいいのか”ということ。小籔は、いわば漫才から転職してきて、もう後がない。僕もずっと新喜劇をやってきて、もう新喜劇しかない。立場は違えど、新喜劇で頑張るしかない。じゃ、どうすれば、そこでしっかりと生活をしていけるのかと。

 2人で考えた結果、新喜劇で金持ちになるには3つの方法があると。1つ目は山田花子さんや藤井隆くんみたいな“飛び抜けたキャラクターで人気者になる”。
2つ目は池乃めだかさんみたいに“新喜劇になくてはならないベテランになる”。そして、3つ目が“座長になる”。

 僕らが明日からいきなり藤井くんみたいなことができるわけもないし、そもそも、そんなキャラクターでもない。ベテランになるというのも、今から何十年待たなアカンねんと。それなら、座長しかない。しかも、2人とも、こういう新喜劇をやっていきたいという確たる思いもある。そうなると、どう考えても、3つ目の選択肢しかないなと。

 そこから座長を見据えた公演や、芝居を一緒にどんどんやっていきました。新喜劇のプロデューサーさんと小籔と僕と3人で飲みに行った時も、とにかく、そういうエナジーみたいなものだけはマンマンにありますから、酔った勢いもあって「僕らもおもしろいことができます!!」と直談判をしたりね。そんなことを重ねているうちに、実際、少しずつ扉が開いていったという感じでした。

 そして、2006年2月、小籔が座長になりました。…今まで、こんなことを公には言ったことはなかったんですけど、いろいろな思いがある中で、正直な、正直な話、僕が一番思ったのは「小籔、喜ばれへんのと違うやろうか…」ということでした。

 これはね、思いっきり、僕の思い違いかもしれませんし、小籔からしたら「そんなこと全く思ってません。機嫌よく祝杯挙げてましたわ!!」という話かもしれませんけど、自分がなれなかった、遅れをとってしまったということで、変に気を遣わせることになってしまったんじゃないかと。

 ま、こんなこと、今日にいたるまで答え合わせもしたことないし、僕の推測に過ぎないんですけど、一緒にやってきて、僕はなれなかった。自分が足手まといになっているというか、なんとも言えない申し訳ない気持ちになりましてね。そして、僕が座長にならんと、こいつはずっと喜べないんじゃないかと。そんな思いになったんです。

 小籔は座長になった。僕はなっていない。その状況で、一緒にご飯に行ったりもしてましたけど、向こうは気を遣っていたと思いますよ。物言いとしては、こちらを慰めるわけでもなく、はっぱをかけるわけでもなく「やっぱり、川畑さんがおらんと…」と優しく言ってくれるんです。ただ、僕も「そうやろ!!」と威勢よく乗っかっていくのも違うし、「いやいや、そんなことないで」と引いた物言いをするのも、またちょっと違うし。どう答えるのが正解なのか。それがハッキリ見いだせずに、僕は苦笑いくらいしかしてなかったと思います。

 ただ、その中でただひたすらに強く思ったのは「とにかく頑張らなアカン。座長にならんことには、シャレにならん」ということでした。

 それから新喜劇でこちらが大きなチャンスをもらった時には、素直に小籔に相談に行きました。台本も読んでもらって「どうしたらいいと思う?」とアドバイスももらいました。恥も外聞もない。なるしかない。

 そして、小籔がなってから1年ちょっと経って、僕も座長になることができました。

 座長として初めての公演をした日の晩、2人で飲みに行きました。僕は、思いとしては「待たせて、すまんかったなぁ」という気持ちでいっぱいやったんですけど、それを口にすることはできなかった。一方、小籔は実際に言葉として、僕に思いをくれました。「もう、これで互いに自分のことを考えるのはやめて、これからは新喜劇のことを考えていけますね」と。ま、なんと言ったら妥当なのかは分かりませんが、とにかく、いいお酒でした。

 世間的には“悪口言うてるヤツ”と思われてるかもしれませんけど、う〜ん、ま、これを言うたら、褒めすぎになってしまいますかね…。僕が知ってる人間の中で、一番エエヤツやと思います。小籔は。芸人とか、地元の友達とか、関係なく、僕が知ってるすべての人間の中でね。後輩やから、メチャメチャ言いにくいと思うんですけど、僕にもズバッと怒ってくれますしね。

 …あの〜、これ、今さらながらですけど、インタビューとして、世に出るんですわね…。喫茶店でしゃべってるんやないんやから(笑)。僕としたら、一回も小籔に言ったことはない話ばっかりやったんですけど、次、小籔に会った時に「川畑さん、そんなん思ってたんですか?僕、全然思ってませんけど」って言われたら、顔真っ赤になりますわ(笑)。
(聞き手/文責・中西正男)

■川畑泰史(かわばた・やすし)
1967年6月22日生まれ。京都市出身。京都府立桃山高校卒業後、複数の職を経て、大阪NSCに9期生として入学。同期は「ナインティナイン」、宮川大輔、「矢野・兵動」ら。91年、吉本新喜劇に入団。お笑いコンビ「ビリジアン」解散後、新喜劇入りした小籔千豊とともに次代のリーダーとして頭角を現す。2006年2月に小籔が、川畑が07年6月に座長に就任する。また、東京・サンシャイン劇場で行われる吉本興業のイベント「東京グランド花月」(9月29日〜10月2日)にも新喜劇として出演する。同イベントには、他にも「中田カウス・ボタン」「オール阪神・巨人」「FUJIWARA」「メッセンジャー」「ロバート」「トレンディエンジェル」「ハリセンボン」「コロコロチキチキペッパーズ」らが出演する。

■中西正男
1974年大阪府枚方市生まれ。立命館大学卒業後、デイリースポーツ社に入社。大阪報道部で芸能担当記者となり、演芸、宝塚歌劇団などを取材。2012年9月に同社を退社後、株式会社KOZOクリエイターズに所属し、芸能ジャーナリストに転身。現在、朝日放送「おはよう朝日です」などに出演中。