ドラマ『dele』、最終回を前に知っておくべき6つのこと

山田孝之と菅田将暉主演の『dele(ディーリー)』が話題 知っておきたい6つのこと

記事まとめ

  • 山田孝之と菅田将暉が主演するテレビ朝日系『dele(ディーリー)』が話題になっている
  • テレビ・ドラマ解説者の木村隆志さんがドラマの魅力を分析している
  • 小説家の高橋源一郎氏や『水曜日のカンパネラ』のコムアイがゲストとして登場した

ドラマ『dele』、最終回を前に知っておくべき6つのこと

ドラマ『dele』、最終回を前に知っておくべき6つのこと

山田孝之×菅田将暉W主演ドラマ『dele』の見所解説

 これまでにないデジタル遺品をテーマにした金曜ナイトドラマ『dele(ディーリー)』(毎週金曜23時15分~、テレビ朝日系)が、深夜帯の放送にもかかわらず、ドラマ好きの間で「良質な映画を見ているよう」などと話題になっている。取材を進めると、通常のドラマとの違いが浮き彫りに。最終回を見る前に、これだけは知っておきたい6つのことを教えます!

 タイトルの“dele”とは、英語で“削除”を意味する“delete”を略した言葉で、圭司(山田孝之)と、その相棒・祐太郎(菅田将暉)の仕事内容を表している。それは、デジタル遺品の削除をする仕事だ。

 デジタル遺品とは、スマホやパソコンなど、デジタル機器に残ったデータのこと。彼らは依頼人の死後、その中の“不都合なデータ”を消している。

 このドラマの魅力について、テレビ・ドラマ解説者の木村隆志さんは次のように分析する。

「自分の死後、依頼してまで消してほしいデータとは何か? そこにこの作品の大きな魅力が隠されています。考えてみれば、普段、何気なく使っているパソコンなどのデータには、その人の人生が詰まっている。このドラマでは、デジタル遺品を通して依頼人の人生が丁寧に描き出されていくため、自分の生き方に重ね合わせられることが多く、そんなところが共感を得ているのだと思います」

“見られたくないデータ=恥ずかしいもの”だけではない。データの中には、公開されると残された人が傷つく場合もあり、“人を傷つけたくないために消す”という、人の優しさが伝わるところも、ドラマの魅力だ。

【1】6人の有名作家が脚本を手掛けている

 通常のドラマは脚本家が1人で物語を描くことが多いが、このドラマは6人の脚本家がタッグを組んで描いている。そしてそれこそがこの番組の強みと同番組プロデューサーの山田兼司さんは言う。

「デジタル遺品は依頼人によって、残したい物もさまざま。1話完結型なので、作家性の強い複数の脚本家がそれぞれのケースで描くことで、毎回違った視点の物語が展開されます」

 具体的には、原案者であり、『ストレイヤーズ・クロニクル』など映画化された作品も多い、人気ミステリー作家の本多孝好さんが、作品の内容がばらつかないようキャラクターや舞台設定を作り込む。そして直木賞作家で2007年からシリーズ化したドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』(フジテレビ系)の原案・脚本を務めた金城一紀さんや、ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)シリーズの徳永富彦さんなど、精鋭が集結。毎回、まるで濃縮版の映画のように見応えがあるのはそのためだ。

【2】山田孝之&菅田将暉ありきの物語

 車いす生活を送り、デジタルを自由に操るクールなプログラマー圭司と、迷い猫のように自由奔放な祐太郎。物語の中心人物である彼らの人物像は、2年前にこの企画が始動した時から山田と菅田を想定して作られている。

「表現力のバリエーションでは20代、30代を代表する2人。圭司と祐太郎は、原案の本多さんが山田さんと菅田さんならここまで掘り下げて演じてくれるだろうと考えて作ったキャラクターです」(山田さん)

 せりふや細かな設定も2人をイメージして描かれている。

【3】一見不必要な“余白”を入れ込む

 2人の人柄を描く手法も素晴らしいと、ドラマウオッチャーでイラストレーターのまーぼーさんは言う。

「よその家に上がる時、祐太郎が、圭司の車いすの車輪をタオルで拭くシーンがあったんです。そのひとコマで、祐太郎の優しさ、身をゆだねる圭司が彼を信じているのが伝わってきました。そんなふうに、せりふで説明せず、想像の余白を持たせるところがいいんです」(まーぼーさん)

 すべてを見たあと、もう一度、見たくなるのも不思議なところ。何度か繰り返し見ているうちに気づくシーンもあり、画面にくぎ付けになるのだという。

【4】作家やミュージシャンもゲストで登場

 これまでに出演したゲストは、俳優だけでなく、ミュージシャンやモデル、小説家、映画監督など幅広い。

「依頼人が主役でもあるドラマなので、その人が本当に生きているような思いを抱けるキャスティングにしています。そのため、これまで連続ドラマでは見たことがないかたにもオファーしています」(山田さん・以下同)

 小説家の高橋源一郎(67才)や『水曜日のカンパネラ』のコムアイ(26才)、映画監督の塚本晋也(58才)などが物語を盛り上げている。

【5】語られない裏設定がしっかりある

 圭司と祐太郎が働くのは「dele.LIFE」という会社。ドラマでは説明されていないが、実はこんな設定がある。

「オフィスは圭司が祖父から受け継いだ自社ビルで、東銀座にある設定。ビルの中でも半地下にあります。セットを作るにあたり、こだわったのは小道具。何気なく置いてあるような小道具、一つひとつに意味があります。ある回の出演者がふと手にしたように見えたものが、その後のドラマのカギになっていたり…」

 映画風タッチの映像も話題だが、その美しさは、ズバリ光の演出にある。

「人が生きた記録、彼らの人生がどれだけ美しかったかを表現するのに、光は重要な役割を担っています。例えば、つらいシーンを描く時、光を調整し、夕方から夜に変わる演出をしたこともあります」

 そんな細部にまでこだわることで、深く登場人物の心情が描けるのだそうだ。

【6】謎めいた2人の過去

 スタート時には明かされていなかった圭司と祐太郎の過去も、回を追うごとに明かされていくから目が離せない。

 5話では圭司の元恋人・明奈(柴咲コウ・37才)が登場。祐太郎には、9年前に14才で亡くなった妹がいると明かされた。しかし、詳しい2人の過去はまだ謎のまま…。

「最終話に向けて、2人の過去が交錯し、彼らが出会った意味が明らかになっていきます」

 最終回は9月14日。ここまで読んで番組を見れば、今からでもどっぷりハマれますよ。

※女性セブン2018年9月20日号

関連記事(外部サイト)