今や社会現象、安室透の週刊誌表紙風特別ピンナップが登場

今や社会現象、安室透の週刊誌表紙風特別ピンナップが登場

女性セブン特別付録のピンナップ

 あの安室透が女性週刊誌の“表紙”を飾った。8月9日発売の女性セブン30号では『少年サンデー×女性セブン』スペシャルコラボが実現。

「安室透を100億の男に」「安室透流出禁止『ゼロの日常』10連発」など、週刊誌風の見出しがズラリと並んだ『女性セブンオリジナルピンナップ』の他、安室の声優を務める古谷徹、小林幸子、北原里英など豪華有名人からの『安室透へのラブレター』など、安室透尽くめの一冊になっている。

 1994年に連載がスタートし、国民的推理マンガとして愛されてきた『名探偵コナン』が今、空前の盛り上がりを見せている。その中心にいるのが、75巻で初登場し、瞬く間に世の女性の間で絶大な支持を集めた超人気キャラクター・安室透である。

『名探偵コナン』きってのイケメンキャラクターだが、私立探偵・公安警察・黒ずくめの組織の一員という“トリプルフェイス”を使い分けるミステリアスさが人気の秘訣だ。安室がメインキャラクターになった今年公開の映画『名探偵コナン ゼロの執行人』は7週連続で週末動員数1位を記録し、興行収入87億円を突破、2018年興行収入ランキング1位を継続している。

「安室の女」こと、安室ファンの女性たちが興収100億円を目指してリピート鑑賞する「安室透を100億の男に」現象は、テレビや新聞でも度々取り上げられ、関連記事を掲載した女性セブンもSNSでかつてない反響を呼んだ。

 さらに、安室透が表紙になった『少年サンデーS』6・7月号は同誌史上初の重版。安室が主人公のスピンオフ漫画『名探偵コナン ゼロの日常(ティータイム)』第1話を掲載した『少年サンデー』24号は、完売店が続出したため急きょインターネット上で3日間限定無料公開された。この社会現象とも呼べる人気を受けて、7月にリニューアルオープンした鳥取空港では、作中で安室が働く「喫茶ポアロ」を模した休憩スペースに安室透等身大フィギュアを新設。記念撮影に訪れる女性客で連日賑わっている。

 8月8日には『ゼロの日常(ティータイム)』1巻も発売し、ブームはますます拡大中だ。トリプルフェイスのイケメンが「日本の顔」になる日も遠くないかもしれない。

関連記事(外部サイト)