講演会で人気の有名人TOP10 “イチローの恋人”や、あまたつも

講演会で人気の有名人TOP10 “イチローの恋人”や、あまたつも

気象予報士の”あまたつ”もランクイン

 毎日のように、学校や企業で行われている、セミナーや研修会。そうした“講演会”で、話をする有名人の講師たち。その中には、1日何か所も駆け回る人もいる。

「ニーズ、予算、その人を呼んで付加価値があるかが、人気の講師の決め手です」と話すのは、7500名以上の講師が登録している日本最大級の講師情報ウェブサイト「講演依頼.com」を運営するペルソンの営業部・土橋昇平さん。

 同社の「2018年上半期 講演依頼ランキング」は、以下の通り。

1位、鈴木政次さん M.ソリューション代表・赤城乳業元常務取締役開発本部長
2位、夏川立也さん 元芸人・コミュニケーション・プロデューサー
3位、大越章司さん アプライド・マーケティング代表取締役・マーケティングコンサルタント
3位、奥村幸治さん NPO法人ベースボールスピリッツ理事長・元バッティングピッチャー
5位、嶋聡さん 多摩大学客員教授・ソフトバンク元社長室長
5位、門倉貴史さん BRICs経済研究所代表・エコノミスト
7位、古賀稔彦さん 柔道家・バルセロナ五輪男子71kg級金メダリスト
8位、安部修仁さん 吉野家ホールディングス会長
8位、天達武史さん 気象予報士・『とくダネ!』(フジテレビ系)お天気キャスター
8位、池谷裕二さん 東京大学薬学部教授・脳研究者

これらの名前を見て、ピンとくる人がどれだけいるだろうか。土橋さんが解説する。

「講演会で人気があるのは、ネームバリューよりも、主催者側のニーズに合致しているかなんです。1位の鈴木政次さんは、『ガリガリ君』の開発に携わったかた。ヒット商品をどうやって企画するかなどについてお話しします。

 2位の夏川さんはコミュニケーションについて。コミュニケーションの話ができる講師はたくさんいますが、元吉本芸人で話が上手ですし、年間200回以上講演をしている実績もあります。3位の大越さんと8位の池谷さんは、AIやIOTが急激に進化しているので、そうした知識を得たいというオファーから。ここ数年でニーズが増えました。

 3位の奥村さんはイチローさんの元バッティングピッチャーで、“イチローの恋人”といわれた人です。一流、プロフェッショナルは何を考え、どう行動するか、目標達成のセルフマネージメント術について語ります。7位の古賀さんは、五輪金メダリストとして、リーダーシップやモチベーションの保ち方を伝えます。

 5位の嶋聡さんはかつて孫正義さんの参謀と呼ばれていた人。松下政経塾生として松下幸之助さんにも直接教えを受けています。2人の偉大な経営者に学んだ知識を講演会で披露します。同5位の門倉さん、8位の安部さんは企業向けの経営論が主なテーマです。

 8位は気象予報士の“あまたつ”さん。天気は毎日の生活から切れないものなので、通年で人気があります。意外なニーズとしては、野外で長時間作業をする建設業界から、安全対策の講師として呼ばれることもあります」

 ランキング外だが、土橋さんが印象的だったのは、盆栽師・平尾成志さんの講演だという。平尾さんは中高年の趣味という盆栽のイメージを吹き飛ばし、個性的なパフォーマンスで国内外に「BONSAI」を発信。2013年に文化庁文化交流使となり世界11か国を周った人だ。

「盆栽は“衰退産業”と言われますが、平尾さんは世界を回ってパフォーマンスをしたり、アートやファッションとコラボしています。まだ30代でありながら、自分なりのやり方で、盆栽業界に注目を集めた人です。ある自治体の管理職研修で、平尾さんの盆栽園で、ミニ盆栽を参加者で作りました。いつもデスクにいると、思考が凝り固まってしまうので、異文化に触れて発想を豊かにするのが目的です。2020年に東京オリンピックもありますし、日本文化をしっかり理解したいという需要も増えています」

 芸能人の講師もいるが、必ずしもランキングで上位ではない。それには理由がある。

「芸能人は、昔は人気があったのですが、今はどういう話をしてくれるかをシビアに求められる時代です。ネットを使えば、講演会を主催しようという人も、事前にある程度自分で調べられます。ネームバリューがあるというだけで、誰でも言えるような話をされても、時間をかけて話を聞きに来た参加者は、納得しません。企業側にしても、高いお金を払って下手な人を呼んだら、社内から“なんでこんな人を呼んだんだ”と言われてしまいます。実のある情報を与えてくれる実績がある講師が求められているのです」

 

関連記事(外部サイト)