田原俊彦『教師びんびん物語』と阿久悠さんの知られざる関係

田原俊彦『教師びんびん物語』と阿久悠さんの知られざる関係

『教師びんびん物語』成功の背景に阿久悠さんの存在も

 日本歌謡界の巨匠である作詞家・阿久悠さんが2007年8月1日に逝去してから11年が経とうとしている。阿久さんと言えば、沢田研二『勝手にしやがれ』、ピンクレディー『UFO』、西城秀樹『ブルースカイブルー』などのヒット曲を手掛けていた1970年代のイメージが強い。

 その中で、“1980年代の阿久悠”にスポットを当てたのが、芸能研究家・岡野誠氏の著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)だ。岡野氏が話す。

「メディアが阿久さんの功績を取り上げる場合、1970年代が中心になるのは必然的なことかもしれない。しかし、1980年代も阿久さんは多くの歌手に影響を与えていた。その代表的な人物に田原俊彦がいます」

 田原は1984年5月23日発売のシングル『騎士道』で、初めて阿久さんの詞を歌うことになる。1980年のデビュー以降、『ハッとして!Good』などを歌う“かわいらしいイメージ”からの脱皮を図った。同曲は阿久さん作詞で最後のオリコン1位を獲得した曲でもある。

 阿久さんは翌1985年、田原と研ナオコとのデュエット『夏ざかりほの字組』を手掛け、日本レコード大賞の作詩賞を受賞した。そして、1986年は田原の全シングル、アルバムに詞を提供し、“男とは何たるか”を追求。自身の自伝的小説『瀬戸内少年野球団・青春篇 最後の楽園』の映画化に際しては、田原を主演に抜擢した。

 だが、レコード売り上げは伸びず、映画もヒットしたとは言い難かった。そのためか、これまで阿久さんの田原俊彦プロデュース期はあまり注目されてこなかった。岡野氏はこう語る。

「物事は売れたから成功、売れなかったから失敗と安易に片付けられがちです。たしかに曲の売り上げ枚数、テレビ番組の視聴率は芸能人にとって大事な指標であり、重視されるべきものでしょう。

 しかし、物事には流れがあり、結果の裏には必ず過程がある。阿久さんとがっぷり四つに組んだ1年間は田原をより男らしくさせた。フジテレビの前社長である亀山千広氏は映画『瀬戸内少年野球団』を観て、田原の主演ドラマを企画します。これが“びんびんシリーズ”として大ヒットした。阿久さんの映画がなければ、『教師びんびん物語』は誕生しなかった。

 ドラマの熱血教師・徳川龍之介は、田原のデビュー当時からの“明るいイメージ”と阿久さんプロデュースで表面化し始めた“男らしさ”が上手く混ざった役でした」

 田原と野村宏伸演じる後輩教師・榎本英樹役のコンビはお茶の間に笑いと感動をもたらし、1989年の『教師びんびん物語II』は最終回で視聴率31.0%を獲得。フジ『月9』枠で初めて30%を超えたドラマとなった。

「世の中は、何かしらの結果が出た時、その結果だけに目を奪われがちです。しかし、田原俊彦の芸能人生を振り返った時、阿久悠さんの詞を歌い、映画に出演したことが大きな転機になったのは間違いない。“1980年代の阿久悠”も、もっと再評価されるべきだと思います」(岡野氏)

関連記事(外部サイト)