真木よう子『焼肉ドラゴン』のため在日韓国人に話を聞き役作り

真木よう子『焼肉ドラゴン』のため在日韓国人に話を聞き役作り

在日韓国人一家の長女を熱演(撮影/田中智久)

 芸歴20年目を迎え、ますます円熟味を増す実力派女優・真木よう子。出演した公開中の映画『焼肉ドラゴン』(鄭義信監督)では、焼肉店を営む父を持つ在日韓国人三姉妹の長女を演じ、主演女優としての役割を果たしている。

「撮影は京都の太秦で1か月ほどかけて挑みました。キャストの皆様とはずっと一緒にいたので、撮影中はとても濃厚な時間でしたね。完成した作品を観た時は、なかなかないことなのですが、自分でも感動で涙してしまったくらいです。

 撮影では、特に関西弁に苦労しました。関西出身の友人が多いので、“普段から耳にしてるから大丈夫かな”なんて高をくくっていたんですが、友人たちの多くは兵庫県出身だったので、コテコテの大阪弁とは微妙に違ったみたいで。方言指導の先生にしっかり直されてしまいました(笑い)。あとは在日韓国人の友人に“お互いの連帯感がすごく強い”という話を聞いたので、繋がりを強く意識して役作りをしていきました」

 同作は大阪万博直前の昭和45年、伊丹空港近くの集落にあった小さな焼肉店が舞台。掘っ建て小屋が並ぶ空間で、焼肉店の家族と暑苦しいほどおせっかいな周囲の人間たちが、心を通わせ、本気でぶつかり合っていく。原作は2008年に日韓合同で製作された舞台劇で、「朝日舞台芸術賞グランプリ」「読売演劇大賞」など数々の著名な演劇賞を総ナメにした有名作だ。

 真木が演じる長女・静花は、次女の梨花(井上真央)、三女の美花(桜庭ななみ)、末っ子の時生(大江晋平)とともに店を手伝う。両親は再婚同士で、家族の間には血縁関係があったり、なかったりという難しい役柄。右足に障害を抱えている静花は、足を引きずりながらも気丈に振る舞い、長女として家族を引っ張る立場にある。

 梨花の夫・哲男(大泉洋)はぶっきらぼうだが心根の熱い静花の幼なじみで、静花への好意を隠しきれずにいる。一方、静花は妹に遠慮して、年上でおおらかな別の韓国人男性からの求婚を受け入れてしまう。2人の男性から熱烈にアプローチを受ける役どころだが、どちらの男性が、真木の好みなのか。

「私自身は、どちらもあんまりタイプじゃないですね(笑い)。でも、寡黙だけど家族のために焼肉店で黙々と働いて、みんなを包み込んでくれるようなアボジ(父)は、男らしくてカッコイイと思っています」

 ◆「姉妹の感情って難しいですね」

 静花は家族のために一歩引いて、自身の感情を抑えるタイプの女性。だが、真木自身は4人きょうだいの長女で、兄と2人の弟に囲まれて育ったため、奔放な性格だという。共演する井上、桜庭との三姉妹の関係はどうだったのか。

「男兄弟だったら殴っちゃえば済むことも多いから(笑い)。姉妹の感情って特別で難しいなって思います。今回の撮影では、役柄上それほど仲のいい姉妹ではありませんでした。なので、現場で親友みたいに仲良くなってしまうと、それが映像に出てしまう。お互いにプロ意識を持って、適度な距離感を保って接していましたね」

 撮影が続くなかで、出演者同士も作品同様に家族のような存在になり、食事をともにする機会も増えた。しかし、焼肉店が舞台だったため、こんな困ったこともあったという。

「舞台のセットで毎日、煙がモクモクする中で肉を焼いていたので、撮影が終了した後も焼肉に行こうっ! という感じではなかった。焼肉は普段はよく食べるし、ホルモン系が大好きなんですけどね(笑い)」

 高度経済成長期の真っただ中、社会の片隅で懸命に生きた不器用な家族の姿を通じて、同作は普遍的なメッセージを伝えている。

「彼女たちは狭い焼肉店のなかで否応なく一緒に暮らし、みんなで喜怒哀楽をともにしていた。いろいろなことが起こるけれど、家族の絆だけはどんな権力をもってしても、最後まで崩れることはない。すごく深いテーマを描いていると思います」

 家族愛という単純な言葉ではくくりきれない、人間模様を描いた真木の熱演に注目したい。

【PROFILE】まき・ようこ/1982年、千葉県生まれ。2001年に映画デビューし、2006年の『ベロニカは死ぬことにした』で映画初主演。また同年『ゆれる』で第30回山路ふみ子映画賞新人女優賞受賞。2014年、『さよなら渓谷』で第37回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、『そして父になる』で最優秀助演女優賞をダブル受賞するなど出演作多数

■取材・文/西谷 格

※週刊ポスト2018年7月6日号

関連記事(外部サイト)