三浦&桐谷、吉田&内山…なぜ再び増えた? 大物俳優カップル

吉田栄作と内山理名、三浦翔平と桐谷美玲など、大物俳優同士のカップルが増加

記事まとめ

  • 最近になって、大物俳優同士のカップルが再び増えているといい、その背景について分析
  • 玉木宏と木南晴夏の結婚、三浦翔平と桐谷美玲、勝地涼と前田敦子の熱愛報道など
  • 現在は「お金や若さを選んだ」と思われるほうが、リスクは高いのかもしれないという

三浦&桐谷、吉田&内山…なぜ再び増えた? 大物俳優カップル

三浦&桐谷、吉田&内山…なぜ再び増えた? 大物俳優カップル

結婚間近といわれる桐谷

 芸能ニュースを騒がせる熱愛ネタ。昔は男女ともに人気俳優という組み合わせがワイドショーやスポーツ新聞の芸能面を飾ることが多かった。近年、その組み合わせが減っていたが…。最近になって、大物俳優同士のカップルが再び増えているという。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんがその背景について分析する。

 * * *
 この約1か月間だけで、玉木宏さん(38歳)と木南晴夏さん(32歳)の結婚報道、吉田栄作さん(49歳)と内山理名さん(36歳)の熱愛報道、三浦翔平さん(30歳)と桐谷美玲さん(28歳)の結婚秒読み報道、勝地涼さん(31歳)と前田敦子さん(26歳)の熱愛報道がありました。いずれもドラマ・映画では、主演クラスの俳優同士であり、大物カップルと言えます。

 この数年間、「女優と実業家」「男優と年下の20代OL」という組み合わせが圧倒的に多かったのですが、ここに来てかつてスタンダードだった職場恋愛・結婚に戻りつつあるのはなぜでしょうか。

◆「お金や若さを選ぶ」イメージダウン

 前述したように、この数年間は「女優と実業家」「男優と年下の20代OL」のカップルが多く、女優は「自分の生活や美ぼうを保つ」ために高収入の実業家を、男優は「家事や出産・育児に専念してくれる」という意味で20代OLを選ぶ傾向が顕著でした。

 しかし、そのようなカップルが続いたことから、ファンだけでなく一般の人々が「またか……」と感じはじめているのです。恋愛・結婚の相手が実業家だと「お金目当てか」、20代OLだと「若い女か」とイメージダウン。ネット上に否定的なコメントが書かれることを俳優本人も、所属芸能事務所も、気にしているようなのです。

 実際、多くの20~30代女優を抱える某芸能事務所マネジャーに話を聞いたところ、「ネットが発達して、恋愛・結婚報道の影響が相当大きくなっています。しかも、イメージは上がるか下がるかの両極端で、その後の仕事量に反映されるので、私はお金のイメージが強い実業家は勧めたくない」と言っていました。

 また、俳優本人も、芸能系のネットニュースに敏感。私は撮影の空き時間にスマホでネットニュースを見ている俳優を何人も見ました。たとえば、ある20代後半の男優は、「芸能ニュースに一般の人がどんなコメントをしているのか、知っておいたほうがいいと思っています。どの人がどう見られているか、自分の感覚とズレていないか確認しておきたい」という理由で、ツイッターやYahoo!ニュースのコメントをチェックしていたのです。

かつて、「相手の顔が見える俳優同士の恋愛・結婚は人気が落ちる」と言われていましたが、現在は「お金や若さを選んだ」と思われるほうが、リスクは高いのかもしれません。

◆SNSやアプリで芽生える横のつながり

 もう1つ、理由として挙げられるのは、SNSの普及でコミュニケーションが取りやすくなったこと。俳優同士が「長期間一緒に撮影する」「恋人の役」だからと言って、スタッフやマネジャーなどに囲まれた現場で、親睦を深められるとは限りません。

 しかし、「ツイッターやインスタグラムへのコメントやダイレクトメッセージで連絡を取る」という形で、距離を縮める俳優は増えているようです。たとえば、公式アカウントがない俳優も、プライベートのアカウントでやり取りしたり、多くの芸能人フォロワーがいる俳優を介してコンタクトを取ったり。それ以外でも、現場で俳優やスタッフが声をかけてグループLINEを作るなど、アプリの発達もあって、以前よりも横のつながりが強くなっているのは間違いありません。

 事実、冒頭に挙げた俳優同士のカップルは、ほとんどが同年代であり、友人関係のような横のつながりをイメージさせます。もともと、技量、活動歴、格などが重んじられる俳優は、一般人より相手の年齢を気にしないところはありますが、このところ年の差カップルが減りつつあるのは、SNSを含めたコミュニケーションの取りやすさも関連しているのではないでしょうか。

◆最もハイリスクなのは、知名度の高い実業家

 話を一般人のイメージに戻すと、現在最もハイリスクなのは、前述した「お金」「若さ」に知名度が加わったパターン。たとえば、知名度の高い実業家との熱愛報道があった剛力彩芽さん、知名度の高い年下の若手女優との熱愛報道があった高橋一生さんは、すぐにイメージダウンを思わせるコメントが続出しました。

 もちろん実績のある2人なので、「俳優として演技で魅了する」ことはできるでしょう。しかし、俳優や作品を見る側の一般人が、ネットで自ら発信できるようになった今、出演作を確保するためには、一定のイメージを保つことが極めて重要。出演作をフラットな心境で見てもらうために、できるだけ続報をされないように注意したいところでしょう。

 最後に、石原さとみさんにも、実業家との熱愛報道がありました。しかし、「相手が若く、さわやか」「一般的な知名度が低く、あまり表に出ない」ため、ほとんどイメージダウンしていないようです。

 このように一般人から、どんなイメージを持たれるかは、まさに紙一重。「お金や若さではなく、人柄で選んだ」と言っても信じてもらいにくい職業だけに、しばらくは俳優同士の職場恋愛・結婚が増えるのではないでしょうか。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

関連記事(外部サイト)