蛭子能収 テレビの世界の扉を柄本明さんが開けてくれた

蛭子能収 テレビの世界の扉を柄本明さんが開けてくれた

[写真]タレントとしても活動する漫画家の蛭子能収さん

 オンリーワンの存在感で、タレントとしても活動する漫画家の蛭子能収さん(68)。今年公開された映画「任侠野郎」では主演も務め、さらに仕事の幅を広げています。また「京都国際映画祭2016」(10月13〜16日、よしもと祇園花月や京都市役所前広場など)内の催しとして作品展「えびすリアリズム」(元・立誠小学校)も行い、改めてアーティストとしての顔も見せています。まさにマルチな展開を見せる蛭子さんですが、その原点を作ったのは俳優・柄本明さんだと言います。

 若い頃から漫画家になりたいとは思ってたんですけど、なかなかそれだけでは食えなくて。ずっと並行して普通の仕事もしながら、漫画も描いているという状態が続いていたんです。

 やっと30歳過ぎになって、漫画一本で食っていけるようになってきたかなというあたりで、事務所に柄本明さんから一本の電話があったんです。柄本さんがやっている「劇団東京乾電池」の公演ポスターを描いてほしいって話で。

 こう話すと、柄本さんと昔から付き合いがあったみたいに思われるかもしれませんけど、全然接点はなかったんです。なんかね、オレの漫画「地獄に堕ちた教師ども」(81年)をおもしろいと思ってくれたみたいで、その漫画をきっかけに連絡をくれたんですけど、ま、オレにしたら、仕事だし、もちろんお金ももらえるし(笑)、ありがたいじゃないですか。普通に、一つの仕事としてお受けしたんです。

 公演ごとにポスターを描くということを結局10公演ほど、2〜3年くらい続けたと思うんですけど、ポスターを描くうちに柄本さんが言ってきたんです。「蛭子さん、ウチの芝居に出てくれませんか」と。でも、オレ、自分の姿かたちを人に見せるのが好きじゃなかったので「それはちょっと…」って断ってたんです。でも、あまりにも、あまりにも、何回も言われるので、オレも性格的に断り切れなくなってきて。「…ま、じゃあ」と出たんです。それが1987年だから、今から30年ほど前のことです。

 役柄はね、全然セリフのない、黒人の役でした。言ったら、顔を黒く塗って舞台の端っこでポツンといるような役。といったって、お芝居もやったことがないオレが何かそこで見せられるわけでもないし、うまいわけもないんです。

 しかも、今、オレ、お葬式で笑っちゃう“不謹慎キャラクター”みたいなことをテレビなんかでも言われたりしますけど、よく考えたら、その当時から、そんな気配がありまして。全然笑う場面じゃないところで、なぜかすごく笑っちゃうんですよ(笑)。だから、なおのこと、役者としては全くダメですよ。できないうえに、芝居も壊しちゃうんですから。でも、その舞台を何のご縁かフジテレビのプロデューサーが見てまして、公演後すぐに「笑っていいとも!」に出てくれってなったんです。

 そんなスタートラインなのに(笑)、そこから役者のお仕事もいただくようになりまして。フジテレビ系の連続ドラマ「教師びんびん物語II」(89年)にも出ましたし、「いつも誰かに恋してるッ」(90年)では宮沢りえさんのお父さん役もやりましたし。柄本さんにきっかけをいただいてから、あれよあれよという間に、テレビの仕事が増えていったんです。

 いまだに、なぜオレを舞台に呼んでくれたのか。オレのどこをいいと思ったのか。そんな細かい話は柄本さんからは一切ありません。ただ、自分では、絶対に、行かない道でしたからね。断り切れなくて進んだ道でしたけど、今、ここに自分がいて、こんな仕事をさせてもらっているのは、一も二もなく、柄本さんのおかげです。

 本当ね、こんなこともあるもんなんだなと…。これは、オレとしたら、ご縁に感謝するしかない。柄本さんがオレに声をかけてくれたおかげで、いろいろな人との出会いもあったし、あのまま漫画家をやっていたら経験できなかったこともたくさんさせてもらいました。そして、やっぱり、あとは、お金がね…(笑)。これはね、すごく楽になりましたよ。それまでは食えると言ってもギリギリの生活で、芸能界からもらうお金は、そりゃ、助かりました。

 恩返しですか。もう少し仕事を頑張って、柄本さんが「あいつはオレが育てたんだ」と言ってもらうことでしょうね。でも、ま、それは無理かな…。えっ、あきらめが早いですか(笑)。

 3年ほど前に、柄本さんに感謝を伝えるような番組があってそこでお礼は言ったんです。「柄本さんのおかげで今のオレがあるし、本当に、お金をあげたいくらいです」って。ただ、柄本さんが「じゃ、ちょうだい」って言った瞬間「いや、それはちょっと…」と言っちゃった…。でも、本当に感謝してるんですよ。本当に、本当に。できれば、お金はあげたくないだけで(笑)。
(取材/文・中西正男)

■蛭子能収(えびす・よしかず)
1947年10月21日、熊本県に生まれ、長崎県で育つ。高校卒業後、さまざまな職を経験し、73年に「月刊漫画ガロ」で漫画家デビュー。87年、柄本明からのオファーで「劇団東京乾電池」の公演に出演したことをきっかけにフジテレビ系「笑っていいとも!」に出演し、タレントとして一躍注目を集める。テレビ東京系「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」シリーズなどでも人気を博す。2016年には映画「任侠野郎」に主演。また「京都国際映画祭2016」(10月13〜16日、よしもと祇園花月や京都市役所前広場など)内の催しとして作品展「えびすリアリズム」(元・立誠小学校)が行われる。

■中西正男
1974年大阪府枚方市生まれ。立命館大学卒業後、デイリースポーツ社に入社。大阪報道部で芸能担当記者となり、演芸、宝塚歌劇団などを取材。2012年9月に同社を退社後、株式会社KOZOクリエイターズに所属し、芸能ジャーナリストに転身。現在、ABCテレビ「おはよう朝日です」などに出演中。