秀次が大阪城に帰ってきた?「真田丸」新納慎也が軽妙トーク

秀次が大阪城に帰ってきた?「真田丸」新納慎也が軽妙トーク

[写真]大阪城天守閣を背景にNHK大河ドラマ「真田丸」の撮影秘話などを披露する新納慎也さん=大阪市中央区大阪城天守閣前本丸広場

NHK大河ドラマ「真田丸」で豊臣秀次役を好演した俳優の新納慎也さんが9日午後、大阪市中央区の大阪城天守閣前本丸広場で開かれたNHKプレミアムトークに登場し、「真田丸」撮影秘話などを披露した。新納さんは関西人らしいサービス精神あふれる軽妙トークを展開し、詰めかけたファンから喝さいを浴びた。

学生時代は大阪城みたさに遠回りして通学

  「秀次が大阪城に帰って来ました!」。新納さんがあいさつ代わりに叫ぶと、観衆も喝さいで応え、会場はひとつになって燃え上がった。

 天守閣を借景に、ステージは真田の赤一色。六文銭の赤いのぼりがはためく。新納さんは白地のVネックシャツに鮮やかな紺のスーツ姿で登場。まばゆいゴールドのシューズを示して、「豊臣感を出してみました」と、秀次らしい演出を強調した。

 神戸市の出身。大阪南部の大学で演劇を学んでいたころ、大阪城みたさに少し遠回りになるものの、大阪環状線外回り電車に乗って通っていたという。

 「真田丸」の脚本家三谷幸喜さんとは舞台活動を通じて親交があった。「真田丸」に関しては、NHKからの正式オファーの前に、三谷さん本人からひそかに出演の打診があったという。「大河ドラマに出てみないか」と聞かれ、「0コンマ02、3秒ほどで、出ます出ますなんぼでも出ますと繰り返した」と明かす。

秀次が爆発的に明るくのんきに育ったぼんぼん

 望外の大河出演の機会を得て、与えられた秀次の役作りに徹底的に打ち込んだ。京都の秀次ゆかりの寺院へ取材に出かけ、住職から秀次の実像に関する示唆を受け、役作りに生かす。

 「秀次が初めて登場するシーンでは、爆発的に明るく、のんきに育ったぼんぼんというイメージを心掛けた。OKが出たのち、モニターで演技をチェックしたら少しやりすぎたかと心配になりました。でも、(真田信繁役の)堺雅人さんは『これまでにない秀次ではないか。大河ドラマに新しい風を吹き込んだと思うよ』とほめてくれました」(新納さん)

 演技で迷うと、堺さんや秀吉役の小日向文世さんに相談。「やってみなければ分からない」と、試してみるタイプは小日向さん。堺さんは「新納君のやりたいように演じてみたらいい。僕はしっかり受け止めるから」と、思慮深い。

秀次自害のシーンで想定外の奇跡が起きた

 秀次自害のシーンは入魂の演技となった。運命のレールに乗らざるを得なかった秀次。「最期にうまく笑えないけれど、笑おうとする」という演技プランを立てて臨んだが、自身でも予想外の展開に入っていく。

 「心臓の鼓動が激しくなり、(異常な心拍音に気づいた)音声さんが危ないと声をかけようかと心配したほどだったと聞きました。感情も揺れ動いた後、すーっと波を引くように静かな心境になり、穏やかな表情で死を迎えることができた。俳優として奇跡のシーンが映像に残せたかと思います」(新納さん)

 トークの最終盤、「真田丸」で矢沢三十郎役を演じる迫田孝也さんが、飛び入りゲストで参加。新納さんとは仲が良く、新納さん以上に熱いトークで会場を沸かせた。

 最後に新納さんは「今夜放送の第40話『幸村』からいよいよ最終章に入るそうです。一視聴者として『真田丸』が大好きで、こんなに面白い大河ドラマは初めてと皆さんも思いませんか」と呼びかけ、観客も拍手で同意していた。神戸市からやってきた20代女性は「新納さんの真剣な役作りに感銘を受けました」と興奮気味に語った。
(文責・岡村雅之/関西ライター名鑑)