志尊淳、中村倫也、間宮祥太朗…なぜカメレオン俳優が大増殖?

志尊淳、中村倫也、間宮祥太朗…なぜカメレオン俳優が大増殖?

志尊淳もカメレオン俳優のひとり

 最近よく目にする「カメレオン俳優」というキーワード。大増殖の背景にはさまざまな理由があるようで…。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが分析する。

 * * *
 現在、朝ドラ『半分、青い。』(NHK)に出演している志尊淳さん(23歳)、間宮祥太朗さん(25歳)、中村倫也さん(31歳)のことを「カメレオン俳優」と称える記事がネットを中心に増えています。

 朝ドラの3人だけではありません。ここ1年くらいだけで、窪田正孝さん(29歳)、神木隆之介さん(25歳)、菅田将暉さん(25歳)、池松壮亮さん(28歳)、成田凌さん(24歳)、染谷将太さん(25歳)、太賀さん(25歳)ら、多くの20代俳優が「カメレオン俳優」としてフィーチャーされました。

かつて、山田孝之さん(34歳)、綾野剛さん(36歳)、松山ケンイチさん(33歳)らが「カメレオン俳優」と呼ばれていたときもありましたが、当時とは明らかに異なる大増殖の理由は何なのでしょうか?

◆「さまざまな役を演じる」のが俳優の本分

 最大の理由は、ネットメディアの増加とページビュー狙い。

 大手新聞系から、雑誌系、テレビ系、専門サイトまで、ネットメディアは乱立状態が続いています。特に芸能は「ソフトニュース」と呼ばれるエンタメ、スポーツ、カルチャー、ライフなどの中で最もYahoo!などのポータルサイトや、SmartNewsなどのニュースアプリでトピックス化されやすいジャンル。情報の入手も容易であることから、大半のネットメディアが参入し、トピックス化を目指した記事を量産しています。

 なかでも、売り出し中の若手俳優はページビューを稼ぎやすい絶好のネタであり、その際に「カメレオン俳優」はキャッチーなフレーズ。「まるでカメレオンのように、タイプの異なる人物を演じ分ける」というイメージのしやすさも含め、「タイトルに掲げることでクリックさせやすくなる」と言われています。

 実際、親交のある某媒体の編集者は、「ウチの編集部で『カメレオン俳優の記事はバズる』と言われている」と話していましたし、私自身にも「カメレオン俳優の切り口で記事を書いてもらえないか」という依頼が何度かありました。

 ただ、もともと俳優は「さまざまな役柄を演じること」が職業であり、「どんな役でも演じられるのが普通」のはず。上記に挙げた若手俳優たちがインタビューなどで、「そう言ってくださるのはありがたいことなんですけど……」と苦笑いを浮かべる姿をよく見かけます。

 もう少し彼らの本音を推察すると、「まだまだカメレオン俳優の域には、全然到達していない」「怖い役とか、クズの役とか、分かりやすくトガった役を演じると、そう言ってもらえるのかな」。地上波でドラマを手掛ける某プロデューサーに尋ねてみましたが、「演技が上手な人のことをそう言っているだけではないか。もしそう見えたとしても、脚本や演出によるところも大きいのでは」と話していました。

 前作とは大きく異なる役を演じると「〇〇〇〇がカメレオン俳優ぶりを発揮」と記事化しやすい点も含め、やはり現在の「カメレオン俳優」大増殖は、メディアによる仕掛けの部分が大きいのです。

◆マネジメント側は「真逆の役を演じさせたい」

 もう1つ背景として挙げられるのは、マネジメント側の思惑。

 所属事務所やマネジャーは、若手俳優に「なるべく固定されたイメージをつけたくない」と思うものです。たとえば、「イケメン」「王子様」「いい人」「コメディアン」などの役が続くと見る側にそのイメージが浸透・定着しかねません。固定されたイメージは、オファーの幅を狭め、引いては仕事数の減少につながりやすいだけに、マネジメント側は「できれば全作とは真逆の役を選びたい」のです。

 もちろん、「真逆の役を演じさせて演技力をつけさせたい」という親心もあるでしょうし、「カメレオン俳優と言ってもらいやすい状況を作ることで記事化され、知名度アップにつなげたい」という戦略も考えらえます。

 最近では、個人のSNSでも「カメレオン俳優」と書かれるなど、フレーズそのものが一般化しつつあります。前作と真逆の役や異色の役を見ると「凄い」と絶賛しがちな一般の人々も、カメレオン俳優の大増殖に関与しているのではないでしょうか。

 ただ、前述したように、俳優はカメレオンであることが普通であり、乱発されていることから、そのフレーズに辟易としている人が増えはじめているだけに、この流れは徐々にトーンダウンする気がしています。

 昨年末に某映画監督と話したとき、「どこにでもいるような人を演じるほうが難しい」と言っていました。もしかしたら、どこにでもいるような人の役を微妙に演じ分けている人こそが、本当のカメレオン俳優なのかもしれません。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

関連記事(外部サイト)