50代俳優が元気なドラマ界 田原俊彦の復帰はあるか?

50代俳優が元気なドラマ界 田原俊彦の復帰はあるか?

2001年を最後にドラマ出演のない田原俊彦

 7月に入り、新たな連続ドラマが続々とスタートとしている。主演の顔触れを見ると、『遺留捜査』(テレビ朝日系)は53歳の上川隆也、『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系)は51歳の沢村一樹 『ラストチャンス 再生請負人』(テレビ東京系)は52歳の仲村トオル、『刑事7人』(テレビ朝日系)は51歳の東山紀之と、50代俳優も元気に名を連ねている。

 彼らより少し年上で、1980年代後半から1990年代前半のドラマ界を牽引した57歳の田原俊彦が7月5日、ファンからの質問に答えるブログ『FAVORITE MAIL』を「時代劇。」というタイトルで更新した。

 ファンからの「沖田総司や必殺始末人など、トシちゃん主演の映像に感動してます」「いつかまたぜひ時代劇やドラマもやってくださいね!」などの問いかけに、「あと10年若かったら円月殺法(眠狂四郎)やりたかったなぁ。 田村俊彦(正和)」という答えで締めている。6月にCSの時代劇専門チャンネルで、田原出演の『沖田総司』(1984年)、『花山大吉』(1995年)、『必殺始末人』(1997~98年)が放送された。それを見たファンが田原宛てにドラマ出演を懇願したようだ。

 田原といえば、1988年の主演ドラマ『教師びんびん物語』が大ヒット。翌年の『教師びんびん物語II』(ともにフジテレビ系)では、『月9』枠で初の視聴率30%超えを記録。主題歌『抱きしめてTONIGHT』、『ごめんよ涙』も大ヒットした。『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)の著者である岡野誠氏はこう解説する。

「当時のドラマ界で主演を務める男性俳優は30代や40代が主流を占めていました。そこに風穴を開けたのが、“びんびんシリーズ”をヒットさせた20代の田原俊彦でした。主演と主題歌を兼ねるというスタイルは、その後のジャニーズ事務所所属タレントにも受け継がれていきました。ドラマ史を語る上で、田原俊彦は欠かせない俳優です」

 田原は1987年の『ラジオびんびん物語』(フジテレビ系)から1993年の『愛してるよ!』(テレビ朝日系)まで7年連続で連続ドラマに主演。映画も1987年公開の『瀬戸内少年野球団・青春篇/最後の楽園』、1992年の『課長 島耕作』に主演するなど、歌手としてだけでなく役者としても活躍していた。

「2000年代に入ってからもオファーがないわけではないようですが、出演には至っていません。過去に主演ドラマで時代を築いた大物だけに、出方に気を遣うのはよくわかります。今のテレビの主要な視聴者層である40~50代は、若い頃にトシちゃんのドラマを見ている。田原俊彦が久々の出演となれば、食い付く可能性は高い」(同前)

 かつて、田原は『教師びんびん物語』などの脚本家である矢島正雄氏との対談でこう語っていた。

〈田原 矢島さんって僕の中ではすごく特別ですね。役者やってて、一世を風靡するような、時代を作るような作品に出会えることって、生涯を通じて2回あるかないかだと思うんです。僕にとって、その1発目が矢島さんと出会って作った『びんびん──』という作品で、これは僕らの宝物です。

矢島 本当、そう思う。

田原 コンビは僕が26歳で、矢島さんが36歳の時に始まったんです。一生おつきあいさせていただきたい。すごくうれしかったのは矢島さんに「トシが40歳になった時に書いてみたいものがある」って言われたこと。

矢島 NHKの大河ドラマみたいなのを書いてみたいんです。なかなかトシみたいな役者とは出会えないですからね。〉(『週刊テレビ番組』1993年10月15日号)

 田原は40歳の時、2時間ドラマ『教師びんびん物語スペシャル2』(フジテレビ系)に主演して以来、役者の仕事はしていない。

「誤解を恐れずに言えば、田原俊彦は良い意味で“虚像”の世界に生きるべきだと思います。田原さんはここ7年ほど、毎年6月に新曲を発表しています。 1990年代後半や2000年代と比べて、オリコン順位も上がってきました。あと1歩で、オリコントップテンに入れる。そのための一押しとして、もしオファーがあるならドラマに出るという選択肢はあるでしょう。

 別に連続ドラマである必要はない。シングルを発売する6月に単発の2時間ドラマに出演すれば、宣伝でのテレビ出演も増えるでしょうから、必然的に新曲のプロモーションにもなる。もしかしたら、数年後には新曲がそのドラマ主題歌に使われて話題を呼ぶかもしれない。うまく行けば、シリーズ化されて、新たなトシちゃんの代名詞になる可能性だってある」(同前)

 矢島氏は前出の対談時にこう語っていた。

〈“見て元気になる”っていうテーマはトシに合っているんだよね。(中略)よく言えば「天使」だし、悪く言うと「能天気」(笑)。周りのみんなに元気と愛をふりまいて……こういう役って演じられる役者が少ないんだよ。それを演じられるトシは稀少価値なんだから、これからも頑張ってもらいたいね〉

関連記事(外部サイト)