園子温監督 吉高由里子と満島ひかりを見出せた理由を語る

園子温監督 吉高由里子と満島ひかりを見出せた理由を語る

園子温監督が語る女優論(撮影/疋田千里)

 吉高由里子、満島ひかり、二階堂ふみ──。今や誰もが知る女優となり活躍する彼女たちだが、その才能を発掘し開花させたのが、映画界の鬼才・園子温氏だ。これまでに国内外、数々の賞を受賞し高い評価を得てきた園監督は先ごろ、ハリウッドで映画を撮ることを発表したばかり。新たなステージへ向かう園監督に、新刊『獣でなぜ悪い』(文藝春秋)に綴った、これまでに見出してきた女優たちや、日本社会に蔓延する「かわいい」への違和感、仕事の中身と生き方で輝く力など、女優と女性の魅力について聞いた。

──園監督は多くの新人や無名女優の才能を開花させていますが、どのように女優を見出すのですか?

園監督(以下、敬称略):有名な人はよくテレビでも見るし、キャラクターももうわかっていて、そのキャラクターを活かしてどう使うかしかないので、あまり面白くないんですよ。有名度合いを商品価値として使うことで、映画の興行の安全性をキープしようとしてるだけというか。そういうのはあまり興味がなくて、まぁ単純に新人発掘が面白いというだけです。

 新人を見つけ出して育てて…、そういうことをやりだしたのは吉高が最初なんですけど、一度うまくいったらクセになったというか(笑)。それまでは女優にも特に興味がなかったし、たまたま『紀子の食卓』が女優ばかり出る映画だったので、初めて女優で映画を撮ることを体験して、自分は男より女優の方が面白いなって気づいたんですよ。吉高は、演技経験も何にもないまっさらの女の子が、撮影中にどんどん開花していく姿を見て、すごく面白いなって思いましたね。

──完全に無名の新人だった吉高由里子さんや、才能が埋もれていた満島ひかりさんを見出されましたね。特に吉高さんとの出会いは、監督として覚醒した特別な出会いだったともお書きになっています。

園:他にもいるんですけどね。安藤サクラも『愛のむきだし』からだと思いますし、あとは『TOKYO TRIBE』に起用した清野菜名とか。

──『紀子の食卓』で芸歴ゼロの吉高さんに即、決めた時や『愛のむきだし』で満島さんを起用した時もですが、“何かもってるな”という感覚とはどこからくるんですか? 隠れた本質的な部分も含めてどう見抜いているのでしょうか?

園:まぁ滅多にそういうことはないんだけど、存在でいける、すごいなと思ったから。それは本来、事務所が見抜くべきなんだけどね(苦笑)。オーディションに行かせて、作品で輝いて急に有名になってきたら目をかける事務所は多いよね。

 意外と自分にとっては才能の発露ってわかりやすくて、ことさら目を光らせていなくても普通にわかるものですね。それに、ぼくの嗜好性でしかないから。『紀子の食卓』のオーディションには、売れていない北川景子も来ていたけど、全然興味が湧かなかった。『パッチギ!』に出てそこそこ売れている沢尻エリカも来ていたけど、彼女は当時、女優をやる覚悟がなかったからね。

──今の日本映画界では、見た目が若くかわいい女優ばかり起用する流れになっていて、映画監督は青春映画ばかり撮らざるを得なくなったということですが。

園:かわいいけど型がいつも同じで、同じ芝居の女優が多いんですよ。顔は多少違うけど、演技が同じだから全然カラーが出てこない。そういうのは日本独特の現象だと思う。たまたま今朝、『ファーゴ』っていうアメリカのドラマシリーズを観ていて、ユアン・マクレガーが主役をやってるんだけど、しばらくわからなかったの。あまりにも演技の質も全然違うから。一人二役で兄弟を演じていて、金持ちのイケイケのキャラと、バカで金がない弟のどちらもキャラクターの芝居をしていて、彼だと全然気づかなかった。すごいなと思ってね。日本は役者が持っているイメージを映画の中に強引にぶちこんでいるだけで、その人が役を演じているのはほとんどないから。

──そんな中で、監督が認める方とは?

園:今はもうハリウッドに軸足がぐんぐん動いているんで、日本については完全に一刀両断というか(笑)。海外の女優にはすごいなと思わせる人がいっぱいいるので。向こうの女優たちは濡れ場ごときで何か大ごとになったりもしないし。日本だと初の濡れ場っていったらもう人生かかっちゃってるみたいな。

──そうでしたか(笑)。アイドルへの違和感についても綴られていたように、確かに昭和時代のアイドルはかわいく幼く見せるよりも、背伸びして大人びていたと思うんですよね。今のアイドルについてどう思われますか?

園:いやもうひどいですよ、それは(笑)。レディー・ガガと同世代がAKBって信じられないよね(※レディー・ガガ=32才、AKB48の最年長記録は29才での卒業と比較して)。一方は自分で作詞・作曲から演奏、演出までこなして、成熟した、完全に独立した女性というイメージがあるけど、方や、“自分で何も考えられなくなった機械群”に見えてしまうこともある(笑)。個としての表現力にそのぐらいの違いがある。

──この数十年で“かわいい”が蔓延する世の中になってしまった背景には、経済も関係あると思いますか?

園:そう、経済も関係ある。映画もそうですけど、経済が上向きの時は映画も歌もうまくいくし、男性たちもカネを持ってイケイケになっていたから、背伸びして大人びたアイドルが人気だった。セクシーというか、成熟した人に心も傾くというか。カネがなくて自信もないときは、優しく頭をなでて癒してくれるような、ちっちゃくて優しくてかわいい女の子の方が「需要」がある。

──今は経済も下向きになってしまったので…。

園:だからAKBがウケるの。

──アイドルグループだけでなく、日本では自分の個性を活かすよりも、髪型、メイク、服…みんなが似通った顔、スタイルという感じがあります。園監督は古い女性観を捨てた「新しい女性像」を勧めていますが、監督が思う魅力的な女性像とは?

園:ビヨンセとかレディー・ガガみたいな女性はやっぱりすごいなって思いますよね。見た目ではなく、人間としての中身や生き様が美しい人が魅力的ですね。

──日本では男目線の“かわいい”を求める中で、強さやかっこよさが女性の美しさだと、真逆のことを言われているのが新鮮でした。

園:とにかく、いろんなものに国民性が表れているというか、見てると自分の頭もぼんやりしてくるよね。ハリウッドではまず中身が問われますが、日本は全く違っている。日本の映画のヒロインは、最初はちょっとかわいいなと思ってもだんだん退屈してきて、最後はどうでもよくなることが多い。方や、海外の映画を観ていると、不細工な女優でも演技力によって次第に美しく見えてくるものだから。

──園監督は、女性は自分を客観視して、それぞれが持つ特殊性を武器にすべきだとおっしゃっています。その方が競争率も低くなると…。

園:日本にいると気づかないことっていっぱいあって、たとえば小顔がかわいいっていうセンスは、日本でしか通用しないって言うと、みんな「世界中が小顔ブームだと思ってた」って驚く。実はアメリカだとパーツのはっきりした大顔の方が好まれて、小顔はコンプレックスだから日本人が「顔ちっちゃいね」なんて褒めると、あっちではけなされたって怒られちゃう。「尻がちっちゃい」なんて言おうものなら、「バカにしないで」みたいな感じだし。尻はでかい方がいいんだから(笑)。日本特有の、日本だけで通用する美の概念はいっぱいあるけど、ガラパゴス化してるなって思います。みんな一生懸命、日本人に好まれるための体形作りをしているけど、そんなのは海外に出てしまえば今のままの方が断然良かったりすることも多い。

──日本を出たらカルチャーショックを受けますね。

園:美の基準なんて曖昧で、日本ではかっこいいとされるパンチェッタ・ジローラモのような顔はヨーロッパでは「不細工」とされる顔。イタリアではモテなかったであろう男が、日本で人生を謳歌している。日本では不細工とされる人が、韓国ではモテたりすることがあるでしょう。それをぼくは「ジローラモ現象」と呼んでるんだけど、個々の持っている特殊性は武器になるんですね。だから本にも書いたけどジローラモみたいに、自分の通用する国に行けばいいだけ。人はみんなジローラモになり得るんです。

 在米の日本人の役者にはよく言ってるの。お前ら、ハリウッドで売れるなんてそんなの絶対無理なんだから、逆に日本人が少ない国に行けと。そこでは日本人というだけでスターになれる可能性があるから。僕の知り合いに全然オーラのないおっさんがいるんだけど、その人はギリシャで日本人というだけでテレビに出まくってるの。日本人が少ない国に行けば“ジローラモ現象”が起きる。その国の人は日本人の美醜なんてわからないから、「かっこいい」ってジローラモ的にモテるなんてことが起きうるんで、ちょっと目線を変えて他の国でビッグになったら? ってみんなに言ってるんです(笑)。

【園子温(その・しおん)】
1961年愛知県生まれ。映画監督。1987年、『男の花道』でPFFグランプリ受賞。以後、『自転車吐息』『自殺サークル』『紀子の食卓』など多数作品が世界でも高く評価される。『愛のむきだし』で第59回ベルリン国際映画祭カリガリ賞、国際批評家連盟賞をダブル受賞。『冷たい熱帯魚』『恋の罪』『ヒミズ』『地獄でなぜ悪い』など数々の国際映画祭で受賞。他に『希望の国』『TOKYO TRIBE』『新宿スワン』『リアル鬼ごっこ』、オムニバス作品『クソ野郎と美しき世界』など。

関連記事(外部サイト)