芸能人生50年、月亭八方 「落語も借金も師匠のおかげ」

芸能人生50年、月亭八方 「落語も借金も師匠のおかげ」

芸能人生50年の月亭八方

 月亭八方が落語の門を叩いたのは1968年、20歳のときだった。半世紀の時が流れ、9月1日、三越劇場で開かれた芸能生活50周年記念の「落語誘笑会」では、師匠の故・月亭可朝譲りの古典落語「野ざらし」を披露。ひとたび高座に上がると、どこか艶っぽい言葉や仕草に、ぐいと噺に引き込まれていく。最後、絶妙なタイミングでオチが決まると客席はどっと沸いた。落語家としての軌跡をこう振り返る。

「アッという間とよく言うけれど、決してそうではないですね。山あり、谷あり、希望あり。まあゆうてみたら、よく経ちましたなという感じ。人間って、楽しいことよりも辛いことを覚えているけど、その辛さが成長の糧になる。そうやってここまで来ました」

 大阪梅田からほど近い下町の長屋生まれ。野球好きの少年は、中学を卒業すると甲子園を目指し、野球の名門・浪商(現・大体大浪商)に進学する。

「野球部では全国から集まってきたすごいヤツらを目の当たりにして、上には上がいることを知って、“これはあかん”と思った。頑張って追い抜こうという気にならんかったです」

 野球部を辞めて熱中したのが、古典落語だった。友人に誘われたのをきっかけに、うめだ花月やなんば花月の寄席に足繁く通った。特に惹かれたのは、後に人間国宝となる三代目桂米朝の古典落語である。高校卒業後にいったん就職するも、落語家を志す。

「といっても野球と同じで、米朝師匠に弟子入りするのは競争率が高すぎる。そう思って調べていたら、米朝師匠の直弟子の小米朝師匠(後の月亭可朝)には、まだ弟子がいなかった。小米朝師匠なら一番弟子になれるし、早く一人立ちしたいと思ったんです」

 とはいえ簡単に許されるはずもない。寄席に通いつめ、正式に弟子になれたのは1年後のことだった。

「一番最初、師匠に『“飲む、打つ、買う”は芸の肥やし』と言われました。私もまだ若かったから、この言葉を鵜呑みにしたんです。できなければ芸人になれないと思い、稽古の傍ら、言われたとおりにやるんですよ」

 入門して4か月後には、初高座に挑む。このとき師匠から「大きく声を張ってしゃべり、目線の上下を使い分けることを教わった」という。同時期に始まったバラエティ番組『ヤングおー!おー!』にテレビ出演すると、桂きん枝、桂文珍らと共に若手落語家として人気を集めた。

 私生活では、25歳で結婚して父親となるも、賭けごとで借金を重ねる日々。その総額は、30代半ばには1億3000万円に膨れ上がり、借金取りに追われるどん底生活を味わう。

「ああなったらもう、この世から消えるしかないですわ。でも幸い、事務所の吉本興業が借金を立て替えてくれましてね。代わりに『とにかく八方を働かせて、早く金を返させろ』と、次々と仕事が入るようになった。やすし・きよしさんやら、超売れっ子にくっついて番組に出させてもらいました。当時の吉本では『仕事がほしいなら、借金せえ』とまで言われたくらいです」

 多い月で100本以上の仕事をこなし、借金は3年で消えた。タレント業中心だった時期もあるが、近年は落語に回帰。実息の八光や、お笑いタレント出身の方正といった弟子も抱える。口には出さないが、どん底時代から寄り添う三千代夫人との絆は深い。

「嫁は『男としては最低やけど、芸人の月亭八方は応援するわ』と言ってくれているんです。本当は『ありがとう』と感謝を伝えたいけど、恥ずかしいから言葉にできない。嫁が死ぬ直前に言って、『ええこと聞いた』と嫁が喜んでくれるのが理想です。私が先に死んだら言えませんから、ゆうたら嫁の“死に待ち”ですわ(笑い)」

 この日、高座を下りた八方は満ち足りた笑顔を見せた。半世紀前の夢はここにある。

「職業『落語家』で人生を終えたいと願ってきたけど、この歳までやれたら大成功や。ここまで地面に踏ん張ってこられたのも、師匠の教えを守ったおかげ。いい芸人生活やったと思いますよ。今こうして、好きなことだけをやれているんやから」

●つきてい・はっぽう/1948年、大阪市生まれ。落語家。浪商高校卒業後、1968年12月、月亭可朝に入門。若手落語家ユニット「ザ・パンダ」の一員として活躍し、落語に取り組む一方で『ヤングおー!おー!』(毎日放送)をはじめテレビ・ラジオで活躍する。熱烈な阪神タイガースファン。芸能生活50周年を記念し『落語誘笑会』を開き、全国5か所を回る。今後の予定は兵庫・さよう情報文化センター(10月6日)、大阪・なんばグランド花月(10月26日)。12月中旬にはタイ・バンコクでの海外公演も予定。

■取材・文/戸田梨恵、撮影/平郡政宏

※週刊ポスト2018年10月5日号

関連記事(外部サイト)