イラッとさせるキャラの可笑しさが真骨頂 春風亭百栄の新作

イラッとさせるキャラの可笑しさが真骨頂 春風亭百栄の新作

春風亭百栄の真骨頂とは?

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、登場人物のキャラの面白さが際立つ、春風亭百栄による古典と新作についてお届けする。

 * * *
 8月4日、池袋の東京芸術劇場シアターウエストで「春風亭百栄独演会“古典新作ラララ好奇心”」を観た。まず浴衣姿で登場した百栄が高座で胡坐をかいて語り始めたのは『修学旅行の夜』。男子生徒の修学旅行の夜というシチュエーションを見た目で体現しようという趣向だ。

 怪談を披露して皆に称賛された伊藤に嫉妬して「怖い話くらい俺にもできるよ」と対抗心を燃やす青木。だが前置きばかり長くて一向に本編に入らない。怖い話なんて絶対できそうもないのに「できる」と言い張る青木の、万人をイラッとさせるキャラの可笑しさは百栄の真骨頂。途中で登場する教頭先生の存在がオチに結びつく構成も見事で、まさに「コントのような新作落語」だ。

 続いて弟子の春風亭だいなもが『浮世根問』を演じるが、実はこれ、次の百栄のネタの仕込み。百栄が演じたのは『つっこみ根問』で、八五郎の台詞は弟子の『浮世根問』そのままだが、ご隠居の返しは全部ノリツッコミ。しかもこのご隠居、やたらと逆上するエキセントリックなキャラで、そこがまた爆笑を呼ぶ。

 そのまま続けて『かんしゃく』へ。明治生まれの実業家が書いた新作落語だが、今や古典と言っていい。ガミガミと怒鳴り続ける旦那に耐え切れず家を出た妻、それを諭して旦那の許に戻す両親……。百栄は基本的に原作に忠実に演じ、人情噺のトーンでじっくり聴かせた。

 ゲストの「四十路チアガールズ」キュリアスがダンスショーを繰り広げた後で高座に上がった百栄が演じたのは、架空の江戸っ子検定試験の「チャキチャキ級」過去問題を読み上げる、という形式の『江戸っ子検定』。設問に対する正答のバカバカしさが素敵な小品で、百栄はたいてい何かのオマケのようにこれを演る。この日は続けて『あたま山』へ。

 身投げをしようとする男を見かけた清掃作業員が呼び止めると、男は「頭の上に桜が生えて……」と話し始める。医者は「落語の『あたま山』みたいだな」と言うばかり、頭の上で人々がバカ騒ぎするのでイヤになり、桜を引っこ抜いて出来た池に飛び込んで死ぬのだと言う(バカ騒ぎの場面でキュリアスが高座に出てきて踊りまくったのには笑った)。

 2人の会話だけで進行するこの噺、いい加減な態度で応じる清掃員の聞き違いのバカバカしさがメインで、実のところ男の頭に本当に桜が生えたのかどうかもわからない。最後にまた清掃員が聞き違えてオチ。この無責任さが落語らしくていい。古典『あたま山』を題材とした、百栄ならではの見事な新作である。

●ひろせ・かずお/1960年生まれ。東京大学工学部卒。音楽誌『BURRN!』編集長。1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。『現代落語の基礎知識』『噺家のはなし』『噺は生きている』など著書多数。

※週刊ポスト2018年10月5日号

関連記事(外部サイト)